スーパームーン 満月の大きさくらべ 2016年11月14日

2016/ 11/ 14
                 
  昨日の午後6時頃までは、晴れ間が続いていましたので月が見えました。
  写真を撮ることができましたが、薄い雲が月の前を過ぎっているせいでしょうか、それともデジカメの性能の違いのせいでしょうか、2年前の「スーパームーン」を撮った時と比べると、かなり見劣りするのが否めません。

2016年11月13日 17:51
 (満月の一日前の2016年11月13日)

 きょうは朝から曇り空となっています。夕方から夜にかけては雨マークとなっていました。
 

《 国立天文台「ほしぞら情報」》
 今年の「スーパームーン」が話題になっています。国立天文台では「スーパームーン」という言葉は公式には使っていませんが、11月14日の満月は確かに今年もっとも大きな満月です。しかし、過大な期待をして月を眺めてみても、見た目(眼視)では残念ながらその大きさの差はほとんど分かりません。写真に撮ってみると、今年一番小さかった4月22日の満月と比べて、直径で約14%、面積で約30%も大きな満月であることに気づかれることでしょう。
 (2016年11月11日〈金〉)

 
《KONICA MINOLTA 「プラネタリウム・星空イベント・スーパームーン」》
 11月14日の夕方17時過ぎから、朝方6時過ぎまで大きな月を見ることが出来ます。 スーパームーンとは、地球の周りを楕円(だえん)にまわっている月が、地球に一番近づき、更に満月になる月のことを指します。
普段の満月よりも、最大14%も大きく見え、明るさも30%増していますが、月の明るさは大気の条件の方が効くので、肉眼でそれに気づくことはありません。 スーパームーンという名前は占星術に由来し、天文学界では使われていませんが、近年一つの天文現象として普及してきています。
 (2016年11月14日〈月〉〉


《ウェザーマップ「スーパームーンは雲隠れ? 東・西日本で傘の出番(14日7時更新)」》
 きょう(14日)は東日本・西日本を中心に雨となりそうです。日中に晴れる北日本でも、天気は下り坂へむかうでしょう。今年最大の満月「スーパームーン」が見られる所は、少なくなりそうです。
 (ウェザーマップ 11月14日〈月〉 7:13配信)

〈※〉接近時の距離は、太陽の重力の影響で毎年変わりますが、ここまで近づくのは1948年1月26日以来、実に68年ぶりとなります。次に最接近するのは2034年となるそうです。



2014年8月11日 満月
 (2014年8月11日 スーパームーン)


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント