吹上元荒川の春 2017年4月

2017/ 04/ 14
                 
 元荒川は、埼玉県熊谷市に源を発し、埼玉県越谷市で中川と合流するまでの60.7kmの1級河川です。
 行田市、鴻巣市、久喜市、桶川市、蓮田市、白岡市、さいたま市岩槻区を経由し、越谷市中島までが元荒川となっています。
 元荒川は、特徴とすることが二つ挙げられます。
 その一つは、水路と立体交差する場所が2か所もあることです。鴻巣市袋付近で武蔵水路と、そして白岡市柴山・蓮田市高虫付近で見沼代用水と立体交差しています。
 もう一つは、 かつての元荒川は荒川扇状地の湧水を水源としていましたが、現在は水源が枯渇したため、現在の源流はポンプで汲み上げた地下水(人工水源)となっているということです。

 また、元荒川沿いには、桜の名所〈〈※〉〉が随所にあることでも知られています。
 お花見シーズンになると桜まつりが何処も開催され、賑やかな桜並木沿いとなります。


〈※〉:元荒川沿いの桜の名所
 ⁂鴻巣市鎌塚地区、元荒川の桜並木 : 両岸約2.6kmに500本の桜並木。
 ⁂白岡市西地区、八幡橋付近の桜並木: 元荒川の八幡橋付近の左岸約2kmに桜並木
 ⁂蓮田市椿山地区、元荒川河川敷公園付近の桜並木:公園を中心として元荒川の両岸の前後数kmに渡って450本の桜並木。
 ⁂さいたま市岩槻区の太田地区、岩槻城址公園の桜: 園内およびその周辺に約600本の桜が咲く。
 ⁂越谷市北越谷地区、元荒川の桜並木:北越谷第五公園から大沢橋までの左岸約2kmに約400本の桜並木。



 夜桜見物には、今年も出かけませんでしたが、吹上元荒川の桜見物には、鴻巣「さくらまつり」のときと、4月7日の2回足を運びました。
 4月2日の桜はイマイチの咲き具合でしたが、 
⑫吹上会場 屋形船 20170402

⑪吹上さくらまつり 20170402

次に出向いたときには見ごろとなっていました。
23 元荒川の桜 20170407

21-2 元荒川の桜 20170407

24 元荒川の桜 20170407



  吹上「さくらまつり」のお花見のときには、ユデタテ、ウチタテの手打ち蕎麦を頂くことができました。
  「北彩そばの会」会員のチームワークによる出来立てのソバの写真、後ほどアップしたいと思います。(写真掲載、ご了承頂いております。)









関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント