小筆を習ってみませんか講座   かなは呼吸です

2017/ 07/ 29
                 
 きょうは、第5回目の講座となりました。

 私が先生に、
「かなも漢字(楷書体)と同じようにゆっくりと書くのですか?」とお聞きしましたところ、
「かなは呼吸です」と、おこたえになりました。


「うれしい」のときの「し」の字の筆の運び方も教えて頂きました。
同じ「し」の字でも、もっと長く伸ばしたり、短くしたりと、様々な「し」の字となりますが、(実用文を書く時は)筆の運びの途中に線が太くなったり、かすれて細くなったりしないように注意するよう指導を受けました。

 

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント