FC2ブログ
        

夏ですが。書き初めで思いだすこと

2021/ 08/ 18
                 

 機織りの後姿の母遠くふるさとの夏カナカナの鳴く


 無.
  〈父が敬愛してやまなかった会津八一。秋草道人書「無」。今年、会津八一生誕140年〈8月1日生れ〉、逝去して65年〈2月21日没〉となります。〉


八月になると、父のことが思い起こされます。
わが家の「書き初め」は、前の年の大つごもりに貼りだしていました。
何枚も何枚も筆を運びます。
これで、どう!? と、幾つか気に入った作品を並べます。
そして、毎年同じことが繰り返されます。
父は、「これかな」と右端の作品を指さします。
ところが、母は、真ん中の作品を見て、「これがいいわ!」と。
そうなんです。
毎年毎年、同じことになるのですが、父が選ぶ作品と、母が選ぶ作品は、一度たりとも同じということがなかったのでした。

東京で生まれ育った母は、二人の姉も指導を受けていた、さる高名な書道家のもとに通っていました。
後年、ある人から伺ったこととはなりますが、お弟子さんたちの間で、美人三姉妹として評判だった。と。

8月19日は、父母の結婚記念日です。

追補:
 お正月。
 「お年玉」の袋と「お書き初め料」の袋が、元旦に懐に入るのです。
 本家に年始のご挨拶に伺います。
「お年玉」と「お書き初め料」を、伯父から頂くのです。
お年玉とあわせて書き初め料です。二つの袋です。
本家の下段(げだん)の間(ま)には、ずらっと書き初め作品が並べられています。
私は、思うのです。
子供心に、お習字はもっと熱心に励まなければ・・・と。
私のきょうだいたちと、いとこたちの書き初め作品と、見比べられているのですから、自分ながらに、もっと上手にならなければ、と、思ったことでございました。




                 
        

記念写真あれこれ・・・一族82名・・・

2021/ 08/ 14
                 

 家系譜の発刊記念一堂に会しふるさと先祖窓幾つ

 朝早きカナカナ輪唱夢の中

 夕暮れのカナカナ遠く帰り道

 蝉しぐれカナカナ挽歌ふるさとの父筆による一族血筋


 正諫一心



82名の一族の写真。

 刊行記念会

今から32年前の平成元年5月28日の日曜日。

 氏名23左最前列 - コピー



家系譜発刊記念会、受付の一人となりました。

 題.j



父の命日。
間もなく15年を迎えます。



                 
        

雲、雲、雲、雲、・・・

2021/ 08/ 08
                 

 おい少年いつだったかと誰に聞く暑かった日さ雲が見ていた


 1雲その1

 なびく雲

 近隣公園の雲2

 近隣公園.


                 
        

父の思い出 垣根の剪定・・・

2021/ 05/ 29
                 

 トラ刈りは頭だけではないわいな垣根剪定父ほめそやす


 満月の一日前


あれはいつのころのことだったでしょうか。
田舎の家の垣根の剪定を父に頼まれました。
われながらあまりに情けない虎刈りというお粗末な結果となったサザンカとサンゴジュの垣根です。
(にもかかわらず)
「見事な出来栄え!」と、父。
私は思いました。
来年にはもっとましな刈り方ができるようにしようと・・・。

 わが家の垣根はヒイラギです。
 田舎の家の三分の一ほどの土地ながら、汗をかきかき剪定に励みました。
 5袋分となりました。

間もなく、父の生誕108年を迎えます。
田舎の家の垣根の剪定したときの、父の言葉を思い出しています。

                 
        

昔のことです。軌道車両に乗って耳鼻科通いしました。

2021/ 05/ 13
                 

 じゅん散歩館山巡り思い出す海水浴で耳の病気に


 1-1東武伊香保軌道線


 ご存じか軌道鉄道懐かしきたずね行く先伯父伯母の笑み



 5月10日(月)のテレビ朝日。
 この日の「じゅん散歩」は、館山でした。
 はるか以前に、きょうだい、いとこたちと、夏の館山に行ったことを思い出していました。
 〇△の保養施設の海の家に泊まりました。
 初めての海水浴です。
 はしゃぎまわったのがいけなかったのでしょうか。
内耳炎か中耳炎だと思うのですが、耳の病気にかかってしまったのです。
おそらく、館山の町医者で治療を受けたと思うのですが、姉や兄たちの夏休みということもあって、海水浴旅行が終わっても、小諸の家にはもどらず、いとこたちの住居である本家で過ごすことになりました。
 
 伯父の付き添いで、本家から前橋の耳鼻科にしばらく通うことになりました。

 1-2渋川前橋間軌道

 その時通院に使っていたのが、軌道車でした。

 1-3前橋荒巻の軌道車両