熊谷うちわ祭 おはやし響く夜 巡行叩合い 曳つ合せ叩合い

2017/ 07/ 21
                 
 熊谷うちわ祭は、毎年7月20日から22日の3日間開催され、例年70万人以上の人出で賑わいます。

 公式サイトでは、トップページに《・・・疫病退散、五穀豊穣、商売繁盛を祈願神事して始まった「熊谷うちわ祭」は、八坂神社の祭礼であり、京都八坂神社の「祇園祭」の流れを受け江戸中期(1750年頃)より始まったとされています。その後、八坂神社氏子、各町区の弛まぬ努力により年々盛大に発展し「関東一の祇園」と謳われるまでになりました。
本年も7月20日から22日の3日間、街中を熱気と興奮に包み込み、12ヶ町の山車・屋台が熊谷囃子を奏でながら勇壮な「叩き合い」を繰り広げ、暑く熱く盛大に開催されます。祭りとは、世代を超え、時代を超え、共に祈り、共に喜ぶ場面です。・・・》と紹介されています。

 7月20日が「渡御祭」と「初叩合い」、21日が「巡行祭」、「巡行叩合い」、22日が「行宮(あんぐう)祭」と「曳つ合せ叩合い」、そして「年番送り」となっています。


⁂一口メモ:タイトルにある「叩(たたき)合(あ)い」のこと
 ・「叩合い」というのは、2台以上の山車や屋台が、熊谷囃子を鳴らして競い合うことを言います。
 ・特に祭りのクライマックスである曳(ひ)つ合(あわ)せ叩合いでは、全ての山車・屋台がお祭り広場に集結し、勇壮なお囃子を響かせます。
 ・熊谷うちわ祭の見どころは、「叩合い」で一日の最高潮を迎えます。
  3日間とも叩合いは行われますが、1番迫力があるのは、3日目最終日の曳つ合せ叩合いです。 集結した山車・屋台の響き渡るお祭り囃子が、集まった人々を魅了します。


 なお、儀式としての八坂神社の祭礼はというと、7月19日の「遷霊祭」(〈※1〉)と、23日の「還御祭」(〈※2〉)が執り行われると記載されています。

(註:
〈※1〉「遷霊祭」:宮司がすべての灯を落とした愛宕八坂神社の中で神輿に御霊を遷します。そして神輿は「天王さま」となります。大総代をはじめ数人の関係役員のみで執り行われます。
〈※2〉「還御祭」:御仮屋から本宮まで神輿をお返しするための巡行です。まもなく日付も変わる深夜、再び関係者が御仮屋に集まり「発輿祭」が執り行われ、午前0時に熊谷祇園会員約300人によって、神輿が本宮まで担がれます。本宮にて後最の神事「着輿祭」が執り行われ、3日間に及ぶ祭のすべての祭礼行事が終了します。


1-1 20150722 熊谷うちわ祭

1-2 20150722 熊谷うちわ祭

1-3 20150722 熊谷うちわ祭

1-4 20150722 熊谷うちわ祭

1-5 20150722 熊谷うちわ祭

1-6 0150723 熊谷うちわ祭 叩き合い

1-7 20150722 熊谷うちわ祭 引き合わせ叩き合

1-10 20150722 熊谷うちわ祭 1-11 20150722 熊谷うちわ祭 

1-9 20150722 熊谷うちわ祭 1-8 20150722 熊谷うちわ祭

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント