一眼レフカメラカメラからコンパクトデジカメまで。それにスマフォなど・・・

2017/ 09/ 09
                 
 〈飲み会でカメラの話もちょっと出ましたので・・・〉


  「一眼レフカメラ」をネット検索すると、「デジタル一眼レフカメラ」と、「ミラーレス一眼カメラ」があれこれたくさんぞろぞろヒットします。

 私が見たい「一眼レフカメラ」とは違います。
 それで思いついたのが、「フィルム一眼レフカメラ」です。
 キャッチできました。

 
  現像、引き伸ばしもやっていた時代があります。
  屋根裏の暗室、真夏、一人黙々と作業をやっていたなんて、今の私では思いもつきませんけれど。

 
 レンズシャッター式カメラの「ヤシカリンクス」から、 一眼レフカメラの「ペンタックス」へ。
 望遠レンズは、2つ揃えました。
 35mmフィルムの着脱は、今では懐かしい思い出となりました。

 当時は、F値(絞り〈レンズサイズ〉)、焦点距離(広角~望遠)、シャッタースピード、ASA感度(ISO)などが、カメラ選びのポイントとなっていました。

 今、それらに加えて、「カメラ有効画素数」、そして「撮像素子」がチエックポイントに加えられています。

 とあるデジタルカメラの説明文が目に留まりました。
 《何れは35㎜フィルムサイズの撮像素子に統一されるのではないかと予測されている。》
 という記事の箇所です。
 
 ということで、今回のブログは、「撮像素子」について、締め括ることにします。

 「撮像素子」とは、デジタルカメラに内蔵された、光を電気信号として蓄える素子のことです。
 「CCD撮像素子」、「CMOS撮像素子」、そして近年「MOS撮像素子」が登場しました。
 それぞれ、撮像素子としての特徴がありますが、ここでは、「撮像素子のサイズ」が、「35㎜フィルム」のサイズに対してどれほどの違いがあるのかを図(拝借しました)に示すことによって、イメージングすることにしました。
 如何でしょうか。
 あなたが今、手持ちのカメラやスマートフォンなどのそれは、どれに該当しますか。


センサーの大きさ比較

  イメージセンサー(撮像素子)比較


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント