FC2ブログ
        

 小学校の親子資源回収 今年は・・・

2018/ 10/ 12
                 

 毎年10月下旬に行っている、小学校の「親子資源回収」。
 回覧板の掲示を見損なったのでしょうか。それとも、中止となったのでしょうか。「親子資源回収」の日時がカレンダーに転記されていません。
新聞・チラシの束が5つで120㎝、それに、週刊誌・カタログ類の束が、合わせて90㎝。
 玄関が随分と狭くなっています。
 段ボールも束ねようと思っていたのですが、どうしようか思案の最中です。
 アルミ缶も、そこそこたまっています。
 今年、親子資源回収は実施するのですか、と、小学校に電話してみようかなとも思い始めました。


                 
        

割り箸の寸法 長さ区々(マチマチ) 

2018/ 09/ 29
                 

 使っていない割り箸が随分増えました。
 それぞれのサイズを測ってみたところ、240㎜、202㎜、192㎜、180㎜、165㎜でした。

 京の割り箸屋「山石商店」のホームページを覗いてみたところ、6寸箸(長さ165㎜)、7寸箸(長さ180㎜)、8寸箸(長さ210㎜)、9寸箸(長さ240㎜)の4つのタイプの割り箸が掲載されていました。

 「Wikipedia」の一部を引用してみますと、
長さ
寸を用いて基本的に4種類。 ・・・ ・・・
6寸(約16.5cm)、7寸(約18cm)、8寸(約21cm)、9寸(約24cm)
6寸には「丁度六寸」の丁六箸の意味もある。 8寸は末広がりの縁起「八」を兼ねて祝い事(ハレの箸)に多く使用される。
 と、表示されていました。


                 
        

中秋の名月  お彼岸の御萩・牡丹餅

2018/ 09/ 24
                 

 9月24日は中秋の名月、そして、9月25日11時52分に満月の瞬間を迎えます。


 2 中秋の名月

 


秋分の日は9月23日でしたね。
農業の行事と結びつく「月」、中秋の名月を「芋名月」と呼び、十三夜の月(太陰太陽暦の9月13日=10月21日)は「豆名月」、「栗名月」とも呼ばれています。
農業の行事といえば、お彼岸の「御萩」と「牡丹餅」もいわく謂れがあります。
「暑さも寒さも彼岸まで」と言われるように、春の彼岸は農作業が始まる時期で、秋の彼岸は収穫の時期にあたります。
 春には収穫をもたらす山の神などを迎えるためぼたもちを、秋には収穫を感謝しておはぎを作ったともいわれています。
秋のお彼岸は、小豆の収穫期とほぼ同じで、とれたての柔らかい小豆をあんにすることができます。柔らかい皮も一緒につぶして使い、つぶあんを作ります。
春のお彼岸は、冬を越した小豆を使うことになりますが、皮は固くなっています。皮を取り除いた小豆を使い、こしあんを作ります。

 地元で、「いがまんじゅう」という食べ物を売っているお店が多々あります。
 そこそこ前の話しになります。
いがまんじゅうという名前は聞いていましたが、まだ口に入れたことがありませんでした。ある日のことです。
どこのお店がお奨めなのか、何人かの人に尋ねたところ、ある人は「一福」、ある人は「田嶋製菓」と即座に答えました。
 
 こしあんが好きな人は一福を、つぶあんが好きな人が田嶋製菓を推奨していたことが後になって判りました。




 秋の味覚 キノコ。  
 信州青木村産のマツタケ。とてもとてもとても信じられないくらいリーズナブルなお値段でした。
  

2マツタケ - コピ



 3 松茸ご飯 -
                 
        

https://  ブログのSSL化

2018/ 09/ 03
                 

 今までインターネットに入るのに、ヤフーを使っていました。
 先日、グーグルから入って皆さんのブログをみましたら、左上に、「保護されていない通信」または、「保護された通信」の何れかの表示が出ていることに気が付きました。
 大雑把に括ると、「保護された通信」にしている人は、6人に1人、していない人は、6人に5人という按配となっていました。
〈 ブログをSSL化した場合、それに利用している他のサービス(カウンターなど)のSSL化についても、確認して下さい。〉という説明文も載っていました。
 私は、今はカウンターを使っていませんが、写真や動画アップしたいときに影響が出るのか、確認したいと思っています。


                 
        

統計調査にご協力を 

2018/ 08/ 29
                 

 平成30年8月号の広報こうのす「かがやき」、16ページの「市などからのお知らせ」冒頭に、次の記事が掲載されていました。

「統計調査にご協力を」
 総務省統計局(埼玉県・鴻巣市)による調査について、対象となった世帯に統計調査員が伺いますので、ご協力をお願いします。
【平成30年度労働力調査】
 就業状態を明らかにするため、毎月実施しています。
【平成30年住宅・土地統計調査】
 10月1日を基準日に、全国約370世帯を対象とした住生活に関する調査です。

 住宅・土地統計調査は、国が実施する、5年に1回の調査です。
 私はてっきり、国中すべての住宅戸数が調査の対象と思っていました。
 8月、9月、10月と、統計調査員の業務が続きます。