FC2ブログ
        

上毛かるた はひふへほ

2014/ 01/ 10
                 
 

 は ・・・ 花山公園 つつじの名所
 ひ ・・・ 白衣観音 慈悲の御手
 ふ ・・・ 分福茶釜の 茂林寺
 へ ・・・ 平和の使い 新島襄
 ほ ・・・ 誇る文豪 田山花袋



 埼玉の行田や羽生を舞台にした小説「田舎教師」や、「蒲団」などの作者で知られる、田山花袋(1872年1月22日―1930年5月13日)は、館林出身です。
 群馬県立つつじが岡公園は、上毛かるたに花山公園としてうたわれています。
 分福茶釜の茂林寺も、花山公園も館林市にあります。


 ゴルフで栃木方面に行くとき、「茂林寺」、「向井千秋記念こども科学館」、「正田醤油株式会社・正田記念館」の表示板を左右に見ながら、館林市内の道路を通ります。


群馬県立つつじが岡公園
:・群馬県館林市花山町3181. ・総合事務所☎0276-74-5233. ・「つつじまつり」以外の時期は、フルオープン、駐車場無料。 ・「つつじまつり」開催期間:4月中・下旬~5月中旬.・期間中の入場時間7:00~18:00.・期間中の駐車場料金600円程…?。


「茂林寺」
:・群馬県館林市堀工町1570. ・☎0276-72-1514. ・入場9:00~16:00. ・木曜不定休. ・宝物(分福茶釜など)拝観料 おとな300円.こども150円。


向井千秋記念こども科学館
:・群馬県館林市城町2番2号. ・☎0276-75-1515. ・開館時間9:00~17:00.・休館日月曜・祝祭日の翌日.利用料大人310円(高校生以上)、中学生以下無料。


正田記念館
:・群馬県館林市栄町3番1号 (正田醤油株式会社内).・☎0276-74-8100(正田醤油㈱〈代電〉)、入館料無料.・開館時間10:00~16:00.・休館日土曜、日曜、夏季休暇、年末年始。


陶房窯八作⑤


「正田醤油株式会社」HPより
このページは正田醤油お客様相談室宛に寄せられた商品に対するご質問の中で特にお問い合わせの多かったもの、醤油に関する疑問などについて載せてあります。

Q&A 商品について

Q1 醤油の賞味期間はどれくらい?
 ・ペットボトル: こいくち:18ヶ月. うすくち:12ヶ月. しろしょうゆ:・・・・
 ・ガラスビン : こいくち:24ヶ月. うすくち:18ヶ月. しろしょうゆ 8ヶ月
 容器によって異なりますがおよそ以下のようになります。
・ 開栓前は直射日光のあたらない低温の場所に置いて頂ければ1年から1年半ぐらいは普通にお召し上がり頂けます。ただし一旦栓を開けた醤油は味や香りが落ちてきますので、なるべく冷蔵庫に保管し、1ヶ月位の間に使い切りたいものです。 

Q2 醤油は開封前、賞味期限内なら色が黒くなても大丈夫ですか?
・賞味期限内であれば色が黒ずんでいてもご使用には差し支えありません。しかしどうしても風味は落ちてきていますので、かけ醤油としてよりも他の調味料で味付けを調整できる煮物等へのご使用をおすすめします。 

Q3 開栓後の醤油に白い粒ができましたが、どうしたらよいでしょうか?
 ・ これは酵母の一種で、食品衛生的には特に問題はなく無害です。発生の程度が少量であれば漉して煮炊き等にご使用いただいても差し支えありませんが、多い場合は摂食されない方が無難です。

Q4 味噌から醤油のような液体が出ていますが…
 ・ 味噌が熟成する過程で原料が分解し発生する味噌だまりと考えられます。少量であれば特に問題はありません。

Q5 醤油、味噌は開封前ならば賞味期限を過ぎても食べられますか?
 ・ 醤油、味噌は保存食であるため、賞味期限を過ぎてすぐに腐敗したり、品質が劣化する事はありませんがおいしく召し上がって頂くために賞味期限内のご使用をおすすめします。

【醤油の雑学】
Q&A 醤油について

その1 醤油のおいしさ・香りについて
醤油は醸造によって生まれたアミノ酸などの旨み成分がたっぷり含まれており、ほどよい塩味、酸味、甘味とバランスよく溶け合っておいしさを引き出します。醤油の香りにはバラ、ヒヤシンス、パイナップルなど、花や果実の香りを代表に、約300種類もの成分が含まれています。このよい香りが醤油のおいしさをより一層もりあげているのです。

その2 醤油の種類・使い方について
・醤油には、おなじみのこいくち醤油の他にもいろいろな種類があります。
素材の味や色を生かしたい、関西風に仕上げたいときにはうすくち醤油、
お刺身や魚の照り焼きには濃厚なさいしこみ醤油やたまり醤油と、お料
理によってお醤油を使い分ければ、我が家の味のレパートリーがさらに
広がります。また、塩分の摂取量を気にされる方にはうす塩醤油や減塩
醤油をおすすめします。


その3 意外な醤油の使い方
・ 醤油は意外なところでも効果を発揮します。アイスクリームに一滴たら
すと、香りが引き立ちます。カレーライスやバターライスに入れれば、
コクが増し風味も上がります。また、肉や魚の下味に使えば臭みが消え
、ほどよい焼き色、そして香ばしさがプラスされます。これら以外にも
梅干や漬物の塩辛さをまろやかにするなど、素材の持ち味を引き立てる
、まさに魔法の調味料なのです。和風料理にはもちろん、中華、フレン
チ、イタリアン、エスニックまでどんなお料理にもお使いいただけます。

その4 醤油の効用
・主に下記6つの効用があります。
〈消臭効果〉
醤油をつけて刺身などを食べるのは、味はもちろんのこと生臭みを消す大きな働きがあるためです。日本料理の下ごしらえにある「醤油洗い」は、この効果を利用して、魚や肉の臭みを消しています。
〈加熱効果〉
すきやき、煮魚をはじめ、蒲焼き、焼き鳥など醤油を必須とする多くの日本料理は単に醤油を温めてしみこませたのではなく、各素材との間にその料理固有の新しい香味成分をつくり出します。
〈殺菌効果〉
適度な食塩分と有機酸類、その他の成分によって、大腸菌やその他の食中毒菌を死滅させ日持ちを良くする効果があります。
〈対比効果〉
一方の味が強く、他方の味がごくわずかな場合、主体の味がより強く感じられるのが対比効果です。
ご家庭で餡やおしるこをつくるとき仕上げに少量の食塩を入れることは常識となっていますが、この食塩の量を少し控えめにして、その分醤油を少々加えることをおすすめします。
〈抑制効果〉
混ぜたときに一方あるいは両方の味が弱められることが抑制効果です。塩辛いものに醤油をたらすと、塩辛さが抑えられることがあるのはこのためです。
〈相乗効果〉
醤油の無数の成分を調理で加えることは、それらの味や香りを単に加えるのではなく、相乗的にさらに深い旨みを作り出しています。

COPYRIGHT 2005 SHODA SHOYU CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.


陶房窯八作⑥


                 
        

上毛かるた なにぬねの

2014/ 01/ 09
                 
 こんにゃくは全国一の生産量

 先日、NHKテレビの朝の番組で、群馬県のこんにゃく生産量は、全国一の80パーセント以上と説明していました。
 
 関東農政局による作物統計(工芸農作物)[平成24年]によると、「群馬県のこんにゃくは、全国の生産量の92パーセントを占める。」と記されていました。同じく全国一ということでは、キャベツが17パーセントの生産出荷となっています。(こちらは「平成23年野菜生産出荷統計」による)



 な ・・・ 中仙道しのぶ 安中杉並木
 に ・・・ 日本で最初の 富岡製糸
 ぬ ・・・ 沼田城下の 塩原太助
 ね ・・・ ねぎとこんにゃく 下仁田名産
 の ・・・ 登る榛名の キャンプ村




日本芸術文化振興会HP「国立劇場」の2012年トピックス欄に、
三津五郎『塩原多助一代記』塩原太助墓所にお墓参りが載っています。

8月31日(金)、10月歌舞伎公演『塩原多助一代記』で塩原多助、道連れ小平の二役を演じる坂東三津五郎が、萬年山東陽寺(足立区東伊興4-4-1)にある塩原太助の墓所に墓参しました。
実在の塩原太助は、上州沼田より江戸へのぼり、炭屋の山口屋に奉公、刻苦勉励し、一代で財を築いた江戸の大商人です。三遊亭円朝は、塩原太助の人生を綿密に取材し、傑作大長編「塩原多助一代記」を口演しました。
塩原太助墓所ははじめ浅草寿町にありましたが、関東大震災で被災し、現在の場所に移されました。東陽寺では、塩原太助の九代目の子孫にあたる塩原文雄氏が出迎え、三津五郎は足立区の登録文化財にも指定されている塩原太助のお墓に手を合わせ、公演の成功を祈願しました。
東陽寺境内には、太助が江戸で20年に渡り奉公した炭屋・山口屋(山岡家)の墓所もあり、三津五郎は主家の墓にもお参りしました。このたびの公演では、歌舞伎では演じられたことの無い「山口屋店先の場」を原作から創作し、本邦初上演することもあり、本公演にまつわる奇縁に思いを馳せました。

塩原太助のお墓に手を合わせる三津五郎山口屋(山岡家)の墓にもお参りしました.
塩原太助墓所と山口屋の墓の墓参を終え、公演に挑む気持ちを次のように語りました。

[坂東三津五郎]
“塩原多助”というと「青の別れ」が有名ですが、知識では知っていても観たことはない、詳しくは知らないという人が多いと思います。自分もそうでした。
塩原多助というのは非常にユニークな人物で、典型的な歌舞伎のヒーローとは異なるんです。命を狙われ、親友を殺され、身ぐるみ剥がされても、思いは決して復讐には向かず、明日のことを考えて懸命に生きる道を選ぶという、非常に近代的な人物として描かれています。そこがなによりも面白い。
「青の別れ」の名場面は、表情の動かない馬との場面で大変ですが、ここはお客様に一番泣いていただくところですから、馬にもしっかりお芝居をしてもらわないといけない。せっかく復活するのだから、みんなで力を合わせて良かったといわれる舞台にしたいと思っています。
今日お墓に手を合わせてしみじみ思ったのは、役者というのはつくづく不思議な職業だなと。実在の人物の生き様を追体験するなんて、イタコみたいなもので、今現在は松尾芭蕉の人生を演じていますが、次は全身全霊で塩原多助と一体化し、一人の男の人生がみえてくるようなそんなお芝居にしたいですね。

国立劇場10月歌舞伎公演「塩原多助一代記」は10月5日(金)から27日(土)まで


水上観光ガイドHPに「太助の郷」が紹介されています。

塩原太助<寛保3(1743)-文化13(1816)>
寛保3年2月3日、塩原角右衛門の子として塩原太助は生まれました。
 ある日、太助は「江戸に出て、身を立て家を興そう」と父に願いでましたが許されず、ついに、ある朝の未明、草刈りに出かけるふりをして日頃飼いならした愛馬「あお」を引いて家を出ました。
 しかし太助は、江戸に出ても奉公口を探すことが出来ず、ついに思いあまって死のうとし、神田昌平橋から身を投げようとしました。その時「早まるな」と後ろから抱き止めてくれた人が炭商山口屋善右衛門でした。
 太助はここで奉公を続け、朝は星のあるうちに起き、夜は人声が鎮まるのをまって寝ました。他の奉公人の休む隙に、はき古しのはき物の鼻緒をすげ替えておいて、急な場合の役に立たせたり、落ち散っている縄屑などを拾い集めておいて、炭俵のつくろいなどに使いました。
 このようにして、いつしか「奉公人の鑑」とまで感心されるようになりました。
 また山口屋に奉公して5年目のこと。毎日、炭荷を積んだ車を引いて通る湯島無縁坂が荒れていてひどかったので、太助は自費で改修を行いました。晩年には、中山村の反峠に渋茶の接待 所を設けたり、伊香保より榛名神社に通じる天神峠に常夜燈を建てて、旅人の便を計ったりしました。このように生涯を通じて公益事業に巨費を投じたのです。
 太助は山口屋に奉公した23年の間、真面目に良く勤め、38歳の時に独立し、本所相生町に炭屋を開業しました。「顧客は神様」という信念で、堅実にじっくりと事業の経営をしました。
 太助夫婦はともに協力し、48歳の時に広い屋敷を求めて新店舗を構え、はじめて財をなした豪商となったのです。巨万の富を築き、公儀の御用を勤める身分となって、
「本所にすぎたるものが二つあり津軽大名、炭屋塩原」
と言われるようになりました。


太助の郷ここ「太助の郷」は、新治村が生んだ江戸時代の名士「塩原太助」を偲んで作られた資料館や、村で採れた新鮮な野菜の直売所などがあります。
 資料館には、手紙や茶釜などの塩原太助が愛用した品々や当時の資料、また炭に関する資料などを展示しています。
 資料館で太助の人柄に触れた後、採れたての野菜をお土産にどうぞ。

塩原太助の資料館
塩原太助資料館 資料館の1Fは、塩原太助に関する展示コーナーになっていました。まず映像で彼の生涯について詳しく見ることができます。
 それから愛用した遺品などを見ると、より一層理解が深まると思います。
 2Fは炭焼きに関する資料の展示です。当時の炭のつくり方の詳しい展示がありました。特に興味深かったのが、いろんな材料で作った「炭」の展示です。パイナップル、バナナ、ひまわり、松ぼっくりなど、こんなものが炭に!というものまで置いてありました。
 資料館を見終わった後、物産館の方に戻ってくると、館長さんと数人の人が集まっていました。この資料館は館長さんの温かい人柄により、いつも近所の人が集う場になっているとのことでした。私も展示してある資料について質問などをしつつ、一緒に混ぜてもらってお茶をご馳走になりました。他にもいろいろおしゃべりをして、楽しいひと時を過ごすことができました。館長さんはじめ、ご近所のみなさん、どうもありがとうございました。

野菜の直売所と地域の物産の販売
炭俵新治村周辺の農産物や特産物を扱う直売所です。
 ここでは、とれたて野菜など季節の旬の農産物が、100円からと格安で購入することができます。
 いろんな商品が並んでいる中、特に目を引いたのは、棚の一角に積まれていた炭俵です。
 「太助の郷」にゆかりの塩原太助は、炭で財をなしたことから、新治村では古くから炭作りが盛んに行われていました。そこで直売所では、村の特産物として木炭や竹炭1キログラム(500円~)を販売しています。


その他にもこんなものが・・
・竹炭 新治村の桑工芸
・癒し効果が人気の竹炭 桑の工芸品

・塩原太助像
・塩原太助と愛馬「青」の像
 
塩原太助顕彰碑
塩原太助翁顕彰碑
渋沢栄一揮毫


料金 資料館:大人300円 小人150円
直売所:無料
所在地 利根郡新治村新巻497
電話番号 0278-64-1166
営業時間 9時~17時(11月~翌3月 9時~16時)
定休日 木曜日(定休日が祝日の場合は翌日休)



タンポポ⑤


                 
        

上毛かるた たちつてと

2014/ 01/ 08
                 
 上毛かるたを習った当時は、「力あわせる 百六拾萬」でした。
 「つる舞う形の群馬県」の当時の人口です。


 た ・・・ 滝は吹割 片品渓谷
 ち ・・・ 力あわせる 二百万
 つ ・・・ つる舞う形の 群馬県
 て ・・・ 天下の義人 茂左衛門
 と ・・・ 利根は 坂東一の川


 吹割(ふきわり)の滝・片品渓谷
 水量が豊富な時の、吹割の滝の瀑布の景観は見事です。
 渇水期、水がほとんど流れていないときは、岩畳がそこそこ広がっているという程度の景色に変わります。
 沼田市利根町にあります。

 以前、その吹割の滝より、ちょっと沼田よりの上久屋というところに住んでいたことがありました。
 今は同じ沼田市となっていますが、当時は利根郡となっていました。
 上久屋の隣は、原久屋という地名ですが、今でも時折、林檎狩りにでかけます。


 利根川
 片品渓谷に流れる片品川も、利根川の支流の一つです。
 玉原高原の奥を源とする利根川は、関東各県を回って、文字通り「坂東太郎」となって、太平洋に流れ込みます。


 磔(はりつけ)茂左衛門(もざえもん) 
 時の大名の悪政で農民が困窮しているのを座視できず、江戸幕府に直訴して磔刑になった杉木茂左衛門を、上毛かるたでは「天下の義人茂左衛門」とよみこんでいます。
 一蓮托生になる百姓一揆という手段を選ばず、巧妙な「恐れながら・・・」の遣り口に、実在とは異なる物語性を感じるという説もある磔茂左衛門です。
 当時、定められた合法的手続きを踏まず、直接権力者に訴えることを直訴(越訴)といいますが、これは御法度で厳しく断罪されます。事の成否にかかわらず訴願人は処刑されました。
 通常「直訴」は、一般農民→庄屋→大庄屋→代官・郡奉行→家老・藩主→幕府老中・将軍という順序を辿りますが、 茂左衛門は第5代将軍徳川綱吉に真田信直の悪政をやめさせるべく江戸へ直訴に出向きます。
 しかし、江戸城では門前払いされました。それもそのはずです。将軍が一農民の話に取り合うはずもありません。
 以下、「茂左衛門地蔵尊由来記」に託します。

 ( 茂左衛門地蔵尊千日堂 : 群馬県利根郡みなかみ町月夜野491 tel 0278-62-2380 【 ・身代わり地蔵、民衆を救おうと一身を犠牲にし妻子と共に刑に処せられた。・病気平癒、厄除、安産等の祈願などで仁愛と家族愛に深い地蔵として親しまれております。 ・月夜野八木節会による「磔茂左衛門」を題材にした八木節の歌詞と踊りが奉納されています。(春分の日、秋分の日)・茂左衛門地蔵尊縁日:・春分の日/秋分の日(年2回)・初詣・だるま市・節分豆撒
※露店が約200軒出店しにぎわいます。当日は臨時駐車場もあります。ご家族でお越しください。~群馬県hpより~ 】 )


茂左衛門地蔵尊由来記
 千日堂(JR後閑駅から徒歩約10分)に、由来の表示版が立っています。

 今から凡そ300余年前のこと。上州沼田領3万石の城主真田伊賀守信直は華美放漫の政治をした為に藩の財政は窮乏したのでこれが立直しの為領民の苦境をも考えず、寛文年間再度に亘り無理な検地をして3万石を約5倍にあたる14万4千余石とし、その上、凶年続きで困苦のどん底にあえいでいる百姓から苛酷な取立てを行い滞納者には残酷な刑罰に処した。この惨状を見るにしのびず利根、吾妻、勢多の3郡177ヶ村の領民のために一命を捨てる覚悟で立ち上がったのが月夜野の百姓茂左衛門である。茂左衛門は姓を杉木と言い義気に富んだ中流の百姓であった。天和元年(1681)正月、領主真田伊賀守の非行、領民の惨状をしたためた訴状を懐にひそかに江戸に上り、上野輪王寺宮から将軍家へ巧妙な方法で直訴に成功した。時の将軍(家綱)は取り調べの結果、罪状明確なので伊賀守は改易沼田城破却の運命となった。茂左衛門は本望を遂げたのを見届けたのでひそかに郷里に帰り妻に別れを告げ自首を決意して江戸へ向かうところを小袖坂で幕吏に捕らえられ江戸送りとなり、取調べの上所成敗となり天和2年12月5日月夜野竹の下河原で磔刑に処せられた。領民はその死をいたみ刑場あとに地蔵尊を建て供養を続けその遺徳をしのびきたが大正11年旧領地をはじめ各地の篤志家からの浄財によってここに茂左衛門を祀る千日堂が建立されたのである。
 茂左衛門地蔵尊大祭 春秋彼岸中日 平成7年6月吉日 
 茂左衛門地蔵尊千日堂運営委員会

 刑場跡
 千日堂の下、無料駐車場に「刑場跡」があります。


 嶽林寺
(上毛高原駅の裏手にある。千日堂から徒歩で小一時間かかります)

 嶽林寺は茂左衛門の菩提寺です。同寺には茂左衛門と妻の位牌が安置されています。
 茂左衛門の磔の彫刻が立っています。


「磔茂左衛門」像 関有雅作
  茂左衛門は月夜野の出生で、時の城主の施政に義憤を感じ、沼田領177ヶ村領民の為に一身を犠牲にして刑場に露と消えた義人である。この像は刑場の石積みに立てられた礫柱台上の茂左衛門で処刑を前にした最後のその姿は神々しいまでに輝き静かな表情をたたえている。彫刻化石有が氏は昭和11年群馬県利根郡新治村に生まれ昭和35年頃から数本のノミを持ち師を持たず独学で彫刻の道を修めた方である。鎌倉全美展にて神奈川新聞社賞、東京都美術館新構造展に於いて奨励賞等を受賞された。この像は昭和60年に作られた関氏の元に秘蔵されていたものであるが、この度供養の為茂左衛門の菩提寺である当山に奉納されたものである。平成11年10月 嶽林寺37世代


茂左衛門一代記(千日堂で無料で配布しています)
 茂左衛門一代記




パンジー⑨
                 
        

上毛かるた さしすせそ

2014/ 01/ 07
                 
 八木節   群馬県

アヽヽアー 又も出ました 三角野郎が
四角四面の やぐらの上で 音頭とるとは
おゝそれながら 国の訛りや 言葉の違い
許しなされば 文句にかかるが
オヽイサネ

アヽヽアー ここに名高き 国定忠治
国は上州 アノ 佐波郡音に聞こえた
国定村の親の名前を
忠兵衛というて 二番息子が忠治でござる
生まれついての任侠肌で 音にきこえた
国定村の 人のためなら けんかもなさる

アヽヽアー 人もうらやむ 大貸元で
頃は弘化の 三年九月 今日もあしたも
あしたも今日も 今日もあしたもあしたも
今日も勝負勝負で其の日を送る

アヽヽアー もっとこの先よみたいけれど
上手で長いはまたよけれども 下手で長いは
おんざの邪魔よ やめろやめろの声なきうちに
ここら当りで 段切まするが オヽイサネ


上毛かるた
 そ ・・・ そろいの支度で 八木節音頭

ご存知八木節。
 その起源、由来は諸説あります。
 諸説あるということは、シンプル イズ ベスト。と、スパッと割り切れないところに、歴史性を感じます。

 きょうは、上毛かるたの「さしすせそ」

 さ ・・・ 三波石(さんばせき)と共に名高い 冬桜
 し ・・・ しのぶ毛の国 二子塚
 す ・・・ 裾野は長し 赤城山
 せ ・・・ 仙境尾瀬沼 花の原
 そ ・・・ そろいの支度で 八木節音頭


 尾瀬は、何回か行きました。
 最初に行った時は、遊覧船もボートもありました。
 東京から来た叔母と一緒に、家族皆で尾瀬の夏を泊まり込みで満喫しました。

 赤城山はいつも日帰りです。
 最初の頃は有料道路となっていました。
 その有料道路に入る手前で、焼きトウモロコシを売っています。
 甘くてホクホクして香ばしくて、夏の風物詩そのものでした。
 冬場でも、スキー客、スケート客が、行き帰りに立ち寄って、湯気を立てているトウモロコシに食らいついていました。
 今でも同じところで、焼きとうもろこしを売っています。
 一本の焼きとうもろこしの値段、当時と変わらないのでは…と、昨年立ち寄った時に思いました。


 上州、上毛の古墳、あちこち点在しています。
 父がサラリーマン生活を退いたあと、古墳発掘で、しばらくの間熱心に現場に通っていました。
 そういえば、発掘調査研究に来ていた群大の女子学生とお見合いをしたらどうかといわれたのも、この頃でした。
 三十歳前は、お見合いの話が星が降りそそぐようにあったのが、大台に乗ったとたん、(周りから想坊はその気はないんだと思われてしまい?) ピタッと見合い話が途絶えました。


 冬桜は見に行ったことがありません。
 発祥の地での八木節も見に行ったことがありません。
 「上毛かるた」にうたわれている「八木節」の起源(越後=新潟)、発祥・由来に、両毛(上毛説=群馬説と、下毛説=栃木説)に、その諸説があります。

 群馬県人、栃木県人でないと、八木節発祥の地はドコか、イズコか・・・などというのは興味のないことでしょうけれど、ウィキペディアの「八木節」の項を参考に載せました。
 あちこちを引き合いに出しながら、苦労して、工夫して文をまとめている努力のあとが、垣間見えている一章となっています。


八木節
伊勢町祭りの八木節
八木節(やぎぶし)は、現群馬県伊勢崎市境中島で生まれ、育まれた民謡である。

八木節の歴史[編集]
八木節の発祥については諸説あるが、通説は現在の栃木県足利市にあった八木宿において、 初代堀込源太(本名渡辺源太郎)が歌っていた歌がそのルーツであると考えられている。八木節の名称は、八木宿にちなむ。当初は渡辺の名から「源太節」と呼ばれてきたが、1914年(1913年説あり)に日本蓄音機商会でレコーディングされる際に命名された。

群馬県側では、八木節の起源は八木宿と同じ例幣使街道にある木崎宿で歌われてきた木崎節であるという。『日本民謡集』(町田嘉章、浅野建二)はこの説をとっている。このほか、江戸時代末期に流行した口説節が起源という説もある。

群馬県佐波郡境町在中島の桶職だった柿沼庄平が、商売でしきりに八木宿方面に出ていて源太を知り、庄平の世話で中島村の尾島長松の家に百姓番頭に来た。養蚕の日雇い稼ぎが主で、毎年夏場半年ぐらいは、中島村にはたらいていたが、それから十年ほど、源太の中島時代があったわけである、 源太は。一時馬方などやっていた、生来の唄好きで、よく馬子唄などをうたっていか、中島に来てからは、その唄好きによって口説きを唄いだしたが、もって生まれた美声と、抑揚に富んだ節調の上手は抜群で、毎晩のように村々の盆踊りに出かけたり、喚ばれて唄って歩いたが、中島の囃子連中と出場すると必ず入賞で一反流しを手にし、「中島の源太」として大いに名を上げたのである。源太三〇歳から三五歳ごろで、 源太の口説きは大変な評判になった。とこらが源太は、間延びした口説きのうたい方を、自分で創意工夫して調子のよいうたい方に変えた、 こそれは軽いリズムこ乗った調子のよいもので、その調子のよさは、一度に聞くものを圧倒させたのである。 その軽い節調は、上州人特有の好奇心を見事にとらえて、大いに評判になり「源太節」と呼ばれ盛行することになる。 しかし、源太節の初めは、囃子方がなかった。源太と一緒にいた小林半七さんの話には、はじめはただ一人で、囃子なしで唄ったのであるが、暫くたって中島の連中が工夫して、樽やカネ、笛をこれに合わせて囃子方をつくると、源太節は一世を風靡することになる。 いわゆるチャカポコ、チャカポコという軽いリズムの囃子方は中島の連中がつくったわけである。 もともと源太は、いわゆる粋な男で、源太一座の髪床師で一緒に興行してあるいた、桜井さんという老婆の話には、とても男前のいい芸人肌だったので、どこへ行っても女がつきまとったそうである。 八木節はますます盛んになったが、その八木節の発祥は境町在中島村である。その囃子方も中島村人によって創意工夫され、ここで十年間ほどうたわれた「源太節」がもとになったわけで八木節は上州に生まれたのであるが、八木節の名称によって、発祥の地がわからなくなってしまったのである。 その元流は口説き節で、元禄のころからの遺物である。木崎には木崎節、境町では「赤わん節」と呼ばれ、玉村には「横樽音頭」などと呼ばれた、 上州の口説き節が、越後から伝わったのは聞違いなく、明治初年、前橋民政局の達しに「古来より盆踊りと申事、当国に於ては右様賎敷き 風俗無之筈の処、近来越後辺より。。。。云々」とある。 なを、中島村は江戸時代のはじめ慶長六年に稲垣平左衛門の領地となり元和二年前橋酒井雅楽頭領、寛永十四年酒井忠能が分家領有して伊勢崎領、 寛文二年三月また前橋領、天和二年ふたたび伊勢崎酒井忠寛が領有して、明治にいたるまで伊勢崎藩が領有していた。明治元年四月明治政府のもとに 伊勢崎藩となり、翌二年伊勢崎県の支配、同四年十月伊勢崎県を廃して群馬県の支配となった。ついで熊谷県となり、明治九年また群馬県となった。 中島は大名領一給地で、古くから柿沼弥右衛門が名主を世襲していた。 今の柿沼十二家だが、寛政六年に名主年番制を定めた。村役人は名主が一人、組頭二人で、三人の村役人が、その以後は一年交替で名主と組頭を勤めるわけである。村役人源右衛門は柿沼了三家である。  天和二年のときの家数は四十二軒、人数は二百十七人で、慶応元年には家数六十七軒、人数三百四十四人、昔から農業も盛んだったが、舟頭稼業が多かった。また中島河岸から伊勢崎へ通じる道を駄賃馬道と呼んでいる。男が舟頭渡世だったので、馬子には女が多く、姉さんかぶりの女馬子がいい声で馬子唄をうたいながら馬を曳いたと古老が伝えている。  明治八年村内薬師堂に中島小学校が開校され、町田金十郎が初代校長となった。明治十二年四月中島、小此木、境の聯合戸長役場となる。 そして二十二年四月の剛志村合併となり、昭和三十年境町と合併となる。以上の事から、 八木節の発祥は境町在中島村「現群馬県伊勢崎市境中島」で、源太と関わりのあった方々の墓石も有り又、子孫も健在で検証する事が可能であり、 柿沼、尾島家の家系も正確であることから従来の木崎節起源説と口説節起源説とは矛盾が少なく妥当で正確な近世歴史の証となる。

一方、郷土史家の台一雄は、八木節の起源は古くから八木宿の近くの集落で古くから使われていた盆踊り歌の神子節で、これに他地域の民謡(木崎節も含む)の特徴が若干混ざったものだと主張した。台は著書『八木節 その源流をさぐる』で、従来の木崎節起源説と口説節起源説を否定している。



パンジー⑧
                 
        

上毛かるた

2014/ 01/ 04
                 
 昭和22年に「遊びを通して子供たちが群馬の地理、歴史に興味を持つことで郷土、次いで国を愛する精神を植え付けたい」との思いから、読み札を公募して製作・発行された。



 【産経ニュース 2013.10.20 12:55】
 群馬文化協会は19日、前橋市内で役員会を開き、上毛かるたの著作権、商標権を県に譲渡する方針のほか、譲渡後に協会を解散することを確認した。


か ・・・ 関東と信越つなぐ 高崎市
き ・・・ 桐生は日本の 機(はた)どころ
く ・・・ 草津よいとこ 薬の温泉(いでゆ)
け ・・・ 県都前橋 生糸(いと)の市(まち)
こ ・・・ 心の灯台 内村鑑三


 高崎、桐生、草津そして前橋。
 お馴染みの名前のところですが、桐生は一度か二度くらい(途中下車しないで車で桐生市内通過は、何度もあります)しか行ったことがありません。

 群馬は温泉が多いということもあり、「上毛かるた」には、草津温泉、伊香保温泉など、温泉地がたくさん詠みこまれています。
 キリスト教徒の内村鑑三、新島襄などの著名人をはじめ、群馬に縁が深い人々の足跡を後世に伝えるために、「上毛かるた」は、その名を遺しています。

 前橋キリスト教会に、高校生時代通いました。舟喜拓生牧師の演劇指導のもとに、クリスマスイブに晴れ(?)の舞台にも立ちました。
 「 エマ エマ レバ サバケタニ  主よ! 主よ! どうしてわたしをお見捨てになったのですか 」という、セリフのところは、今でも覚えています。 1927年生まれの拓生牧師、ご健在と思います…
 追記デス:・東京の浜田山に住んでいたとき、浜田山キリスト教会に一度、足を運んだことがありました。 ・下高井戸駅で、偶然、拓生牧師に会ったことも、思い出しています。東京のとある街中で偶々顔を合わせるということって、不思議といえば不思議ですね。




P1050692(1).jpg