フェイジョアの実を食べました

2013/ 12/ 09
                 
 フェイジョアは、実が樹から落ちたものを取って、それからしばらく追熟してから食べるのだそうです。

 生食でも勿論美味しいですが、ゼリー、ジャム、果実酒、サワーにと、レシピをいろいろ揃えることができます。

 キウイフルーツとほぼ同じ頃、日本でも栽培されるようになったとのことですが、量産性、サイズ、香りなど、もろもろの要素が重なり合って、今ではスーパーマーケットなどでは、なかなかみつけることができなくなった果実です。

 我が家の庭には、キウイフルーツの木もフェイジョアの木も両方育っていますが、キウイフルーツの樹勢が衰え始めた昨年から、フェイジョアが結実するようになりました。

 昨年、私が撮影したフェイジョアがNHKテレビ番組で紹介されていました。開花時期は花を愛でて、結実時期はありのままの姿を写真に撮るということだけで満足していました。

 今年は、たくさん実ったこと、そして大きい実がそれなりに増えましたので、どんな味かと思って口に含んでみました。

 まず感じたのは、香りが高いこと。次に甘さを感じ、そしてちょっぴりの酸っぱさといったところでしょうか。
 どういう香りですか・・・と問われると、何てこたえたら良いのか迷います。
 ウィキペディアなどで、味などの説明がされていますが、どうもそれらの表現ではマッチングしないものを感じました。何れにせよ、生まれて初めての香りは、新鮮な驚きでした。ヽ(´Д`;)ノ


P1130548(1).jpg

①フェイジョア20131209

P1130521(1).jpg

②フェイジョア20131209

P1130526(1).jpg

③フェイジョア20121209

P1130545(1).jpg





関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント