さきたま緑道 彫刻プロムナード 31

2014/ 05/ 07
                 
 一日の寒暖の差が大きい、今日この頃です。
 昨日と、今日など、日々の最高気温の差も随分と違いがありますね。

 風邪などめさぬよう、毎日の健康管理に留意され、お過ごしください。



森の精 -2-  埼玉県美術家協会賞
森の精 ⑤

森の精 ⑥

森の精 ⑦
 藤巻秀正 (新潟県) 

[ 「長い一夜の眠りからめざめた森から、小鳥たちのコーラスが始まり、森の妖精たちがにこやかに語りかけ飛び回る。古の武蔵野のおもかげに捧げる」 こんな気持ちで制作しました。
  藤巻秀正 」


 17号線にまたがる歩道橋には、2体の彫刻が設置されています。
 この場所の彫刻は、サイズが大きなもの、幅が広いもの、面積が広いものなどは、置くことが出来ませんから、そういう意味合いにおいては、随分と制限された彫刻作品となっています。
 ですが、こういう場所に設置されたということは、50体の作品群の中から、選りすぐられたゆゑの彫刻として、とても印象深く、そして趣きを感じました。
 同じような時間帯でカメラを向けても、カメラアングルにより、様々な表情や雰囲気を醸し出します。







 
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント