111番目の活火山に選定  日光の男体山

2017/ 06/ 20
                 
 日光の男体山の標高は、2,486mで、栃木県にある山の中では、日光白根山(標高2,578m)に次いで高い山です。

(註〈※〉:日光白根山は活火山です。)

 その男体山が、2011年(平成23年)6月に火山として選定された天頂山(北海道.標高1,046m)と樽前山(北海道.標高1,041m)に続いて、111番目の日本における活火山として選定されました。



 日光の男体山 “活火山”に認定へ TBS News i
 ~TBS系(JNN) 6/20(火) 13:48配信~
《 栃木県日光市にある火山で日本百名山の一つ、男体山が、活火山に「仲間入り」します。

 富山大学大学院の石崎泰男准教授らの調査で、男体山の火口内におよそ7000年前にも噴火していた痕跡が見つかり、気象庁が定めた「おおむね1万年以内に噴火した形跡がある」などとする活火山の定義を満たすようになったことから、20日午後、「火山噴火予知連絡会」で新たに活火山に認定される見通しです。

これにより、日本にある活火山の数はあわせて111となります。(20日11:51)
最終更新:6/20(火) 14:12 》



 気象庁公式サイト
katsukazan_map -1-

katsukazan_map -2-





気象庁公式サイト

 《「活火山とは」

◇かつて使われた「休火山」「死火山」とは

 昔は、今現在活動している、つまり噴火している火山は「活火山」、現在噴火していない火山は「休火山」あるいは「死火山」と呼ばれていました。 例えば、富士山のように歴史時代(文献による検証可能な時代)に噴火記録はあるものの、現在休んでいる火山のことを指して「休火山」、歴史時代の噴火記録がない火山のことを指して「死火山」という表現が使われていました。


◇「活火山」の定義と活火山数の変遷

 しかし、火山の活動の寿命は長く、数百年程度の休止期間はほんのつかの間の眠りでしかないということから、噴火記録のある火山や今後噴火する可能性がある火山を全て「活火山」と分類する考え方が1950年代から国際的に広まり、1960年代からは気象庁も噴火の記録のある火山をすべて活火山と呼ぶことにしました。 1975(昭和50)年には火山噴火予知連絡会が「噴火の記録のある火山及び現在活発な噴気活動のある火山」を活火山と定義して77火山を選定しました。
 この77火山は主として噴火記録がある火山が選ばれていましたが、噴火記録の有無は人為的な要素に左右される一方、歴史記録がなくても火山噴出物の調査から比較的新しい噴火の証拠が見出されることも多くなり、 1991年(平成3)年には、火山噴火予知連絡会が活火山を「過去およそ2000年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」と定め、83火山を選定し、その後1996(平成8)年にはさらに3火山が追加され、活火山の数は86となりました。
 しかし、数千年にわたって活動を休止した後に活動を再開した事例もあり、近年の火山学の発展に伴い過去1万年間の噴火履歴で活火山を定義するのが適当である との認識が国際的にも一般的になりつつあることから、2003(平成15)年に火山噴火予知連絡会は「概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」を活火山と定義し直しました。 当初、活火山の数は108でしたが、2011(平成23)年6月にはさらに2火山が新たに選定され、活火山の数は現在110となっています。》



関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント