近隣公園

2014/ 03/ 05
                 
 MUCCHANが、わが家に来て、そんなに経っていない頃のことです。

 「あれっ? ムッチャンが、いなくなっちゃった!」、リバーのお母さんの声です。

 近隣公園どこを見わたしても、彼の姿が見えません。

 チリン、チリン、宏有さんが自転車のベルをならしながら、公園に入ってきました。
 「どうしたの? MUCCHANは、家に戻ってきているよ!」

 リバーは、シエットランドシープドッグです。私が彼女をなでなでしているときに、MUCCHANは、私を置いてけぼりにして、一人家に帰っていたのです。


 わが家に来て、まだ間もない、お互いを見つめ合っている頃のことでした。



 その後も、近隣公園でリバーと会うたびに、私は彼女のふさふさした毛をなでまわしていました。
 「リバー、リバー、ムッチャン、遊ばないんだって!」
 MUCCHANは、リバーと会っても、まったく彼の眼中にないかのように、彼女に近づかなくなりました。
  
 
 彼は、「ジエラシー」という感覚を、無視するという姿で表すようになりました。


 それからしばらくたって、リバーの家族は与野に引っ越していきました。



 「近隣公園」は、市初めての「総合病院」に生まれ変わるというような…お話になっている、昨今の公園の近況です。
 




 
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント