ブラジルの三大料理

2014/ 06/ 23
                 

ブラジル料理で有名な、「シュラスコ」、「フェイジョアーダ」、「フェイジョン」。
シュラスコは、串焼き肉料理で、ブラジル南部料理。
南東部料理として名高い、「フェイジョアーダ」は、豆や肉類などを煮込んだ料理。
「フェイジョン」は、本来、豆だけを煮込んだ料理とのことです。
今回は、『ロディオグリル』の「シュラスコ7種類食べ放題」にチャレンジ。
・シュラスココース:①ソーセージ、②牛チボ、③牛バラ、④チキン心臓、⑤手羽先、
⑥豚モモ、⑦牛ステーキ、⑧パイナップル、⑨シナモン。
・ビュッフェメニューの中に、フェイジョア-ダ、フェイジョンなど、盛りだくさん並んでいます。
デザートも置いてあります。
『ロディオグリル』: 群馬県邑楽郡大泉町坂田3-12-10.スーパータカラ店内.
 ℡ 0276-62-2600。
・ご留意ください…時間制限90分で、食べ残し100gにつき250円。
・ドリンクは別料金です。
ちなみに、ブラジルに行った折に頼んだブラジル特有の甘ったるいホットコーヒーを、
久しぶりに飲もうと思い、オーダーしたのですが、日本で飲むコーヒーそのものの味と
香りだったのが、とっても残念でした。
・ビュッヘコースだけを選択することも出来ます。
スーパータカラ店でも、お土産を買い求めました。
「パルミット(ヤシの新芽)」のカンヅメと、「レッドビート」の酢漬けビンヅメの2種です。
※レッドビート:(外見は赤蕪に似ている)食用に改良されたアカザ科のビートの根。

ロデイオグリル①

ロデイオグリル②

ロデイオグリル③

ロデイオグリル④

ロデイオグリル⑦

ロデイオグリル⑧

ロデイオグリル⑤

ロデイオグリル⑥
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント