最期の連載小説『約束の海』

2013/ 09/ 30
                 
 週刊新潮で、2013年8月29日号(「32」)から始った、山崎豊子の連載小説『約束の海』。
 10月3日号(「37」)掲載後、どうなるのでしょうか。

  ☛ 新潮社によると、既に第1部全20回分の原稿を書き終えているとのことです。


作家・山崎豊子さん死去  …権力の矛盾切り込む

読売新聞 9月30日(月)13時26分配信



 「白い巨塔」や「沈まぬ太陽」など、巨大組織の暗部や戦争のむごさを浮き彫りにする長編小説を書き続けた直木賞作家の山崎(やまさき)豊子(とよこ)さんが29日未明、死去した。

 88歳。告別式は親族のみで行う。

 大阪・船場の老舗の昆布商で生まれ、1944年、毎日新聞大阪本社に入社。学芸部記者として在籍中の57年、生家をモデルにした「暖簾(のれん)」でデビュー。58年、2作目の「花のれん」で直木賞を受賞し、退社して作家活動に入った。

 国立大医学部の教授ポストをめぐる権力闘争を告発した「白い巨塔」(65~69年)以来、「華麗なる一族」(73年)、「不毛地帯」(76~78年)、ジャンボ機墜落事故を招いた航空会社の腐敗体質をえぐった「沈まぬ太陽」(99年)など、綿密な取材に基づく社会派の視点で、不条理な組織体質や権力の矛盾に切り込んだ。作品は相次いでテレビドラマ化されて高視聴率を上げ、映画でも話題を呼んだ。
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント