FC2ブログ
        

遥かなるふるさと 祭太鼓

2019/ 08/ 01
                 
 遥(はる)けきや笛や太鼓の音の色も闇の奥処(おくか)にひそやかに消ゆ

 遥かなる祭太鼓の音恋し

 耳元に祭太鼓の残照しじま


 4-6祭太鼓 - 20190721

 
 ふるさとをもっていますか・・・


  2-4熊谷うちわ祭り  祭禮 令和元年七月二十一日


                 
        

季節の風物詩 落ち鮎料理 いまはむかし

2019/ 07/ 30
                 
 落ち鮎や利根の川面のさざ波か


 鮎の塩焼き 20120814
  (2012年8月、前橋の家の庭で、鮎の塩焼きをスモーク風味にして、手間暇かけて仕上げました。)


 7月29日朝のNHKテレビで放送していた、落ち鮎の映像(栃木県那珂川の簗)をみて思い出しました。

 
 ある年、父の所望により、坂東簗に出かけました。
 うるかは、ことのほか父のお気に入りの鮎料理です。父は昔を懐かしむように目を瞑りながら味わっていました。
 ひととおりの品々を味わってから刀根の川風に送られ、家路につきました。
 それからどのくらいの時が経ったのでしょうか。
 人づてに耳に入ったところでは、土地の主が地代の値上げを借主側に伝え、承服しかねるといった経緯で、クローズしたということです。


                 
        

時代の証言者 森は海の恋人 畠山重篤 少年時代 雪の季節

2018/ 12/ 28
                 

 ・・・ 少年時代、雪の季節といえば「そり遊び」です。自宅は海抜25メートルの高台にあり、玄関から海辺までが70メートルほどの下り坂を滑って、転んで遊びました。スキー板や橇(そり)はとても買うことができませんから、道具は手づくりです。太い竹を半分に割いて節を削り、先を火であぶって短いスキー板のようなものを両脚につけて滑り降りました。
 カチンカチンに凍った近くの田んぼでは「下駄(げた)スケート」をしました。文字通り、左右の下野の下に鉄の棒をつけ、それをスケート靴がわりにするのです。・・・ 

 2018年12月22日(土)、読売新聞朝刊の「森は海の恋人」シリーズ⑤の一節です。

 信州小諸にいた当時のことを思い出しました。
 子どもたちの遊びといったら、家の中でのことよりも外でのあれこれの方が多かったように思います。
 篠竹で弓を作りました。弦も矢も自前です。
 雪が降れば、「森は海の恋人」の作者と同じようにして、竹スキーをつくりました。ソリは林檎箱の下に割った竹を半分づつにしてくくりつけます。
 鉄の棒を付けた下駄スケートは、街中で売っていたものを使いました。
 千曲川のダム下の広い水面は氷が張り、絶好のスケート場となっていましたが、危険ということでそこでは滑らせてもらえませんでした。
 野岸小学校の校庭の日陰が、毎冬スケートリンクとなっていました。
 
 小諸は懐古園や島崎藤村所縁の土地でも知られていますが、浅間山の裾野のから千曲川までに面した斜面に寄り添った場所にあります。
 家から小学校まで、往(い)きは上り坂、復(かえ)りは下り坂となります。
 先ほどグーグルマップで検索してみたところ、片道2㎞ほどの距離だったということが判りました。


 (※:このところ予約投稿が多くなっています。)


 〈追記※ハクチョウのこと:毎日、冬水田んぼに行っていますが、まだ姿を現していません。前のシーズンの初飛来は元旦だったそうです。〉
                 
        

福寿草

2018/ 02/ 12
                 
 前橋の家の庭の福寿草です。
 今年はいつもの年に比べて、遅く咲き始めたのかなというように感じました。
 雪もあちらこちらに残っていました。
 
 昨日(2月9日)はウグイスが二羽やってきたそうです。
 あゝもうそういう時期になっていたんだ・・・と、兄夫婦がお互いに話したとのこと。
 というのは、私もその場にいたのですが、昨年の2月10日、ウグイス一族郎党が庭に訪れたときのことを思い出したからだそうです。



  福寿草(2018年2月10日)
前橋 福寿草 20180210



                 
        

福寿草 旧正月

2018/ 01/ 27
                 

 2013年2月10日に撮った福寿草です。
 前橋の家の庭の福寿草です。
 この日は、旧正月でした。

福寿草 2013年2月10日




 今年の旧正月は、2月16日です。
 
 
 来年以降の旧正月をなぞってみることにいたしましょう。

 2019年は2月5日、その翌年東京オリンピックの年は1月25日、
 以降、2月12日、2月1日、1月22日と続きます。
 そして2024年の正月が、2月10日となります。