FC2ブログ
        

渡邊紗鷗の書  伊東参州 

2019/ 12/ 06
                 
 東海紗鷗の書  
    伊東参州

 3 足下雲生 渡邊紗鷗
 (「足下雲生」)


 渡邊紗鷗は名古屋の産である。そのため落款には紗鷗という号の上に東海とか、東海居士を冠して書くことが多い。
 郷土の人であるという親近感だけではなく、私は紗鷗の書が好きである。明治以降の有名書家の仲間にあっても燦然と光彩を放っている。いうなれば実力者である。

 2 虎 渡邊紗
 (「虎」)


 はじめ鳴鶴に師事し、鳴鶴の紹介で、悟竹の教を受けて開眼され、磨きがかけられて一家をなした。
 晩年、鳴鶴から遠ざかったため、鳴鶴をして「紗鷗は書はよいが、人物はいけない」と謂わしめたと伝えられるが、私には書から受ける感じからいえば、鳴鶴の言がどうしても信じられない。感情的言辞ではあるまいか。果して、真底背信的な人間なのであろうか?
  紗鷗の書に、そのような人間的醜悪の面が、いや濁りが感じられないのは私の眼力の不足なのだろうか。

 4 賛 渡邊紗鷗

 (「賛
 従來樵谷弄奇藝、
 花火線香技入神。
 體以車輪手如電、
 袖珍會上珍中珍。
  東海紗鷗題 」)




 前にも一度書いたことがあるが、終戦後、神田の飯島書店で、紗鷗の遺作ならびに遺愛の品々が多数委託販売されたことがあった。その際私は、遺作の数点と、遺愛品の大半を入手して小躍りしたことがある。それから数年後、あの時、遺作全部を購入しておけばよかったのにと、ひどく後悔したことがある。
 少々経済不如意の時でも、専門の書籍や、書画は、欲しいと思ったら無理算段しても入手しないと、毎日必ずと云ってよい程悔まれるものである。

 5-1東海居士 紗鷗 録樂志論

 5-3東海居士 紗鷗 録樂志論5-2東海居士 紗鷗 録楽志論.


 機会あるごとに私は紗鷗の作品を見たし、鑑賞しようと努力もした。紗鷗の書に対する執念の強さが判ったような気もする。
 鳴鶴に師事すれば鳴鶴流に、悟竹に指導を受ければ全く悟竹流に書いた一時期もあったようだ。

 自我を抑制して精進する態度は、尊くもあり、異状と云ってもよい。驚嘆の外はない。人に知られない努力もしたろう。
 晩年は、自己の書風を樹立し得た。やはり天分が豊かであったようである。

 1-1 紗鷗書   
( 快瀉蒼崖一道泉、
 白龍飛下蔚藍天。
 空山有此眞奇觀、
 倚杖來看思凛然。
     紗鷗書   )
 



 若くして他界したが、その書業を追慕崇敬する学書者が漸増する点など、どこか川谷尚亭と共通する。不思議である。
 このような鬼才は、もっと長命して欲しいものだが天は無情である。

 6-1觸目會心  渡邊紗鷗

6-2觸目會心  渡邊紗鷗.


 伝統をふまえて、しかも近代的感覚と、滋味豊かな書線で、造形する新鮮さは、実に魅力的である。芭蕉のいう不易と流行とを体現し得た能書ともいえよう。

 掲載の作品は、二年ほど前、神保町の飯島書店で同時に入手したものである。小品の方だけにしようと思ったが、前車の轍を踏むのを恐れて、前書き(若書きの意)の方の半切作品をも無理して買うことにした。これは、四十歳前後の作だろうと推定するがどうだろうか。
 まだ技術的には、不満足な点もあるが、芸術的天分の豊富さがほのみえて、何とも羨ましい限りである。
 小品の方は最晩年のもので紗鷗調とも名付くべき佳品である。
 中央に余白の多いのは、書画帖に書かれたものだからである。
 肉筆からは、水もしたたるような色香、いやどうも失礼、えもいわれぬ墨香が感受されて、眠れる私の書魂を誘発するに充分である。

 釈文、
置屋乱山荒竹中、 諭心此境与誰同
期人不至谿橋遠  手裡残書読欲終
   東海居士紗鷗書

画帖小品作、
 軽舸迎仙客 悠々湖上来
 当軒体尊酒 四面芙蓉開
   東海紗鷗書


 (全日本書芸文化院発行『書宗』  四十年九月号より) 


                 
        

電力量計(メーター)取替完了のお知らせ 連絡先 東京電力パワーグリッド株式会社

2019/ 12/ 05
                 
 時指定宅配便かと外に出るメーター替えのピンポンだった



 ピンポンとなりました。
 先日、ご案内しました電力量計(メーター)取替工事実施にやってきました。
 と、ユニホームを着た男性の説明。
 30分ほど、切電しないで作業をすすめていいですか?
 と、確認のことば。

 1-1メーター取替


 この取替完了により、検針員がやってくることもなくなりました。

 省人化も含めたコンピューター処理あれこれは、これからもどんどん加速度がついていくのを身近に感じました。


                 
        

初冬の那須高原 藤城清治美術館 影絵との出会い

2019/ 12/ 04
                 
 東京に那須の展示に目を瞠(みは)る藤城影絵展示替えまつ

 8-1 -1館内入口
 (「藤城清治美術館」出入り口)


 一堂に並ぶ作品の数々。

9-12-1作品12
 (「販売コーナー展示作品(サイズ縮小品)」.以下同様)


 もうちょっと遅く美術館を訪れていれば、カレンダー(無料)を頂けたかなと、ちょっと思いました。

 10-1作品1

 10-2作品2

10-3作品3

 何となれば、2年前銀座で開催された藤城清治展では、「ご自由にお持ちください」と書かれた箱の中に、2018年のカレンダーがさりげなく置かれていたことを思い出したからです。

 10-5作品5

 10-6作品6

 10-7作品7

 10-8作品8

 10-10作品10


                 
        

鴻巣のケーキ屋さん パティスリー ポンドール 師走の初日

2019/ 12/ 03
                 
 クリスマスはるかかなたのデコケーキ

 2-3 サバラン フロマージュ・ロワ 


 糖分、塩分控えに控えているつもりなのですが・・・

 2-8飾り1

 街のケーキ屋さんに足を運ぶのは、いつ以来のことでしょうか。

 2-7鐘


 東京に住んでいたときのことだったかどうか、思い出せないくらい、以前のことだったと思います。

 2-9飾り2

 
 昔でしたら、わざわざ上京してデパートまで行って、牛肉なども買ったこともありますが、今はそんなこともなくなりました。

 2-6メリークリスマス


ということで、地元で美味しいという評判のケーキ屋さんの一つに足を運びました。

 2-5ケーキ棚ダブルチーズ


 10-1パティスリー ポンドール カード表


 家人のリクエストは、サバラン(たっぷりのラム酒に浸した大人のケーキ。お酒好きな方にもお勧めです。¥350)とスフレチーズ。
 サバランはとても人気のようです。3つだけ置いてありました。
 私のちょっと後から入ってきたご婦人が、あーッ! まだあった!と大きな声でいい、最後の一つを指さしました。
その方は、他に2種類を、私は、ご指定のスフレチーズがなかったので、スフレチーズも入っているダブルチーズ(スフレチーズを仕込んで濃厚なレアチーズを重ねています。チーズの風味豊かなケーキになっています。¥450)と、フロマージュ・ロワ(ポンドールの史上一番濃度の高いチーズケーキです。生クリームとのコラボレーションが絶妙です。スタッフに人気のケーキです。¥420)を一つづつ選びました。


 2-1パティスリー ポンドール


 私はサバランとフロマージュ・ロア、連れはサバランとダブルチーズを、それぞれ三時のおやつと夕食後のデザートとして頂きましたが、
 翌日の朝になりました。私は1㎏、相棒は400g、体重が増えていました。
めでたし、めでたし。

そうそう、クリスマス用のデコレーションケーキを予約しようかしまいかと思案しているところなのです。
二人だけの生活ですから、小さなクリスマス用ケーキでも一日で食べきるとなると、体重がどれくらい増えるのか恐ろしく思い始めたところですので、目下、思案の最中といったところとなりました。


10-2パティスリー ポンドール カード裏左

10-2パティスリー ポンドール カード裏右 - コピー
 ※駐車場所は、パテイスリー ポンドールが入っている「セントラル長島」ビルに隣接している、月極め駐車場の中に設けられています(4台)。


                 
        

会津産そばの実 行田 がんこそば 

2019/ 12/ 02
                 
 新そばはこだわりをもつ会津産


 かなり以前は、「会津 がんこそば」という店名だったそば処です。

 1-1行田がんこそば


 勤めていた会社のOB会役員会開催場所に行く道筋にあります。

 1-8会津路.

  初め看板を目にしたときは、「がんこ」という文字がとても強く印象に残りました。

 1-15行田がんこそば看板

 「がんこ」という文字に惹かれもし、何が頑固なのかということで躊躇(とまど)いも感じ、何年かは素通りしていたのです。

 
1-13新そば幟

 新そばの幟はかなり以前から出ていたのですが、12月に入ってからの久しぶりの訪問となりました。

 1-12囲炉裏

  今回を含め、何回暖簾をくぐったことになるのでしょうか。
 この日は、がんこ(十割)の大盛りを食べました。

 1-2十割大盛り

 マイタケの天ぷらは、いつも注文します。

 1-3マイタケの天ぷら

お新香は、季節により出すものが変わりますが、今回はダイコンが添えられていました。

 1-7お新香ダイコン

 こしあんと、きな粉のそば団子は、いつも定位置にあります。

 1-11団子



 近くに「古代蓮の里」があります。
 ハスの花の開花時期のお昼時、地元のナンバーのみならず、関東各県のナンバープレートをつけた車がずらっと並びます。
 12月に入った最初の日曜日、お昼前に食べ終わりましたが、入り口には「只今満席です。」の札が掲げられていました。

 1-9満席