FC2ブログ
        

「空也を尋ねて」箱田の伯父のこと -6-

2016/ 07/ 15
                 


 初版本のことをあれこれ書いても、誰も見ないよ。ということらしいので、今回で幕引きということに致します。

 
 《 大杉の下に大石一つあり我の時折きて嘆くところ 
  この大杉も大石も家の西南隅にあってその下は幾丈かの土手になり、ここから利根川の向うに榛名山が一望に見晴るかせる。ちょうど真正面に水沢山があり、その真下には銀杏の黄色い水沢観音と、その庭に友人上野勇さんの建てた暮鳥の詩碑がある。秋になると私はいつもここに立って遥か小さな銀杏を望み友人の詩碑を思い浮かべるのであったが、今年は失明してしまって最早何も見えない。・・・ 》(「習俗歳時記 補修再版」あとがきより)

 箱田の家には、何棟もの蔵が塀で囲んだ敷地内に建っています。そのうちの一つを私たちは「隠居蔵」といっていましたが、その2階を「橘山房」として、誰でもが自由に使える図書室としていました。
 伯父は新刊本を贖う時はいつも2冊揃えていました。前橋の煥乎堂がそのつど届けに来ていましたから、全て初版です。
 発行数限定本も時折みかけます。あるとき、出版社から限定本の寄贈があったといって、ある作家のサイン入りの小説を手渡してくれました。私はこのとき、「初版本」という他に、「限定本」という存在を知ることとなりました。
 
 そういえば、この隠居蔵に、女子大生が父親を引率者として、卒業研究のために、夏休み期間中毎日のように出入りしていました。箱田の家に行った折にこの妙齢の人に偶々お会いしたのですが、なんとこの女性は私の中学時代の同窓生でした。前橋市立図書館長の紹介でお邪魔することになったということでした。それにしてもお父様つきとは・・・と心密かに思ったことです。


 「習俗歳時記」の補修再版が発行することが決まり、伯父から私に、この本の校正をするようにと、声がかかりました。
 この当時、サラリーマンの端くれとして、月月、火水、木、金金の日々をおくっていましたので、折角のチャンスであったのにも関わらず、残念ですが・・・という言葉がすぐ口に出ていました。

 あれから幾星霜、今でも時折、このときの情景を思い出します。

 それにしても、隠居蔵の2階は書物などの宝庫でした。書道用紙などは、唐紙(この画仙紙は江戸時代に漉いたものだそうです)なども大切に保存されていました。
 平成27年3月30日発行の『前橋風 創刊号 特集 再考・前橋城』にも、個人蔵として箱田の家の「鎧兜」の写真が掲載されています。鎧兜・真剣を身に纏った一昔前の写真が手元に残っていたことを思い出しました。そういえばこの当時は法螺貝を上手に吹けましたよ。大きな立派な法螺貝でした。ですが、今はホラ話はあまり巧くありません。
 
 江戸、明治、大正、昭和と、伯父のお気に入りの蔵書が並んでいた橘山房の書庫。
 きっと、夏目漱石の「吾輩ハ猫デアル」の初版本が、棚の一隅に鎮座ましましていることでしょう。




                 
        

「空也を尋ねて」〈4つの小説の初版本〉 -5-

2016/ 07/ 14
                 



 夏目漱石の「吾輩は猫である」、林芙美子の「下町(匂い菫)」、舟橋聖一の「白い魔魚」、そして小島政二郎の「金の指」のそれぞれの小説の中に、「空也」の和菓子のことが書かれています。

 この四つの小説全てを揃えようと思い立ってから、何年が経ったことでしょうか。

 「下町」は単行本になっていなかったので、手元にあるのは文庫本です。幾年か前に「3版」を取り寄せたのですが、今年「初版」を得ることができました。

 「吾輩は猫である」の初版本は諸般の事情で入手できませんでしたが、初版本の復刻版が近代文学館より発行されていることが判り、これも今年になって手元に置くことができました。

 単行本で初版本の「白い魔魚」と「金の指」も昨年までの間に、いつのまにか本棚に並んでいました。
 4冊すべて揃い、まずは念願が叶ったことになります。

 
 「アマゾン・古本」、「ヤフーオークション」、そして「BOOK TOWN じんぼう」を幾年か検索し探し求めた結果の、四冊揃えです。


『新選 名著復刻全集 近代文学館』
「吾輩ハ猫デアル」夏目漱石著.(大倉書店・服部書店版/初版本復刻) 刊行:財団法人日本近代文学館
 〈外函入三冊揃い・上編:昭和49年5月1日発行 ・中編:昭和49年5月1日発行 ・下編:昭和49年5月1日発行〉
⑩ 吾輩ハ猫デアル 復刻版揃い  吾輩は猫である 上編  ⑪

吾輩は猫である 中編 ⑫  吾輩は猫である 下編 ⑬  



「下町」林芙美子著.発行所:株式会社角川書店(角川文庫).昭和32年5月30日発行.
☆「匂い菫」は、「下町」と題した本の中の短篇小説の一つとして入っていますよ。と、古書店の方に教えて頂いたことで入手できました。それまでは何年もの間「匂い菫」で検索していましたので、拉致があかなかったのです。
林芙美子 初版本 下町〈匂い菫〉 ⑭




「白い魔魚」舟橋聖一著.発行所:株式会社新潮社.昭和31年3月30日発行.
白い魔魚 初版本 舟橋聖一 ⑮



「金の指」小島政二郎著.発行所:株式会社光風社.昭和39年11月25日発行
金の指 初版本 小島政二郎 ⑯


                 
        

「空也を尋ねて」〈夏目漱石著 吾輩は猫である①〉 -4-

2016/ 07/ 13
                 


神保町古書店の『吾輩ハ猫デアル』。
 「初版本 上中下3冊350万円(2015.10.05 16:00)」と出ていました。
  「上」が3版で、「中」と「下」が初版の3冊セットが60万円ほどで検索されました。

 国立国会図書館蔵では、「上中下3冊セット」は、7版本が蔵されています。

夏目漱石の処女小説『吾輩は猫である』は、1905年1月から1906年8月まで『ホトトギス』に発表された長編小説ですが、この文中に「空也」の和菓子が出てきます。

 
先ほど、初版本と書きましたが、『吾輩ハ猫デアル』は明治38年10月6日に上篇(第1~第5章.定価95錢)、明治39年11月4日に中篇(第6~第9章.定価90錢)、明治40年5月19日に下篇(第10~第11章.定価90錢)と菊判三分冊が最初に世に出ました(発行所:大倉書店・服部書店)が、一冊の本にまとめた初版本としては、明治44年7月2日に大倉書店が三五版(縦15.0cm、横9.0cm、厚さ2.2cm.定価1円30銭)で出版しています。

吾輩は猫である ⑥ 縮小版一冊本表紙


                 
        

「空也を尋ねて」林芙美子著 下町 -3-

2016/ 07/ 06
                 


  林芙美子の短篇小説「匂い菫」は、角川書店発行の「下町」に収められています。
 「解説」の冒頭に、《こゝに集めた諸篇は、昭和二十四、五年に属している。最後の「御室の櫻樹」などは、林芙美子の死ぬ前月、つまり二十六年の五月號の文春別冊にでたものだ。》とあります。「匂い菫」に関しては、《・・・「匂い菫」女主人公のつたは、たゞ生活の必要だけから、七十三歳の今村老人を旦那にして、既に四年を經過した。つたの方がはるかに若いのである。作品はつたの過去を、・・・》と書き連ねています。

 手元にあるのは文庫本です。

下町 林芙美子 角川文庫 初版本 ①
 下町 林芙美子著 角川文庫 昭和32年5月30日初版発行 発行所株式会社角川書店


あの当時の小説として、一般的にはまず「単行本」として発行され、その後に「文庫本」が世に出ています。

 この「下町」もてっきり単行本があるだろうと思い、あちこち検索してみましたが、一向にヒットしません。
 念のためと思い、国立国会図書館に収められている林芙美子の全著作を調べたところ、「下町」は文庫本のみが発行されているということが判りました。

記録も大切なことの一つですので、ここに載せておくことに致します。

・No.:21.
・資料種別:図書.
・タイトル:下町 : 他四篇.
・著者:林芙美子 著.
・出版者 / 出版年:角川書店、1957.
・シリーズ等:角川文庫.
・請求記号:913.6-H368d2.
・所蔵・申込み:全館の所蔵 Database Linker.



                 
        

「空也を尋ねて」 樋口修吉著「東京老舗の履歴書」・「老舗の履歴書Ⅰ」 -2-

2016/ 07/ 04
                 


 「アマゾン」で、中公文庫の「東京老舗の履歴書」の注文手配をした後に、単行本の「老舗の履歴書Ⅰ」(中央公論社発行)が、「アマゾン・古本」にも出ていることが判りました。

 両著とも「元黒門町の空也」が載っています。発行年月日の早い単行本の方を手元に置いておきたいという気持ちがまさり、文庫本を購入手配した当日に「東京老舗の履歴書」のキャンセル手続きを取りました。折り返し、「アマゾン」と発売元の書店から「キャンセル了承しました。」旨の返信メールが着信となりました。

 それでは、ということで改めて単行本の「老舗の履歴書Ⅰ」の購入手続きを取りました。

 それからちょっと経って単行本の「老舗の履歴書Ⅰ」が届きました。
 そして、またちょっと経ってから文庫本の「東京老舗の履歴書」が届きました。

 考えてみますに、それぞれの手続きが自動送信のシステムになっていて、仕組み同士の相互の関連性がリンクしていない結果、
それはそれ(キャンセル承りました)、これはこれ(申し越みの書籍の「発送のお知らせ」と「梱包発送」)という結果につながったのかなとちょっと思ってもみたりしました。結果としては、文庫本は送料も含めてたいした額でもなかったので、両方とも買うことにしました。

 そういえば思い出したことがあります。
 以前、「巴御前(一)・巴御前(二)・巴御前(三)」(松本利昭著.光文社時代小説文庫)の3冊1セットを「アマゾン」で注文したことがあったのですが、同じものがタイムラグして二つ届いたことがありました。
 後から届いた本も送料も含めてたいした額でもなかったので、先方にはクレームはつけませんでした。
 ですが、全く同じ本ですので、片一方の3冊1セットはパックされたママの状態になっています。
 振り返ってみますと、後から届いた方は、購入手続き完了の一歩手前までの手順はしたのですが、思い直してリターンの操作をして、最終的に買い物かごには入れませんでした。
 どこでどうしたかたちで「自動操作」されたか今以て、摩訶不可思議なことに変わりはありません。
 何れにせよ、前以てこれを買うと決めてから、手続き操作をすること。という鉄則を守れば、余分なものを買うことはないということを改めて思い知った次第です。
 皆さんも、書籍類に限らず「アマゾン」で物を買い求めるときは、事前に十分検討して、買うと決めてからワンパターンでの操作をすることをお奨めします。


 というようなことはさておきまして、樋口修吉が選んだ、単行本の「老舗の履歴書Ⅰ」・「老舗の履歴書Ⅱ」と、文庫本の「東京老舗の履歴書」の違いが、両者を見て判りましたので、ここに付記しておくことに致します。
 なお、単行本と文庫本のタイトルの違いを、作者は、「・・・原本は『老舗の履歴書』と"東京"がついていませんでしたが、私が取材したのはまさしく東京の老舗ばかりなので、文庫では改題することにしました。・・・」と記しています。

 もう一つの違いは、店舗の取り上げ数です。原本にはⅠとⅡがあり、合わせて十六の老舗を取り上げていますが、文庫化にあたり、簡潔に一冊にまとめるということになり、九の老舗となったと、作者は苦渋の選択の弁を文庫版の「はじめに」で述べています。
 それでは、その老舗の名前をページ順に載せてみることに致しましょう。

「老舗の履歴書Ⅰ」・三十間堀のボルドー、・旧木挽町八丁目の竹葉亭、・元黒門町の空也、・日本橋室町の山本海苔店、・旧米澤町三丁目の鳥安、・新富町の大野屋總本店、・銀座五丁目の壱番館洋服店、・谷中三崎坂のいせ辰。

老舗の履歴書 Ⅰ -2・2-
 著者樋口修吉 発行所中央公論社 1999年5月25日初版発行

「老舗の履歴書Ⅱ」・三田三丁目の大坂屋、・駒形の越後屋こまがたどぜう、・根岸芋坂の羽二重団子、・旧八官町の安房屋、・旧尾張町二丁目の銀座くのや、・神田須田町一丁目のまつや、・元銀座煉瓦街のギンザのサヱグサ、・旧日本橋瀬戸物町のにんべん。

「東京老舗の履歴書」:・三十間堀のボルドー、・旧木挽町八丁目の竹葉亭、・元黒門町の空也、・銀座五丁目の壱番館洋服店、・谷中三崎坂のいせ辰、・三田三丁目の大坂屋、・根岸芋坂の羽二重団子、・旧尾張町二丁目の銀座くのや、・神田須田町一丁目のまつや。

東京老舗の履歴書 中公文庫 -2-
 著者樋口修吉 発行所中央公論社 2001年5月25日初版発行