河童忌  芥川龍之介の命日

2017/ 07/ 24
                 
 6月19日の太宰治の「桜桃忌」は、テレビや新聞でよく取り上げられています。

 芥川龍之介の命日は、「河童忌」といわれていますが、ここ数十年来巷間その名称はあまり耳に届いてこないようです。

 きょう、7月24日は、芥川龍之介の「河童忌」です。
 豊島区巣鴨の慈眼寺に、龍之介のお墓があります。
 この墓所には、作家の谷崎潤一郎(〈※〉)、蘭学者の司馬江漢や、忠臣蔵でお馴染みの、吉良方で八面六臂の働きを見せた小林平八郎(〈※〉)も眠っています。


 芥川龍之介の小説は、若い頃そこそこ読んだ記憶がありますが、映画作品となったあれこれは今も印象深く心に刻まれています。
 映画監督、女優さんの名前と顔が走馬灯のように現れては消えていきます。
 例えば、京まち子(1924.3.13~)さん、内藤洋子(1950.5.28~)さんなどです。
 

 6月21日放送のNHK朝ドラ『ひよっこ』見ましたか。
 あかね荘の男性陣がみなファンだったという「内藤洋子」 。

《内藤洋子って聞いて満面の笑み・・・島谷さんの好みは 内藤洋子さんだった 》
 谷田部みね子が 「島谷さん 好きなんですか?」 と、島谷純一郎に問います。純一郎が「うん」と即答します。

 ・・・“永遠の美少女”といわれたアイドル女優・・・当時トレンド入りするほどの関心を集めました。・・・



(〈註:谷崎潤一郎の墓は、京都府京都市左京区の法然院にもあります。
   小林平八郎の墓は、東京都新宿区牛込の万昌院にもあります。

   ⁂7月30日:谷崎忌 / 潤一郎忌:谷崎潤一郎 )



関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント