その小さな出来事が・・・ 真田丸 終 2016年12月18日(日)

2016/ 12/ 18
                 
 ついつい午後6時からのNHK BSプレミアム、「真田丸」最終回を、午後8時からのNHKテレビ「真田丸」最終回に先駆けてみてしまいました。



茶々(秀吉の側室淀殿・竹内結子)が、きり(信繁の幼馴染・長澤まさみ)に、信繁との関係を問います。
そのかえってきた言葉が、「クサレエンでございます」。


はてさて、その最終回ですが、豊臣方が攻勢だったのが、ある出来事によりいっぺんに立場が逆転しました。

 その小さな出来事が切っ掛けとなり、そして、大阪城に火の手があがったことを即座に判断した家康が総攻撃の采配を振るったことにより、戦況は一変します。


 ところで、茶々は正室ではなかったのですよね。前面に押し出された竹内結子が、正室の鈴木京香(寧・北政所)を脇に追いやってしまったのも、ドラマの筋書きの帰着するところを垣間見れば、当然といえば当然のことなのではありますが、大河ドラマならではの為せる技といったところだったでしょうか。


あと、30分もすると、NHKテレビ「真田丸」最終回が始まります。


真田丸 ①.
 NHK大河ドラマ 特別展 「真田丸」 東京都江戸東京博物館 (NHKプロモーション ポスター.2016年6月14日)

② 真田信繁像
 真田信繁像(16世紀:高野山蓮華定院蔵)

③真田軍配
 真田信之所用 軍配団扇(江戸時代:真田宝物館蔵)



関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント