生け垣の手入れ

2017/ 07/ 03
                 
 わが家の垣根は、柊(ヒイラギ)です。
 毎年鋏を入れればいいのでしょうけれど、2年ぶりの手入れとなりました。
 
 昨日のことです。

 柊の花言葉は、「先見の明」、「用心深い」、「保護」などとなっています。
 その棘あるがゆえに、意味相反する花言葉が並んでいるように思いました。
 柊は、初冬に、小さな可憐な白い花を咲かせます。木犀(モクセイ)の花に似た香りを放ちます。


 この薫り花柊と知れるまで  野田ゆたか


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント