FC2ブログ
        

行田 八幡山古墳石室 武蔵野の石舞台

2020/ 03/ 31
                 
 石室に思いめぐらすロマンの香歴史を辿りむさしの遥か

 10-1八幡山古墳石室

 八幡山古墳石室は、奈良県明日香村の石舞台古墳に匹敵する巨大な岩室の遺構です。

 10-6八幡山古墳石室に上がって

 石室内の公開は、土曜日・日曜日・祝日〔年末年始を除く〕となっていましたが、この日の日曜日、鍵がかかっていて中に入ることはできませんでした。〈「臨時休館 3月15日(日)まで」〉の掲示はされていましたが。〉

 10-3八幡山古墳石室入口

 

 八幡山古墳石室

八幡山古墳は、この周辺に広がる若小玉古墳群(わかこだまこふんぐん)の中心となる古墳で、7世紀前半に造られた直径約80mの大型の円墳と推定されています。
昭和9年(1934)に、約2km東にあった小針沼(こばりぬま)の干拓事業のため古墳の封土を崩した際に、石室が現れました。翌年の発掘調査の結果、石室はほぼ南北に位置し、南を正面とする前・中・後室の3室からなる全長16.7mの巨大な石室であることが明らかになりました。各室とも秩父地方から運搬された巨大な緑泥片岩(りょくでいへんがん)と安山岩で築造されています。その後、昭和52年から54年に発掘調査と復元整備が行われて現在の姿になっています。

 10-5八幡山古墳石室 積み石

発掘調査では最高級の棺である漆塗木棺(うるしぬりもっかん)の破片や銅鋺(どうわん)など豪華な遺物が発見されており、この古墳に葬られた人物がかなりの権力者であったと考えられることから、「聖徳太子伝暦(しょうとくたいしでんりゃく)」に登場する武蔵国造物部連兄磨(むさしのくにのみやつこもののべのむらじあにまろ)の墓と推測する説もあります。奈良県明日香村の石舞台古墳(いしぶたいこふん)に匹敵する巨大な石室であることから、「関東の石舞台」とも呼ばれています。

 10-4八幡山古墳 積み石に雪


 八幡山古墳石室
• 読み はちまんやまこふんせきしつ
• 区分 県指定記念物
• 種別 史跡
• 所在地 行田市藤原町1-27-2
• 時代 古墳
• 形状 石室全長16.7m
• 公開/非公開 公開( 石室内の公開は土曜日・日曜日・祝日〔年末年始を除く〕)
• 指定年月日 昭和19年3月31日
~ 行田市教育委員会公式サイトによる ~

 10-2八幡山古墳桜の枝に雪が

                 
        

雪景色「埼玉古墳群」~国指定記念物「特別史跡」~

2020/ 03/ 30
                 
 春の雪さきたまの地に残り香を

 雪景色さきたまの春あれこれと


 1-3丸墓山古墳 菜の花



 雪の降った令和2年3月29日、近隣のさきたま名所旧跡を幾つかたどってきました。
安楽寺〈吉見観音〉三重塔(総高24.3m.350年ほど前の寛永年間建立.県指定有形文化財.吉見町御所374.)、成就院三重塔(総高11.18m.享保14年〈1729年〉建立.県指定有形文化財.行田市長野7618.)、埼玉古墳群(「金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)」など多くの副葬品が出土、昭和58年に一括して国宝に指定 . 行田市埼玉4834.)、八幡山古墳石室(〈はちまんやまこふんせきしつ〉.石室全長16.7m.県指定記念物.行田市藤原町1-27-2.)
 の順に足を延ばしました。
 雪にすっぽりとつつまれてとはいかなかったのですが、それでも、春のさきたま雪景色の一コマ一コマとはなったように思います。


 
令和2年3月10日、「埼玉古墳群」は国の「特別史跡」に指定されました。

埼玉古墳群(さきたまこふんぐん)は、大型円墳と武蔵国最大の前方後円墳を含む9基の大型古墳が群集しています。かつては、40基ほどの大小の古墳が造られたことがわかっており、出土した遺物から5世紀後半から7世紀初めごろまでの約150年間に次々と造られたと考えられています。
丸墓山古墳(まるはかやまこふん):日本で最大級の円墳で、墳丘径105m、墳丘高17.2m、豊臣秀吉が天下統一を進める1590年、家臣の石田三成が忍城を水攻めにする際に、忍城がよく見えるこの頂上に陣を張ったといわれています。

 1-2丸墓山古墳 沼を前に

二子山古墳:墳丘長132.2mの前方後円墳で、武蔵国の中で最大の規模を誇り、二重の堀を含めた長さは240m以上あります。

 2-1 稲荷山古墳前

稲荷山古墳:墳丘主軸長120mの前方後円墳で、県内でも3番目の規模を誇ります。昭和43年の発掘調査の際、「金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)」など多くの副葬品が出土しましたが、昭和58年に一括して国宝に指定され、県立さきたま史跡の博物館の国宝展示室に展示されています。

 2-2稲荷山古墳後

鉄砲山古墳:墳丘長107.6mの前方後円墳で、墳丘周囲の調査の際に円筒埴輪、土器が出土しており、6世紀後半に造られたと推定されています。

 3-4水鳥その2

将軍山古墳:全長90mの前方後円墳で、明治27年に後円部より横穴式石室が発見され、武器、馬具、銅鋺(どうわん)などが多数出土しています。平成9年に石室内部が見学できる展示館としてオープンしました。

 3-1埼玉古墳公園風景

中の山古墳:墳丘主軸長79m、埼玉古墳群で最後に造られた前方後円墳と考えられ、名称は渡柳地区にある3つの古墳(他に奥の山古墳と戸場口山古墳)の真ん中にあたることに由来しています。須恵質埴輪壺が出土しています。

 3-9沼その2

瓦塚古墳:墳丘主軸長73.4mの前方後円墳で、墳丘や中堤(ちゅうてい:土手)から人物埴輪、水鳥埴輪、家型埴輪などが多数出土しています。

 3-7水鳥二羽

奥の山古墳:墳丘主軸長66.4mの前方後円墳で、平成19年の発掘調査で二重周堀であることが確認されました。

 3-8沼

愛宕山古墳:墳丘長概ね53mの前方後円墳で、人物埴輪、形象埴輪、馬形埴輪、円筒埴輪が出土しており、大型古墳に立てられた円筒埴輪に比べ小さいのが特徴です。

 3-6水鳥その4.

※墳丘規模の引用:H30.1.31発行 編集 埼玉県立さきたま史跡の博物館「史跡埼玉古墳群 総括報告書Ⅰ」
 ~行田市公式サイトによる~

 1-4丸墓山古墳.

                 
        

ちぢれ髪の男子埴輪 鴻巣市生出塚遺跡出土

2020/ 03/ 29
                 
 ちぢれ髪埴輪に見るにその昔海を渡って日の本に生き


 4-1 全体ちぢれ髪の男子埴輪


 4-2.強調 ちぢれ髪の男子埴輪


  4-4 ちぢれ髪の男子 頭部
 

 国指定生出塚(おいねづか)遺跡〈鴻巣市東・天神〉出土品(70点)は、クレアこうのす1階の歴史民俗資料コーナーに常設展示されています。

 クレアこうのす
  住所/鴻巣市中央29-1
  電話/048-540-0540
  休館日/火曜日
  無料駐車場/140台(大型可)
                 
        

今年最初のタラの芽の天ぷら 

2020/ 03/ 28
                 

 頂いたタラの木二ついつのまに芽吹く枝々春真っ盛り

 1-3 タラの芽の天ぷら


 ネコの額ほどの我が家の庭なのにもかかわらず、まだ小さい木も含めると、いつの間にやら十数本のタラの木が生育しています。

 1-2 タラの芽その2 

 3月26日、今年最初の新芽の天ぷらとなりました。

 1-1 タラの芽の収穫.

                 
        

元荒川の桜並木 「一度は見に行きたい日本の桜名所&名桜700選」

2020/ 03/ 27
                 
  身にまとう春ひの午後ののたりかな

  昼下がり見ごろかどうか花筏

 1-3お花見

 2-1-1花筏


毎月15日発行となっている市の広報が、3月26日の午前、郵便受けに入っていました。

 1-1-2貨物列車

 表紙のタイトルは、「桜が見ごろを迎えます」。※詳細は裏表紙をご覧下さい。
 と記されていましたので、裏面を見たところ、
 「今年は、暖冬の影響により例年と比べて早く見頃を迎えます。市内の桜は、3月下旬に見頃を迎えますので、市民の皆さんも天気の良い日にお出掛けしてみてはいかがですか?」と書かれていました。

 4-1魚釣り 母親と男の子.


 買い物を午前中にすませ、昼食を家でとってから、元荒川の桜を見に行きました。
 ここの桜並木は「一度は見に行きたい日本の桜名所&名桜700選」に選定されています。

 1-2列車

 一日晴れの天気予報。
 平日の穏やかな午後、気温はどこまで上昇したのでしょうか。

 4-4記念撮影 ぬいぐるみ

歩きっぱなしの私としては汗ばむほどの陽気となりました。

 3-1 新佐賀橋
   土木遺産 新佐賀橋
6-1土木遺産 新佐賀橋  紹介記事


勿論、私以外の皆さんは、三々五々、ゆるりと寛いでいました。

 4-8家族と一緒