3月3日まで「花久の里・鴻巣びっくりひな祭り」

2014/ 03/ 02
                 
 「花久の里(かきゅうのさと)」のお雛様展示は、明日の3日(月)まででしたので、今日、見に行きました。
 [鴻巣市関新田343.tel 048-569-3811.・休館日:火曜(火曜が国民の祝日に当たる場合は、その翌日).・施設利用時間:9:00~21:30.・庭園開放は17時まで.]

花久の里①門

花久の里⑤会場入り口のお雛様

花久の里②メイン会場全体



鴻巣川幅うどん

  花久の里に出向くときは、いつも、手打うどん屋「花音里(かおり)うどん」のうどんを食べることにしています。
 [定休:火曜.営業/平日11:00~14:00.土・日・祝11:00~15:00]

 部屋の外の通路で椅子に腰かけて、順番待ちをしました。
 お品書きには載っていない、ひなまつり限定とうたった「カレー南ばん・650円」の紙札が、受付台のところに貼ってありました。おひな様祭りの日曜日ということもあり、40分ほど待ってから座席に通されました。
 今日は、一日限定〇△食の「肉汁うどん」で、天ぷら付きにし、「川幅うどん」を注文しました。
 20分弱で、テーブルの上にのっかったのが、「肉汁川幅うどん・天ぷら付き・800円」です。
 お雛様のとき限定の「雛あられ」がついていましたよ。

 ・通路の窓際にも、ずーっとおひな様が並んでいます。庭に雪が残っていました。
花音里うどん②ひな人形シルエット・残雪

 ・うどんの手打ちしているところをガラス戸越しに見ることが出来ます。(この麺は川幅うどんです。)
花音里うどん③手打ちうどん実演

 ・野菜天ぷらは、さつまいも・春菊・タマネギとニンジンのかき揚げの3種でした。
花音里うどん④川幅肉汁うどん・天ぷら付き

 ・「おひなさま祭り」限定の「雛あられ」がついていました。お土産にして、家に戻ってから宏有さんと一緒に頂きました。
花音里うどん⑤雛あられ


つるし雛
 花久の里のお雛様の特徴の一つは、「つるし雛」です。
 奥まった座敷の二部屋に毎年飾られます。

花久の里⑥つるし雛-1-  花久の里⑦つるし雛-2-

花久の里⑧つるし雛-3-  花久の里⑨つるし雛-4-

花久の里⑩つるし雛-5-  花久の里⑪つるし雛-6-

花久の里⑫つるし雛-6-  花久の里⑬つるし雛-7-

 和室に沿った廊下にもビッシリとおひな様が並べられています。 
花久の里⑭  花久の里⑮



ひな人形と花のまち こうのす

鴻巣市HPより
「ひな人形と花のまちPR看板」を設置
 鴻巣市を代表する観光資源を広くPRし、地域経済の活性化並びに観光振興を図ることを目的として、市内JR3駅の駅前広場内(鴻巣駅東口・北鴻巣駅東口・吹上駅北口)に「ひな人形と花のまちPR看板」を設置しました。

看板は表裏両面を使用して、それぞれ設置箇所の地域性を考慮した観光資源写真と関連する花のステンレスアートを取り付けており、3箇所で統一したデザインとなっています。


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント