FC2ブログ
        

微笑みの円空仏

2020/ 09/ 27
                 

 円空の忿怒と微笑彫刻の仏唇仰ぎ見て知る


 観音座像 円空仏
 〈観音座像 北海道・洞爺湖観音島〉
 

今、全国に残る円空仏は4,500余りとききます。
北海道、東北、関東、長野、岐阜、愛知、そして近畿地方まで、円空は、三十路を超えて旅立ちました。
円空は、寛文6年(1666年)にえぞ地といわれた北海道に渡り、冬を越して1年余り、ノミを振るっています。
 4年の足跡を遺す関東での円空は、赤城、榛名、妙義の上毛三山、そして日光二荒山などを中心に巡っています。

 不動明王座像 妙義神社
 〈不動明王座像 群馬・妙義神社〉


 時に、延宝8年(1680年)ごろ、円空50歳前後の、修行と造像の日々でありました。




  賓頭盧像〔自刻像〕〈丹生川村・千光寺〉
 円空仏 賓頭盧像〔自刻像〕

 見れば見るほど、円空の微笑像の唇は優しい。飾らぬ声で、優しい慰めの、励ましの、いたわりのことばが、次から次へあふれるように唇からこぼれてくる。これほど多弁な唇を、ほかには知らない。
 たぶん、円空は唇を刻みながら、弱者に向かって優しいことばをあふれるばかりに発していたのだろう。
 数多い円空仏から一つだけを選べといわれると、しかたない、わたしは微笑みする唇しかない。・・・と、早坂暁は記しています。


                 
        

熊谷の藍 夏新そばの香りが鼻腔を擽る

2020/ 09/ 26
                 

 香り立つ夏新そばに舌鼓


 20200924自家製トーフ 藍

 20200924本日のおまかせ料理3藍
 〈最初に供されたのが「本日のおまかせ」〉

 秋新の方が夏新に比べて、香りがたつといわれています。
 この日、久しぶりに熊谷の藍に行きました。

 20200924赤城夏新そば1 藍 本日の産地

 十割そばは、群馬の赤城と、長野の松本の2種類でした。
 赤城産は、夏新でした。

 20200924赤城夏新そば6 藍 本日の産地
 〈せいろ:赤城〉

 口に含む前に、そばの香りが鼻腔を擽りました。

 20200924藍せいろ、小盛せいろ
 〈そばは、小盛せいろが最初に出て来ました〉

 
 今まではのど越しに香りを感じたことはありますが、今回のようにかむまえに、香りを嗅ぐことができたのは生まれて初めてのこととなりました。
 どういった挽き方をしているのでしょうか。


 20200924松本産 藍④ 本日の産地
 〈小盛せいろ:松本〉
                 
        

十数年ぶりの荒川河川敷ゴルフ練習場

2020/ 09/ 25
                 

 久しぶりメールで案内ゴルフ会風の便りとなしのつぶてと


  20200922河川敷


 この日は、十何年ぶりかで、荒川河川敷にあるゴルフ練習場に行ってきました。

 国道17号線沿いにあるリカーショップで買い物をしようと思ったのですが、目をつけていた品の数々がとてもじゃないけどリーズナブルなお値段とは思えなかったので、店内をぐるっと一回りしただけで終わりました。
 車に戻って思い出したのが、荒川河川敷のゴルフ練習場です。
 何百ヤード飛ばしても、境界線には届かない奥行きの深さと広さが、写真を見てお分かりになることと思います。


                 
        

タラの木の花、見たことありますか・・・

2020/ 09/ 24
                 

 この時期に花咲くタラに来春の盛りだくさんの天ぷら夢む


 20200921タラの木の花5


 キウイフルーツの枝々の葉とともに、庭の木陰を作っているタラノ木には、今、たくさんの花が咲いています。



                 
        

住まば都 住めば都

2020/ 09/ 23
                 

 四連休外出先は人の山行きはよいよい帰りはこわい


 20200923白い花


 この四連休、昨年と比べて訪問客が多いところが随分とあった観光地。
 特に、東京からの全国あちこちに外出した人々が多かった、と、テレビの報道が目につきました。


 「住まば都」:同じ住むならば都の方がよいということ。
 「住めば都」:たとえ不便な土地でも、住み慣れれば愛着もわき、都のように住みよくなってくるものであるということ。
 僅か一時の違いなのに、その意味するところは全然異なります。
 ボタンの穴一つ掛け間違っても、周りから見れば、異なものと直ぐ見て取れます。
 周りの目に気付くのも本人、気付かないのも本人。