フォルトゥナの瞳

2013/ 11/ 09
                 
 フォルトゥナ:ローマ神話に伝わる『(車輪に乗った)運命の女神』

 
 百田尚樹の連載小説『フォルトゥナの瞳』、週刊新潮11月14日号で第8回を数えます。
 週刊誌の連載小説を読まなくなって久しかったのですが、山崎豊子の『約束の海』と合わせ、、週刊新潮の紙面を毎週楽しみに見るようになりました。

 『約束の海』は今週号で第12回。あと8回の連載で終了となります。山崎豊子の最後の小説となった作品ですが、完成したものとはならない小説の行く末に残念さがつのります。



 先日、ノンフイクション小説『「黄金のバンタム」を破った男』を読み終わりました。
 国内外の有名なボクシング選手の名前が、どんどん出てきます。
 あの日あの時のテレビ画面を、食い入るように見ていたことを思い出しています。

 エデル・ジョフレを破った男、原田政彦の物語。
 PHP文芸文庫版『「黄金のバンタム」を破った男』解説は、『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(新潮社、柔道家木村政彦の評伝)の著者、増田俊成です。


 ファイティング原田:
バンタム級時代のテレビ視聴率(カッコ内の数字は、1962年以降の歴代テレビ視聴率の順位)

1965年 5月18日 ・・ vsジョフレ ・・ 54.9% (22位)
1965年11月30日 ・・ vsラドキン ・・ 60.4% ( 8位)※
1966年 5月31日 ・・ vsジョフレ ・・ 63.7% ( 5位)※
1967年 1月 3日 ・・ vsメデル ・・・ 53.9% (23位)
1967年 7月 4日 ・・ vsカラバロ ・・ 57.0% (12位)
1968年 2月27日 ・・ vsローズ ・・・ 53.4% (25位) 
 注記:※1965年、1966年のテレビ視聴率第2位。1位は何れもNHK「紅白歌合戦」。




百田尚樹の作品

 「阿川佐和子 この人に会いたい(974回)」週刊文春の6月20日号に、百田尚樹さんとの対談が載っています。
 百田作品を読み始めたのが、この対談を読んだことがきっかけだったと思うのですが、この14冊目で既発行の単行本としては全て読み終わっているような感じです。
 『フォルトゥナの瞳』も、単行本として発売されるときは、何らかの修正・補筆されて世に出てくることになるのでしょうか・・・。


① 海賊と呼ばれた男 上 ・・・・・ 講談社
② 海賊と呼ばれた男 下 ・・・・・ 講談社
③ 永遠のゼロ ・・・・・・・・・・・・・ 講談社文庫
④ 夢を売る男 ・・・・・・・・・・・・・・・太田出版
⑤ 輝く夜 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 講談社文庫
⑥ モンスター ・・・・・・・・・・・・・・ 幻冬舎文庫
⑦ 錨を上げよ 上 ・・・・・・・・・・ 講談社
⑧ 錨を上げよ 下 ・・・・・・・・・・ 講談社
⑨ 風の中のマリア ・・・・・・・・・ 講談社文庫
⑩ 影法師 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 講談社文庫
⑪ ボックス 上 ・・・・・・・・・・・・ 講談社文庫
⑫ ボックス 下 ・・・・・・・・・・・・ 講談社文庫
⑬ 幸福な生活 ・・・・・・・・・・・・ 祥伝社
⑭ 黄金のバンタムを破った男 ・ PHP文芸文庫 





三毛猫ミユ④





関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント