FC2ブログ
        

藤代清治 光と影を生きる① 時代の証言者 西遊記を思い出しました。

2019/ 02/ 12
                 
 
 大正14年(1924年)生まれ、94歳の藤代清治さん。この4月で95歳になります。

 昭和34年(1959年)から昭和38年(1964年)6月までの間に中央公論社から刊行された『西遊記』(邱永漢著)には、表紙も含めて藤代清治さんの影絵(モノクロ)が用いられています。

 21-1 藤代清治 西遊記 実力狂時代の巻

 この『西遊記』の藤代清治影絵は、「藤代清治著作一覧」(※注)には掲載されていません。

 (※注:藤代清治著作一覧をみると、1997年『西遊記1~8』(カラー・中央公論社)の記載がありました。)
 

 2019年2月11日(月)から読売新聞朝刊に掲載が始まった「時代の証言者」。
 藤代清治の『光と影に生きる』。
~ ・・・ 絵を描く、影絵を作る、人形劇や影絵劇を上演する、花森安治さんが創刊した「暮らしの手帖」で影絵を連載し表紙も描きました。・・・ ~
と、述べています。

 その当時の絵はどんなタッチだったでしょうか。
 ほんの少しだけですけれど、手元にあるものの中からピックアップしてみました。

 フランスの女性作家、マルグリット・オードゥーの遺作小説『光ほのか』のダイジェスト版(「美しい暮らしの手帖」第1世紀第12号 1951年ダイジェスト/堀口大學 さしえ/藤代清治)に添えられています。
  貧しくも声の美しい少女の半生が描かれています。
 両親を亡くし、祖父と暮らす貧しい少女エグランティイヌ。犬のトゥウ坊が唯一の友だちでした。

 22 -1 藤代清治 「光ほのか」挿絵 少女エグランティイヌス 犬のトゥフ 

 

 こちらはカラー作品です。
 (挿絵を除き) 藤代清治さんの作品をみていつも思うのは、物語性を感じることです。
 半世紀前以前も、今もその思いは変わりません。

 23 藤代清治 暮らしの手帖

 


                 
        

市原悦子さんを偲ぶ クルヴェット、天から舞い降りる 氷点  

2019/ 01/ 14
                 

  昭和41年(1966年)1月23日から4月17日まで、NETテレビで連続ドラマ化された、三浦綾子原作の『氷点』。
 放送時間は午後10時からの1時間番組でした。
 出演は、新珠三千代、芦田伸介、内藤洋子、市原悦子と名前が続きます。
 医師辻口啓造(芦田伸介)の妻、夏江(新珠三千代)の女学校時代からの友人、藤尾辰子を演じていたのが市原悦子さんでした。
 彼女は資産家の一人娘で、花柳流の名取りで日本舞踊のお師匠さんです。
 辻口家の娘、陽子(内藤洋子)を日頃可愛がっていて、ある事情を知ることにより陽子を養子にしたいと夏江に申し出ます。
 そんな役柄に身を投じていたのが市原悦子さんでした。
 内藤洋子さんとのツーショットが今でも思い起こされます。

 

 昭和42年(1967年)、俳優座で公演された『クルヴェット、天から舞い降りる』

 テレビで上映されたのをみました。

 市原悦子さんがクルヴェットです。
 劇中で、悦子さんが、トントントン お父(とっ)ちゃんには内緒だよ・・・というセリフがまだ耳元に残っています。

 ハチャメチャな展開が続く舞台の演出には目が離せませんが、ラストシーンは、願ったり叶ったりというプチポン医師のセリフで終わります。

 
                 
        

2018年藝祭  今年は何としても行ってみたかったのですが・・・

2018/ 09/ 02
                 

 9月7日(金)、8日(土)、9日(日)の三日間、東京藝術大学キャンパス内で開催される藝祭。
 朝の9時から夜の8時まで延々と催される、超人気の学園祭です。
 パンフレットは、一冊600円。すでに販売されています。当日は並ばないと買えないようです。
 今年こそは行ってみたいと思っていた藝祭だったのですがね・・・

 もう一つ行ってみたいところがありました。
 川越スカラ座です。
 9月15日(土)から28日(金)まで、ウディアレン監督の「女と男の観覧車」が上映されるからです。(上映時間未定.毎週火曜定休.)
 こちらも、日程の関係上、どうも行けそうにもありません。


『女と男の観覧車』

〈『ミッドナイト・イン・パリ』では1920年代黄金時代のパリへ、『カフェ・ソサエティ』では1930年代のハリウッドへと観客をタイムトリップさせたウディ・アレン監督。最新作の舞台は1950年代、NY・コニーアイランド。女と男の恋と欲望、嘘と裏切りを乗せて、まわり続ける観覧車。そこから見える景色は、うっとりするほど美しいけれど、同じ場所を回転するだけで、どこにもたどり着けない――。夢のように美しい映像で人生の切なさを描ききった、名匠ウディ・アレン監督の恐るべき野心作が誕生した。
遊園地のレストランでウェイトレスとして働くジニー(ケイト・ウィンスレット)は、かつては女優として舞台に立っていたが、今は、回転木馬の操縦係を務める夫のハンプティ(ジム・ベルーシ)、そして自身の連れ子のリッチー(ジャック・ゴア)と観覧車の見える部屋で暮らしている。実は彼女は夫に隠れて、海岸で監視員のアルバイトをしているミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)と付き合っていた。平凡な毎日に失望していたジニーは、脚本家を目指す彼との未来に夢を見ていた。だが、ギャングと駆け落ちして音信不通になっていた夫の娘、キャロライナ(ジュノー・テンプル)が現れたことから、すべてが狂い始める――。
(上映時間:101分 DCP上映) 〉


                 
        

バリカン  「マッサン」の一場面をみて思い出したこと

2018/ 09/ 01
                 

 小学校に上がる前、父に、バリカンで頭の毛を刈ってもらっていました。

 〈生まれて(現在渋川市)まもなくして、父の仕事の都合で引越し(現在沼田市)しました。街中までは歩いて行けるような土地ではなかったということもあり、幼稚園には行きませんでした。その後、また、父の転勤で住所が変わって(現在小諸市)からも、何らかの理由で中途入園しなかったということもあり、私は、鶴の折り方を習ったことがありません。先日、打ち合わせ会が始まる前に、「一緒に千羽鶴を折って!」と仲間から声をかけられたのですが、恥ずかしながら、お手伝いすることができませんでした。〉


 高校生になってからのことです。
 父から、床屋に行って来いと言われました。
 理髪店で髪を整えてもらった翌日のことでした。


                 
        

 8月28日は道元の忌日 「石原裕次郎の軌跡」展開催中

2018/ 08/ 28
                 

 曹洞宗では、お釈迦さま(釈迦牟尼仏)とともに、永平寺を開かれた高祖道元禅師と総持寺を開かれた太祖瑩山禅師のお二方を、「一仏両祖(いちぶつりょうそ)」として仰いでいます。
 
  今から765年前の8月28日、道元は53年の生涯を閉じました。


 今から31年前の7月17日、石原裕次郎(1934年12月28日‐1987年7月17日)は数え53歳という若さで永久(とわ)の眠りにつきました。
 お墓は曹洞宗本山の一つ、横浜市鶴見区の總持寺にあります。
  
 先月の7月17日、石原裕次郎の命日に、夫人の石原まき子さんと、舘ひろしさん、神田正輝さんら、石原プロ所属の俳優が、全国を縦断する「石原裕次郎の軌跡」展の開催を總持寺で発表しました。
東京・松屋銀座(8月22日~9月3日)を皮切りに、年末からの名古屋も決定。2年間で全国8カ所を巡る予定で、2万点以上に及ぶ遺品の中、東京では婚約指輪など指輪4点が初披露されているようです。