川上哲治氏、93歳老衰のため死去

2013/ 10/ 30
                 



「打撃の神様」川上哲治氏、93歳老衰のため死去



 「打撃の神様」「V9監督」として知られたプロ野球のかつての大打者で元巨人監督の川上哲治氏が28日午後4時58分、東京都稲城市の病院で老衰のため死去した。93歳。熊本県出身。葬儀・告別式は近親者のみで執り行った。

 「赤バット」で人気を博し、戦前戦後を通じて打撃の第一人者として活躍。1961年に巨人監督に就任し、65年からは9年連続日本一の偉業を達成した。監督時代の65年に野球殿堂入りし、監督通算1066勝739敗61分け。巨人の背番号16は永久欠番となった。

 川上氏は選手と監督の両方で成績を残した。選手としては入団2年目の1939年に19歳で首位打者に輝き、打点王も獲得した。翌年には本塁打王となり、20歳までに打撃主要部門のタイトルを全て手にした。

 56年には球界初の通算2000安打を達成。打球は「弾丸ライナー」と形容され、低い弾道の当たりで安打を量産した。投手としても11勝のうちの2つを完封で挙げた。

 61年に監督に就任すると長嶋茂雄、王貞治を擁してV9を達成。11度の優勝は鶴岡一人(故人)と並び最多。日本シリーズ出場11度も最多で、全て優勝した。

 巨人・白石興二郎オーナー「川上さんの足跡こそが巨人軍の歴史と伝統そのものです。後継者のわれわれはV9を神格化することなく、V10を大目標に戦い抜くことが、川上さんのご遺志に報いる道と信じます」

 ソフトバンク・王貞治球団会長「打撃の神様と言われ、戦後の野球界をリードするとともに、余人ではできないV9を達成した野球の神様のご逝去に、心よりお悔やみを申し上げます。勝負に対する執念、最後まで諦めないということを徹底して教えていただき、自分の人生で実践することができました。心から感謝申し上げます。安らかにお眠りください」

 巨人・原辰徳監督「プロ野球、巨人軍において、さんぜんと輝く大先輩。これから先も野球界の宝物です。個人的にもお手紙をちょうだいし、お電話で話す機会もあった。現役の時、打撃指導を受けたのを覚えている。指導する上において(川上氏の)指導方法を生かさせていただいています」

 元楽天監督・野村克也氏「野球少年だったので、赤バットの川上、青バットの大下に憧れていた。京都の田舎で巨人ファンだった。遠い存在、まさに神様だった。残念です。監督を長くやってきたが、常にV9時代が頭にあった。川上さんだったらどうするかと考えて、川上さんをかがみにした。もう一度お会いして、真の野球学を直接聞いてみたかった。これが野球だというお手本を示していた」

 元阪急監督・上田利治氏「偉大な方が亡くなられて残念です。個人としてもすごく実績があり、さらに、日本野球全体の力もつけられた。監督としてこうあるべきだと、教わった。知らず知らずのうちに、教訓として入ってきていた。心身ともに元気な方だった。寂しい」

 楽天・星野仙一監督「勝負に対してものすごく厳しい人だった。今のわれわれでもできないほど野球に人生をかけていた。情の厚い人だった。ただ、勝負には非情にもなった。そういうところは学んだ」

 ロッテ・伊東勤監督(川上氏の熊本工高の後輩)「高校の大先輩と軽々しく言えないほど、雲の上の存在でした。本当にショックです。今は心よりご冥福をお祈り申し上げます」



関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント