第45回 日本の書展 2017  書道展  総会

2017/ 06/ 12
                 
 書研のA先輩から、「第45回 日本の書展 2017」のご案内はがきを、6月10日(土)の総会終了後の懇談会の席で頂きました。
 「東京展」は国立新美術館において、6月15日(木)~6月25日(日)まで開催されます。
 また、東京展開催記念講演は6月16日(金)、午前11時からパレスホテル東京において、また、出品作家によるギャラリートークは、書展会場内にて6月17日(土)〈師田久子・かな・現代書道代表〉、及び6月24日(土)〈西村東軒・漢字・現代書道代表」の何れも午後2時から行います。
 何れも入場無料となっていますが、記念講演会は「席数に制限あり」となっています。

(〈※〉国立新美術館の休館日は火曜日です。開館時間は、10:00~18:00〈入場は17:30まで〉。)


 昨年、日展に入選した書研のB先輩の属する千紫会による「万紅展」も、今年から会場を国立新美術館に移して開催されます。(開催期間:6月29日~7月9日)
 

 毎年銀座幸伸ギャラリーで開催している、書研を巣立った仲間が卒業以来ずっと継続している「墨酔会書展」。
 2017年の開催期間は、7月28日(金)~7月30日(日)となったようです。


 今年の総会は、勤めていた会社の4月開催のOB会総会にはじまって、6月の書研OB会総会と、OB会と名のつく総会は全て出席できました。
 6月は、勤めていた会社と東京電力の定時株主総会が何れも同じ日に開催されます。
 やはり重なった時は、勤めていた会社の総会に出席することにしています。

 東京電力は父が勤めていた会社です。株主配当でゴルフを楽しむことができていた一頃のことを思い出してもいる今日この頃でもあります。





書道展  -1-書道展 -2-



関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント