安曇野の蕎麦 そば処上條 オリジナルポストカード

2017/ 05/ 23
                 
 安曇野とのおつきあいは、もうどれくらいになっているのでしょうか。
 安曇野の蕎麦も然りです。

 このところ、イタリア料理、スペイン料理と続きましたので、蕎麦に回帰することにしました。

 初めて訪れた、「そば処上條」です。

看板手打ちそば上條


 お浚いをします。
  ・手打ちそば
  ・そば粉は、信州八ヶ岳の麓で収穫された玄そばを石臼挽き
  ・そばつゆは、化学調味料を一切使わず、かつお節や昆布などの天然素材と本物の醤油で調味。
  ・そば打ち、茹で、さらし、出汁取りなど調理の全工程で安曇野の天然水を使用
  ・ニ八


今回は、
 「天恵そば」 (《温泉卵を太陽にみたて、その元で色々なものが生まれ、育まれている様をそばで現してみました。 温泉たまごをはじめ、鴨のくんせい、小エビ、そば焼味噌、揚げたそば米など約10種の具がのったこのそばは、大勢のお客様にご好評いただいている人気メニューです。 》)と、
「鬼おろし〈ちかと小エビ〉.大盛り」(《 信州の高原で収穫される極辛の地大根をすりおろすと、まるで鬼の食べ物ではないかと思わせるような辛いおろしになります。この「おろし」と「そば」の相性がとても良いため、当店ではオリジナルのそばメニューを作り、この愛称を「鬼おろし」と名付けました。 北海道 道東の風蓮湖で獲れた白身の小魚「ちか」の天ぷらと、小エビがのります。》) と、
 食後に、「アップルパイ.1/4切を2つ」 ( 《安曇野で収穫されたリンゴ(ふじ)をバニラビーンズを入れたシロップで一昼夜煮込んだものに、グランマルニエとシナモンのきいたカスタードクリームを詰め丸ごとパイ生地で包んで焼き上げます。》)
 を、二人で頂きました。
なお、そばそのものの味を知っていただきたいために、そばを最初に口に運ぶ時は、「水そば」からどうぞ。とのことでした。

蕎麦屋に行ってときおり思うのですが、同じお店に春夏秋冬足を運んでみると、ソバもツユも味の雰囲気が違うことがあるのです。
 安曇野の上條のそば、本当のところは、もりそばを食べて、ソバとツユを味わいたかったのです。
 今回は辛味大根と、いわゆるぶっかけソバのハーモニーの味ということで、堪能しました。そば湯は、ドロリでもなく淡白でもなく私好みでした。
 次は新蕎麦の季節にまた伺いたいです。


 得々情報をお伝えすることを忘れるところでした。
 オリジナルポストカードプレゼントを見落とさなかったので、2枚頂くことができました。
 (なお、マイブログへの使用許可を得ておりますことを、申し添えさせて頂きます。)

《◇お得な情報
 別ページに印刷用の地図を用意しました。上條にお越しいただくときにお役立てください。
 また、そのとき地図欄外に必要事項を記入してレジにご提出いただければ、オリジナルポストカードをお一人様1枚に限り差し上げております。》


そば処 上條



そば処上條

〒399-8303長野県安曇野市穂高5256-1
TEL:0263-82-4411
FAX:0263-82-5510
営業時間 
昼11:00~15:00
定休日 毎週月曜日
(月曜祝日の場合は翌日)
無休期間
ゴールデンウイーク及び
 8/1~8/31

安曇野 そば処 上条 水芭蕉
 ミズバショウ 乗鞍高原


安曇野 そば処 上條 そば畑
 そば畑と稲田と常念岳 安曇野








関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント