第24回 鴻巣「かわさとフェスティバル」④

2013/ 11/ 11
                 
 臨時駐車場付近から会場方面を眺めた写真です。
 この池は、いつも釣り糸をたれている皆さんをおみかけします。

会場方面を見る①


 ミニSL [9時から 中央広場]
 小さいだけであとは本物そっくりのミニチュアSL

 スタンプラリー  [9時30分から メイン会場]
 子ども向けのイベント。本部テントで用紙をもらってキャラクターを探そう! スタンプを全部集めればもれなく参加賞。

 地元花組合による「花の直売」 [メイン会場]
 色とりどりの花を直売

 花苗の植え込み体験 [メイン会場]
 花農家さんの仕事をちょっぴり体験

 花の無料配布 [14時から メイン会場]
 きれいなお花のプレゼント!



鴻巣市健康まつり同時開催 [9時から 農業研修センター集会室] 

 食生活改善・ガン検診等PR・メンタルチエック・医師による相談・ラジオ体操など健康に関するコーナーでいっぱいです。



消防救急フェア同時開催 [9時から研修センター玄関前]

 かっこいい消防車や救急車がやってくるよ!



 「熱気球体験」「埼玉県こども動物自然公園による動物ふれあいコーナー」が中止になったけれど、人気ナンバー1の「ミニSL」は、相も変わらずの順番待ちで賑わっていました。何回も列に並び直している家族連れも見かけました。

 ミニSL①

・キャンデイをプレゼント:こどもたちに無料で配り歩いていました。
キャンディ無料プレゼント① キャンディ無料プレゼント②

・おとなたちに大人気の「花の無料配布コーナー」:午後2時前からズラーッと長いヘビのように蛇行した行列です。
花の無料配布コーナー①

・「綿菓子」は有料でしたがとてもリーズナブルなお値段でしたよ・・・
綿菓子①



 「ミニSL」と同じ会場の中央広場で、こどもたちが何やらキャッキャと騒いでいるので、何かと思い覗いてみたら「シロヘビ」でした。皆が変わりばんこに手で触っても温順しくしていました。家族連れが「ストリートオルガン・ハンドオルガン」の音色に聞き入っていました。

シロヘビ①  シロヘビ②



ストリートオルガン・ハンドオルガン①

ストリートオルガン・ハンドオルガン②  ストリートオルガン・ハンドオルガン③


【ストリートオルガン・ハンドオルガン】:スイスオルゴール友の会HPより抜粋
 広い意味でハンドオルガンもオルゴールの種類に上げてみたいと思います。
 ロンドンのアンティーク街「ポートベロ」の中で ストリートオルガンの面白く使っている絵が見つかりました。 日本の獅子舞のように家の門前でストリートオルガンを廻す、おかみさんが出て来て、コインを差し出すところです。得意なオルガン弾きは、コインを差し出すおかみさんを待たせて曲を弾き続けます。 律儀そうなオルガ ン弾きの心情を良く顕しています。雨の街頭でのひとこまです。
 パリのノートルダム寺院の公園の入り口でも、 ロンドンのアルバート美術館の街路でも、ジュネーブの地下街でも、現在至る所で見ることが出来ます。
 オルガンは始め、肩から革のベルトで吊りました。やがて一本足の上で鳴りました。
 ハンドオルガン: お猿さんが芸を見せているものが 多いのですが、パリで見たときのオルガンの上には大きな猫が寝そべっていました。近寄ってびっくりしました。 オルガンのりズムに合わせて尻尾を動かすのです。 どうやって仕込んだんでしょう。
 オルガンがもっと大きくなるとワゴンに乗せられました。
 ペーヴメントをガタガタと曳いて街角に立つと弾き始める、ヨーロッパの街角の楽しい風物です。



イチョウの葉もそこはかとなく色づいていました。
会場方面を望む②



関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント