FC2ブログ
        

即位礼正殿の儀の天皇陛下のおことば(令和元年10月22日)

2019/ 10/ 24
                 


 国思うさもあらばあれ民思う


 1-1即位礼正殿の儀



即位礼正殿の儀の天皇陛下のおことば(令和元年10月22日)

さきに,日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承いたしました。ここに「即位礼正殿の儀」を行い,即位を内外に宣明いたします。
上皇陛下が三十年以上にわたる御在位の間,常に国民の幸せと世界の平和を願われ,いかなる時も国民と苦楽を共にされながら,その御(み)心を御自身のお姿でお示しになってきたことに,改めて深く思いを致し,ここに,国民の幸せと世界の平和を常に願い,国民に寄り添いながら,憲法にのっとり,日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。
国民の叡智(えいち)とたゆみない努力によって,我が国が一層の発展を遂げ,国際社会の友好と平和,人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。


 1-3 -



Addresses by His Majesty the Emperor (October 22, 2019)

Having previously succeeded to the Imperial Throne in accordance with the Constitution of Japan and the Special Measures Law on the Imperial House Law. I now perform the Ceremony of Enthronement at the Seiden State Hall and proclaim my enthronement to those at home and abroad.
I deeply reflect anew that for more than 30 years on the Throne, His Majesty the Emperor Emeritus constantly prayed for the happiness of the people and world peace, always sharing in the joys and sorrows of the people, and showing compassion through his own bearing. I pledge hereby that I shall act according to the Constitution and fulfill my responsibility as the symbol of the State and of the unity of the people of Japan, while always wishing for the happiness of the people and the peace of the world, turning my thoughts to the people and standing by them.
I sincerely hope that our country, through our people’s wisdom and unceasing efforts, achieves further development and contributes to the friendship and peace of the international community and the welfare and prosperity of humankind.


 1-2即位礼正殿の儀


                 
        

鴻巣の「おおとりまつり」令和元年10月20日開催

2019/ 10/ 23
                 
 ほこ天を行ったり来たり一万歩


 台風19号の影響で、10月12日(土)開催予定だった、「第18回 こうのす花火大会」は中止となりました。
 同じく荒川沿いで、10月26日(土)、27日(日)の2日間開催を予定していた「第21回 コスモスフェスティバル」も中止となりました。
 同時に10月26日(土)に予定されていた埼玉県主催の「荒川水管橋見学会」も中止となりました。

 
 1-8  おおとりまつり駅前


 10月20日(日)開催の「おおとりまつり」は、予定通り開催されました。

 1-1中山道鴻巣宿



 中山道を、国内最長級約3キロメートルにわたる歩行者天国(正午から午後8時)が会場です。

 1-3歩行者天国



 催しは多岐にわたりますが、今回お邪魔したあれこれをアトランダム並べてみました。
  (備忘録もかねて、「おおとりまつり」シリーズを幾つかアップしたいと思っています。)

 
◇「こうのとり伝説パレード」

 1-7おおとり煎餅


◇「まとい振りとはしごのり」

 1-2 祭半被


◇「ひな市:サンマまつり」

 1-6 広田屋


◇「街頭パフォーマンス」

 1-5 ドローン



◇沼田「老神温泉大蛇まつり 若衆みこし」〈観光協会「友好交流協定」による協賛出演〉などです。

 1-9老神温泉観光協会


                 
        

やまとしうるわし 令和元年10月22日

2019/ 10/ 22
                 
 五代嗣ふりかえみればはるかなるやまとくにばらいにしえ思ほゆ


 ふなびとははやこぎいでよ新しき御代まほろばのやまとあるらし


 八一恋ふ父を想いて新しき御代を寿ぐいや栄あれ


 1-2 天皇陛下・皇后陛下  切り絵背面黒・面正面




 

                 
        

天皇陛下御即位奉祝記帳所の設置について 鴻巣市役所

2019/ 10/ 21
                 

 日嗣(ひつぎ)なる令和の御代(みよ)にいや栄えたづさえゆかば国うちに充(み)つ


  1 -1-1天皇陛下・皇后陛下  切り絵赤・表正面 正


 鴻巣市ホームページのトップ「お知らせ」に、
「天皇陛下御即位奉祝記載所の設置について」が記載されていました。



《 天皇陛下御即位に伴い、10月22日(火曜日)に執り行われる「即位礼正殿の儀」にあたり、市民の皆様の祝意をお受けするため、記帳所を設置します。
設置日時
令和元年10月21日(月曜日)から23日(水曜日)まで
午前8時30分から午後5時まで
設置場所
鴻巣市役所新館正面玄関
その他
お受けした記帳は、後日宮内庁へお届けします。
お祝いの金品等はお預かりできません。 》


                 
        

水シリーズ 荒川 御成橋から富士山を望む

2019/ 10/ 20
                 
 荒川の川幅長さ日本一富士山望む御成橋朝


 1-1御成橋から荒川越しの富士山を望む


 御成橋から日の出の時刻に、上る朝陽を見ることはできません。
 ある年の元旦、初日の出を拝もうと、御成橋に出向いたことがありましたが、その時刻、富士山を望むことはできましたが、荒川の川面から顔を出す太陽をみることができなかったことを思い出しました。

 1-2富士山が見えます


 1-3荒川20191013