水洗トイレの水漏れ 水に関すること その2

2017/ 08/ 17
                 
 先日、水道検針員の方が、自宅のブザーを押してくださいました。今回で2回目でした。
 「漏水確認のお知らせ」を郵便受けに投函するだけで事足りるというのに、水漏れしていませんか。という気掛かりなことを、検針先の家人に直接知らせるためです。
 
 随分と昔のタイプの水洗トイレでしたが、きょう修繕してもらうことができました。
 予めインターネットで検索したところ、一般的にタンク内の修繕すべき個所は、ボールタップ部かフロートバルブ部のどちらかと書かれていました。
 フロートバルブ部の補修品2つを変えて修繕完了となりました。作業時間だけをみればあっというまの出来事でした。車が到着してから発進するまでのトータル時間は30分程度でした。

 修繕工事完了後は、市の料金担当セクションまで連絡することになっていますので、明日の金曜日に電話しようと思います。

関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント