ちちははのひとこと

2014/ 01/ 15
                 
 利根川を渡る手前の休憩所の電話ボックスから、郷里に電話しました。
 「これから、行くよ」

 「MUCCHANも一緒でしょ」
 電話口に出た、ははのひとことでした。


 「悲しいか」
 ちちのひとことです。

 母から既に聞いていたのでしょう。父は、挨拶する私を見て、「悲しいか」と、問うてくれました。


 
 ご近所のKさんの奥様が、豆柴の幼犬とのお散歩の帰り路、私の家の前を通りました。

 「こんばんは。お名前は?」

 「コロスケです」

 「クッキーは? 」

 「4か月前に・・・」


 Kさんの家には、新しい家族が迎えられていました。
 



或る日の雀
  

 

 




 



 

 
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント