ジャガイモとベーコン

2014/ 06/ 01
                 
 あねが、「バターも添えるのでしょ」といった言葉が耳元から離れませんでした。

 前回つくったのは、テレビの簡単料理の作り方そのもので調理しました。
 ①大きいジャガイモを3コ用意し、外側の皮は剥かずに、ベーコンが挟み込まれる開き口を5つほど作る。
 ②塊のベーコンを、15コに切り分け、それぞれのジャガイモの切り口に、挟み込む。
 ③オーブン(またはオーブントースター)で、30分焼く。
 以上で出来上がりです。
 美味しかったですよ。
 好みにより、アツアツのジャガイモにちょっとお醤油をたらすと、更に旨さが引き立つことになりました。

 今回、手元にあるのは、「ハム工房 ぐろーばる」のベーコンの塊です。
 (ついつい大手メーカーのベーコンの味と、比較してしまいます。)
 なお一層、美味しくなることは判りきっていましたが、あねの言葉をヒントにして、ちょっと味付けに工夫をしてみました。
 (❀手を新たに加えたのは、下ごしらえだけです。)
 ①バターを薄切りにして数個に切り分けてからジャガイモの上にのせ、胡椒(粗挽きブラックペッパー)、塩(岩塩)をふりかける。最期にスパイス(隠し味)をちょっと加える。
 ②皿の周りにオニオンスライスを敷き詰め、赤ワインを適度に加える。某調味料2種をふりかける。

 更に美味しくなった、ジャガイモとベーコン焼きでした。

 今回は隠し味や調味料を加えて成功しました。
 隠し味に使うものや、加えた調味料が、ときおり相性に合わないこともありますが、相変わらず、試行錯誤しながら、厨房生活も楽しんでいます。

 暑くなりました。

 冷やし中華の作り方も、各ご家庭で、創意工夫されておられることでしょう。
 あなたの家の定番冷やし中華は、どんなお味で、どんな食材を使っていますか。



 
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント