総務省統計局  旅の日

2017/ 05/ 16
                 
 年間の快晴日数の一番多い県は、埼玉県です。
 都道府県上位ベスト5の中に、埼玉県(64日)、3位栃木県(50日)、5位茨城県(46日)、同5位東京都(46日)と、関東地方が4つも入っています。(〈※〉:総務省統計局、平成26年調査)

 梅雨に入る前の5月。
 あちこちに足をのばして背伸びをしてみたい季節ですね。


きょうは5月16日です。総務省統計局「なるほど統計学園」からの、「今日は何の日?」をお届けいたします。

 《 5月16日は「旅の日」です。

 松尾芭蕉が奥の細道に旅立った5月16日(陰暦元禄2年3月27日)を記念して、昭和63年(1988年)に日本旅のペンクラブが提唱しました。

 それでは、「旅の日」にちなんで、総務省統計局の平成23年社会生活基本調査結果から、「旅行」についてのデータを見てみましょう。

 次のグラフは、平成18年と23年の「旅行・行楽」の種類別行動者率を表したものです。

 平成23年は「行楽(日帰り)」が58.3%、観光旅行では国内が45.4%、海外が7.3%となっており、平成18年と比べると、「観光旅行(国内)」が4.2ポイント低下、「行楽(日帰り)」が1.7ポイント低下などと、全ての種類で低下していることがわかります。

総務省統計局 今日は何の日












関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント