「マンガ古典文学」シリーズ完結

2014/ 03/ 17
                 
 「マンガ古典文学シリーズ」が、2014年3月2日発行の「竹取物語」で完結となりました。
 当初『かげろふの日記-牧美也子-』もシリーズ本として掲げられていたのですが、「・・・著者都合により、企画を中止させて頂きます。」と、「徒然草」巻末のシリーズ紹介欄の一番下に小さく記されていました。



マンガ古典文学
 竹取物語 著者 池田理代子


 大人のための
 古典鑑賞に最適な
 豪華執筆陣!
 [マンガ 古典文学」シリーズ完結
  小学館


 日本最古の"竹取の翁とかぐや姫"の物語が『ベルばら』の池田理代子の筆で華麗なスぺクタルとなって登場!

 巻末寄稿/ドナルド・キーン「ユーモアとリアリズム豊かな最古のフィクション」

 作品解説/関谷浩(駿河台予備学校古文科講師)


竹取物語池田理代子マンガ古典文学


 日本の古典文学が親しみやすい形で今よみがえる!
「マンガ古典文学」シリーズ全巻発売中

古事記〈壱〉〈弐〉 里中満知子  巻末寄稿〈壱〉竹田恒泰〈弐〉阿刀田高

伊勢物語 黒鉄ヒロシ  巻末寄稿橋本治

方丈記 水木しげる  巻末寄稿荒俣宏

源氏物語〈上〉〈中〉〈下〉 花村えい子  巻末寄稿瀬戸内寂聴

徒然草 長谷川法世  巻末寄稿玉村豊男

竹取物語 池田理代子  巻末寄稿ドナルド・キーン





関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント