さきたま緑道 彫刻プロムナード 32

2014/ 05/ 08
                 
 さきたま緑道に並んで流れる武蔵水路。
 利根川の水を荒川まで運ぶ、人工の河川です。

 「武蔵水路」について
首都圏の人々の暮らしを支える水。
それが遠く利根川から運ばれているのをご存知ですか?
利根川の豊かな水を、埼玉、東京を経て東京湾へと注ぐ荒川へ。
交わることなく流れる2つの川を結ぶのは、全長14.5kmの一本の水路。
それが「武蔵水路」です。 と、「独立行政法人水資源機構 利根導水総合事務所 武蔵水路改築事務所」のhpに書かれています。
 
 現在、武蔵水路は改築中です。工事予定期間は平成28年の3月までとなっています。平成21年8月11日付の、「事業実施計画が国土交通大臣により認可」された時点での費用の概算額は約700億円となっていました。

 
 4.5kmのさきたま緑道ですが、武蔵水路は14.5kmあり、その水路と県道(埼玉県道306号線区間が8.4km、埼玉県道20号線との重複区間が6.1km)と平行して植えられているのが、桜の木です。満開の時の延々と続く桜並木の壮観さは、見事というほかはありません。



 国道17号線から県道306号線に入るところに、歩道橋がかかっています。
 この歩道橋に、彫刻2体が設置されていますが、最初に目にとまるのが、この彫刻となります。
 「さきたま緑道 彫刻プロムナード」の始まりです。


風のと(音) -1- 鴻巣市長賞
風のと(音)①

風のと(音)③

風のと(音)④

[ 埼玉の文化発祥の地「さきたま」にちなみ、古代から現代に流れる「風」をテーマにまとめてみました。細かい体の線に加え、吹く風になびく髪とコスチュウムを作り、材質もブロンズよりも軽い、AC7Aの鋳造を試みました。題名の「風のと」は、万葉の東歌から引用したものです。
   斎藤馨 ]


風のと ⑦

風のと⑨

風のと⑧








関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント