FC2ブログ
        

古代蓮の里「世界の蓮」シリーズ 王子蓮 「 Ojibasu 」の名の由来

2021/ 07/ 25
                 


 花托から果託への道蓮花の辿りゆく先安寧を祈る


 32-2 王子蓮.


ここ行田の古代蓮の里「世界の蓮園」の「王子蓮」は、アメリカ産の王子蓮(黄蓮系統)と東洋産の紅蓮系統との交雑品種で、花色は淡黄のクリーム色です。既に開花は終わっていました。

 32-1 王子蓮説明

王子蓮の名前の由来について、阪本祐二著『蓮』に詳しく著されていますので、お目通しください。
なお、文中の「皇太子ご夫妻」とある個所は,追記のカッコ書き、(現「上皇・上皇后両陛下」)と表示されるとご理解ください。

 世界の蓮園
 〈行田古代蓮の里「世界の蓮園」西側ゾーン〉



 『蓮』:阪本祐二著/法政大学出版局発行
〈1960年秋、米国コロラド州デンバー市在住の日系米人 小川一郎氏(ichiro,Ogawa,1926-)が、訪米の皇太子ご夫妻に依頼し、日本にアメリカ産ハス(Nelumbo pentapetala)の実を導入された。
大賀一郎博士は1961年にこれを発芽、育成し、翌年筆者に分根し、同年開花させた。
アメリカハスは大正年間に一時導入されたが絶えて、日本では久しく黄色のハスを
見受けなかったが、これによってアメリカハスが再び日本に根づくことになった。
この実はエバース博士(Robert A. Evers)がイリノイ州のミシシッピ川流域にあるバルメヤー(Valmeyer)付近で採集したもので、花色は淡黄色であるがややクリーム色を呈し、弁は大きい。レンコンも白くかつ大きいし、実もいくらか大きく、バージニア産のアメリカハスとは異なった形態を示している。花の開閉にも特徴があって、閉じる時、各弁が不規則な閉じ方をするところから、バージニア産のアメリカハスと区別して「王子蓮」と呼称している。
これには皇太子ご夫妻の導入によるものという意味がこめられているものである。
この種はミシシッピ川上流ウィスコン州のネルソン湖付近まで大群生をなして生育しているが、日本では珍しく、はじめての品種である。しかし日本の風土では腐敗病菌におかされやすく、栽培には十分注意しなければ枯死させてしまうおそれがある。〉


                 
        

古代蓮の里「世界の蓮」シリーズ 西光寺白蓮 /織田家ゆかりの蓮 西光寺白蓮 「花の公園・俳句 ing」 

2021/ 07/ 24
                 

 西光寺白蓮辿る便りあり織田家所縁と思い彼方に


 30-3西光寺白蓮2

 白蓮を思い起こすは柳原名づけることの意味を語るや


 30-2西光寺白蓮説明

 30-4西光寺白蓮3


様々な種類の白い蓮の花が咲いている、行田「古代蓮の里」。
「西光寺白蓮〈さいこうじびゃくれん〉もその一つです。
その名前の由来の出所はと思い検索しましたところ、「花の公園・俳句 ing」さまのブログに辿り着きました。
ご紹介させて頂きます。


 30-1早朝.



 花の公園・俳句 ing

日本は素晴しい花の国。美しい花々と公園、四季折々の風景を記録したいと思います。我流の俳句は06年3月12日からです。
織田家ゆかりの蓮 西光寺白蓮
2007年08月03日 22時53分54秒 | 蓮・スイレン  

やや細めの花弁がいかにも涼しげな、西光寺白蓮 saikoji byakuren。
これを撮ってしばらくしてからアップしようと思い、由来などを
調べたのですがほとんど出てきませんでした。
行田古代蓮の里のハスではこういうケースは稀で、ちょっと残念なので
問い合わせてみることにしました。

日本花蓮協会HPで大阪府和泉市の西光寺に伝わる蓮、ということだけは
分かりましたが、同市に2つ同名の寺がありました。
どちらかと考えて同市伯太町 (はかたちょう) の西光寺のようなので、
手紙で問い合わせたところ、うれしいことに返事が返ってきました。
しかし蓮の花の枚数や色合いなどしか書かれておらず、すこし
がっかりしました。

このままにしようかとも思ったのですが、きっと何か由来があるものと思い、
西光寺に電話を掛けてみました。
すると住職 とお話しすることができました。
住職は見も知らぬ私の問い合わせを何に利用するのかと訝ったようです。
それも全くもっともなことで、あらためて私のブログの趣旨を説明した
ところ、ようやくご理解をいただき、今日になって詳細な由緒をFax
していただきました。

それは予想以上に素晴らしい内容でした。 御礼の意味をこめて全文を
ここに紹介します。


  西光寺白蓮の由来    大阪府和泉市伯太町5丁目13-18

   當寺の中興、聞了法師は元禄6年 (1693) 9月大和国式上郡柳本 (奈良県
   天理市) より入寺の時、織田家の菩提寺専明院 (織田長益・有楽斎の二子、
   尚長公からの菩提寺) より持参の蓮を今に伝える。 藩主遺愛の蓮。
   花の形質 : 花弁数20~26枚の純白の一重咲きで外側の花弁は薄黄緑色で
   中型。 開花は6月下旬から8月中旬。

  聞了法師のこと

   寛文8年(1668)8月19日 柳本藩織田家中 逵(おおじ=rocky注)五郎
   右衛門道玄の二子、幼名孝丸、元服して道祐と名を改める。 18歳のとき
   専明院にて剃髪、聞了という法名をいただく。 元禄6年9月和泉国泉郡
   伯太村へ入寺する。 同10年3月、渡辺備中守基綱公より寺領を拝領。
   正徳2年 (1712) 12月本堂を再建し、その他堂宇を整備したので
   当寺中興の祖と崇められた。
   享保15年 (1730) 11月28日 行年63歳であった。

とのことです。
住職は遠慮されたのか氏名を書いておられません。

織田有楽斎長益は織田信長の末弟、関が原では東軍に与して大名となり、
しかし豊臣秀頼にも出仕したとのこと。
その四男五男の二人は父の隠居に際し分封されて大名に列したそうで、
五男が柳本藩祖尚長公です。
そして柳本藩は明治の廃藩置県まで続いたそうです。

分封の時には存命だった織田有楽斎もこの蓮を目にしていたのかも
知れません。
柳本藩織田家藩主遺愛の蓮が、三百数十年の時を越えて行田の地に
美しい白華を咲かせているのでした。
     (埼玉県行田市 古代蓮の里 070707)

(追伸) この記事をプリントしてお送りしたら、丁寧なお電話を頂戴しました。
    お名前の成教は「じょうきょう」、伯太町は「はかたちょう」と読むそうで、
    訂正しました。
    私より10歳ほど年長で、若い頃は京大阪奈良の古刹の珍しい蓮を訪ね
    たそうですが、なかなか教えてもらえなかったそうです。
    今回の私の問い合わせに応えていただいたのは、そんな頃のことを思い出して
    同情していただいたのかもしれません。

    そうしていろいろな花蓮を収集したのだそうで、大学の先生が何度も訪問
    するほど多様な品種があったそうです。
    今は世話をしかねて、ほとんど人に差し上げてしまったとのことでした。
    機会があったらぜひ一度この藤田成教和尚にお会いしたいと思っています。 
      (8月7日)


                 
        

古代蓮の里 「世界の蓮」シリーズ 白万々〈はくまんまん〉

2021/ 07/ 23
                 

 縁起良し白万々に出会えた日


 200-2白万々 - コピー


 「世界の蓮園」では、40種類、約2万株を見ることができます。
開花時期がそれぞれ異なりますので、いわゆる「見ごろ」という言い方は適切にはなりえない「世界の蓮園」のゾーンです。
ついさきごろ、白万々が開花しました。


 200-1白万々 - コピ説明文

 200-3白万々 - コピー

 



〈☆行田「古代蓮の里」公式サイトより☆〉
世界の蓮園(40種類、約2万株)

1.真如蓮(しんにょれん)

白蓮系統
大型 一重
花弁 18~24枚
花色は白で外弁は常緑色を呈する。花容は気品があり白蓮の貴公子と呼ばれている。江戸時代から伝わる。

2.西光寺白蓮(さいこうじびゃくれん)

白蓮系統
普通 一重
花弁 20~26枚
花色は純白で外弁はわずかに緑色を帯びている。大阪府和泉市の西光寺に伝えられている白蓮。

3.白万々(はくまんまん)

白蓮系統
大型 八重
花弁 100~120枚
花弁は蕾から開花直前頃までは緑色を帯びているが、開花後は純白となる。江戸時代から伝わる。

4.酔妃蓮(すいひれん)

爪紅蓮系統
大型 一重
花弁 20枚前後
開花初期は全体にピンク色をしているが次第に白となり、先端だけピンク色が残る。酔ったお妃の顔のように見える。江戸時代から伝わる。

5.毎葉蓮(まいようれん)

紅蓮系統
普通 一重
花弁 20枚前後
花色は濃いピンク色で条線は鮮明。各立葉毎に花をつけるほど花つきが良いことからこの名がつけられた。江戸時代から伝わる。

6.瑞光蓮(ずいこうれん)

爪紅蓮系統
普通 一重
花弁 14~18枚
花色は白い地にピンク色の爪紅となる。開花初日はピンク色が比較的濃く、その後後退し白粉の様な白さとなる。

7.碧台蓮(へきだいれん)

白蓮系統
普通 八重
花弁 100枚~120枚
花色は白色でやや緑色を帯びている。江戸時代から伝わる。

8.一天四海(いってんしかい)

斑蓮系統
大型 一重
花弁 15枚~18枚
花色はやや黄色味のある白色の緑に紫紅色の不規則な帯状の紋が入る斑蓮。花弁の表と裏では紋の形が異なる。一天四海とは、全世界を意味する。

9.原始蓮(げんしはす)

紅蓮系統
大型 一重
花弁 25枚前後
花色は濃いピンクで退色が早く花弁基部近くは白くなり条線は鮮明。大賀一郎博士が原始的な蓮として命名した。大阪府指定天然記念物。

10.姫蓮(ひめはす)

紅蓮系統
普通 一重
花弁 14~18枚
花色は濃いピンクで条線は鮮明。比較的小型。花つきが良い。

11.即非蓮(そくひれん)

紅蓮系統
小型 一重
花弁 20枚前後
花色は桃色で条線は鮮明。江戸時代の初めに中国の僧、即非禅師が招来したとされる蓮。

12.誠蓮(まことはす)

紅蓮系統
普通 八重
花弁 120枚前後
花色は鮮やかなピンク。お盆の切花用として栽培されている。品種登録第1号の蓮。

13.天上蓮(てんじょうれん)

紅蓮系統
普通 八重
花弁 80枚前後
花色はピンクで花弁基部はやや白。雌ずいが突出する異形雌ずいとなるものが多い。江戸時代から伝わる。

14.漁山紅蓮(ぎょざんこうれん)

紅蓮系統
普通 一重
花弁 15枚前後
花色は桃色で条線は鮮明。漁山は声明(僧が仏の徳をたたえて節をつけて唱える)の起源地として伝説に残る中国の地。

15.王子蓮(おうじはす)

黄紅蓮系統
大型 一重
花弁 24~26枚
花色は淡黄のクリーム色。アメリカ産の王子蓮(黄蓮系統)と東洋産の紅蓮系統との交雑品種。

16.舞妃蓮(まいひれん)

黄紅蓮系統
大型 一重
花弁 20~25枚
花色は淡黄色のボカシに淡紅色が入る。黄蓮系統の王子蓮と大賀蓮との交雑品種。1966年阪本祐二氏作出。

17.明光蓮(めいこうれん)

紅蓮系統
普通 一重
花弁 16~20枚
花色は濃いピンクで、花弁基部にわずかに黄色が見られ退色は遅く、3~4日目に淡いピンク色となる。蜀紅蓮と舞妃蓮の交雑品種。1971年阪本祐二氏作出。

18.大賀蓮(おおがはす)

紅蓮系統
大型 一重
花弁 14枚~18枚
花色は鮮やかなピンク色・1951年、大賀一郎博士が発掘した実より咲いた花。千葉県指定天然記念物。

19.インド蓮(いんどはす)

爪紅蓮系統
普通 一重
インドのプラカシュ・シャー駐日大使が行田市の古代蓮の自生地を訪れた際に贈られた種子から開花した蓮。

20.中国古代蓮(ちゅうごくこだいはす)

一重
花弁 24~26枚
花弁はやや細く、花色はピンクで条線は不鮮明。花径は26cm程度。淡紅色で、花容は非常に優雅。

21.巨椋の白鳥 (おぐらのはくちょう)

大型 一重
花弁 20枚前後
花色は白色。花托上面は濃緑で内弁数枚が内側に曲がっている。花径は26cm前後。

22.錦蘂蓮(きんずいれん)

八重
花弁 100~120枚
花径18~20cm前後の中型。花色は鮮やかな赤で、花弁基部は白色を呈す。条線は鮮明。

23.輪王蓮(りんのうれん)

一重
花弁 16~20枚
花色は全般に白が優先し、そこに淡黄色が入る。花弁の基部は黄色。花径は14cm前後。

24.西湖蓮(さいこれん)

八重
花弁 100~120枚
外弁は幅が広く、少し常緑色。花径は18~20cm。花色は白。

25.嘉祥蓮(かしょうれん)

一重
花弁 20枚前後
花径22~25cm前後の爪紅種。白地に紫紅色の爪紅で開花初期は赤紫色であるが、次第に退色して白くなり条線が目立つようになる。

26.韓国景福宮蓮(かんこくけいふくきゅうれん)

一重
花弁 18~20枚
花径26~28cmの大型の爪紅種。花色は白地に紫紅色の爪紅となる。

27.アメリカ黄蓮(あめりかおうれん)

一重
花弁 17~20枚
花径24~26cm。花色は黄色。

28.アメリカ白蓮(あめりかびゃくれん)

一重
花弁 18~20枚
花径は28cm前後の大型種。全般に白色、花弁基部は淡黄色。外弁は常緑黄色。

29.緑地美人(りょくちびじん)

一重
花弁 15~24枚
花径20~23cm。開花初期の花色は黄色味がかかった紅色で徐々に淡くなり爪紅状に変化。東京大学に琴台歌手とアメリカ黄連を交配し作出。

30.桜蓮(おうれん)

一重
花弁 14~18枚
花径は20~23cmの中型。花色は咲き始めは紅色。退色早く淡くなる。条線は不鮮明。

31.漢蓮 (かんれん)

八重
花弁 50~100枚
花径3~8cmと小さくわが国最小の品種。花色は白色。

32.剣舞蓮(けんまいれん)

一重
花弁 18~20枚
花径は大型で花は白に近い黄白色。

33.紅万々(こうまんまん)

八重
花弁 100~120枚
花径27~30cmの大型。花色は鮮やかな赤で、花弁基部は白色。条線は不鮮明。

34.小舞妃蓮(しょうまいひれん)

一重
花弁 16~18枚
花径18~20cm。花色は淡黄色で弁先は紫紅色。

35.ヴァージニア蓮(ばぁーじにあはす)

一重
花弁 22~26枚
花径は14~20cmの中・小型のキバナバス系。花色は花バスの中で最も濃い黄色。

36.カスピカム(かすぴかむ)

一重
花弁 23~25枚
花径は24~26cmと大型。花色はやや濃い紅色。ロシアの花。

37.大洒錦(たいせいきん)

八重
花弁 70~100枚
花径は大型で花色は斑。

38.青菱紅蓮(あおびしこうれん)

一重
花弁15~17枚
花色は紫紅色。

39.ミセス・スローカム(みせす・すろーかむ)

八重
花弁 70~100枚
黄紅系で唯一の八重咲種。花色は淡黄色のぼかしに淡紅色が入る。花径は26~28cmと大型。

40.千弁蓮(せんべんれん)

千弁咲
花弁 2000~3500枚
花径は24~26cm。花色は桃色から紫紅色。


                 
        

行田市古代蓮の里 「世界の蓮」シリーズ イントロダクション

2021/ 07/ 22
                 

 さきたまの古代に偲ぶ蓮の舞い


 113古代蓮の里3


 埼玉県名の発祥の地ともいわれている、 「埼玉」と書いて「さきたま」と読む地名が行田市にあります。

 111古代蓮の里1


 「古代蓮の里」は、東京ドームの約3個分の広さ〈14ヘクタール〉を持った公園です。
 敷地の一部は国有地となっています。

 ・古代蓮池〈東〉:3200㎡
 ・古代蓮池〈西〉:1800㎡
 ・水鳥の池:5600㎡
 ・水生植物園:5700㎡
 ・世界の蓮園:1750㎡
 ・釣り堀:3600㎡〈東1800㎡.西1800㎡〉
 ・駐車場498台〈西側356台.北側142台〉

 112古代蓮の里 2



古代蓮の里 
 〒361-0024 埼玉県行田市大字小針2375番地1
 電話:048-559-0770 ファクス:048-559-0784


 古代蓮の里 (公園)
終日開放しています。
駐車場
終日開放しています。(蓮の開花時期は5:00〜14:00まで有料。)

古代蓮会館
通常期
(6月中旬~8月上旬以外) 9:00~16:30 (受付16:00まで)
蓮の開花期
(6月中旬~8月上旬) 7:00~16:30 (受付16:00まで)
早朝開館
プレミアムイベント期間
(11月下旬~12月下旬) 平日 9:00~19:30 (受付19:00まで)
土日祝 9:00~20:30(受付20:00まで)
イルミネーションと夜景をご覧いただけます。
初日の出
(1月1日) 6:00~9:00

 114古代蓮の里4

 7月の休業日
古代蓮会館 休業日なし
売店
うどん店
7月の営業時間
古代蓮会館 7:00~16:30
(受付16:00まで)
売店 7:00~16:00
うどん店 9:00~14:00



                 
        

早き朝に蜻蛉の翅に惹かれる

2021/ 07/ 21
                 

 朝早き蜻蛉の翅の漣の遠く遠くに楽園のある


 5トンボ1.


いかがお過ごしですか。
ご息女は、結婚された由、風の便りが届いています。

 6トンボ2.