皇居宮殿内を初めて一般公開へ

2013/ 12/ 16
                 
皇居宮殿内を初めて一般公開へ


天皇陛下が80歳、傘寿になられるのを記念して、宮内庁が、来年、皇居宮殿の中を初めて一般公開することになりました。
天皇陛下は、今月23日に、80歳、傘寿の誕生日を迎えられます。これを記念して宮内庁は、来年、一般から公募した人たちを対象に、皇居宮殿の中の特別参観を初めて実施することになりました。
特別参観は、来年の5月と10月に2日間ずつ、宮殿行事のない土曜から日曜にかけて行われ、このうち5月は24日と25日に、また、10月は上旬に実施されます。1日3回、1回に50人が参加して行われるということで、5月と10月で、合わせて600人が参観できることになります。
参加者は、国賓をもてなすための宮中晩さん会が開かれる「豊明殿」のほか、一般参賀で天皇陛下や皇族方が立たれるベランダなどがある「長和殿」の中に入って、宮内庁の職員から説明を受けます。
また、天皇の即位の儀式や総理大臣の親任式などが行われる「正殿松の間」など、重要な儀式や行事に使われる正殿にある部屋も廊下から見学できます。
現在の宮殿は、国の公的な儀式や宮中行事を行う場として、第二次世界大戦の空襲で焼失した前の宮殿の代わりに建設され昭和43年に完成しました。
これまで一般の人たちは、一般参賀や一般参観で宮殿の前庭までは入ることができましたが、宮殿の中は、行事で招かれた人などのほかは入ることが出来ませんでした。特別参観の申し込みは、はがきで受け付けられ、抽せんで参加者が決まるということで、来年の2月中旬ごろ、宮内庁のホームページに申し込み方法が掲載される予定です。
宮殿を初めて公開することについて、宮内庁の山本次長は、「天皇皇后両陛下のご了解も得て、国民の皆さんに皇居に親しみを持って頂くため、やることにした。公式行事が行われる場所を見て頂くのは、国民とともに歩むという両陛下のお考えにも沿うことだと思う」と話しています。
宮内庁は、希望者が多ければ、参観を継続的に実施するかどうか、改めて検討することになるものと見られます。

NHK 12月16日 21時55分




関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント