子役 NHK

2013/ 10/ 12
                 
 

 杏・・・「あん」と読むんですね。
 てっきり子役時代から活躍しているのかと思ったら、あにはからんや、15歳でモデルデビューとありました。
 父が渡辺謙で、兄が渡辺大。身長が174cmで、1986年4月14日生まれ。
 香味野菜大好き、ネギ大好き人間。
 「ごちそうさん」の主人公、「卯野め以子(うのめいこ)」役。これからドラマの中でどのように育っていくのでしょうか。



 子役

 その「め以子」の子ども時代を演じたのが、「豊嶋花(とよしまはな)」。
 NHKの朝ドラ、「梅ちゃん先生」の「中井育代」役、そして「あまちゃん」の「春子」の幼少時代(第6話)の役で出ています。
 NHKのドラマで一度子役として登場すると、引き続き子ども時代を演じる子役が何人か画面に顔を出すように見受けられます。
 (☛「中井育代」:ぜんそくを患う中井則夫(矢部光祐)の妹「育代」)



 ずっとずっと以前、渡辺篤が文部省奨励映画の主人公で出ていた映画を思い出しました。
 「カミナリがゴロゴロ鳴る、雨がザッと降る、いくら鳴っても、いくら鳴っても、怖くないよ、カミナリなんかこわくない・・・」という歌が挿入されているキネマでした。
 題名が出てきません。
 ラストシーン、主人公は、皆に会える・・・という期待感を観客に思わせるところで、幕が引きます。
 この映画ご存知ですか・・・ ・・・ ・・・
 当時、子役として全国津々浦々にその名を知られた渡辺篤が演じる「子供向け映画」です。



関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント