FC2ブログ
        

行田 成就院三重塔 雪がみぞれに変わり・・・

2020/ 04/ 01
                 
 一基みる三重塔さきたまに思いを馳せて三度訪問

 5-2成就院三重塔


 埼玉県内に現存する江戸時代建立の三重塔は、比企郡吉見町安楽寺、川口市立野西福寺と行田市成就院の三基のみです。
 成就院の今の本堂は、現代の宮大工を代表する小川三夫〈※註〉氏の率いる鵤工舎が施工し、平成11年(1999年)に落慶しました。

 5-6成就院本堂.

 また、成就院は、忍城下七福神の「寿老人」のお寺でもあり、行田十五番霊場「十三番札所」でもあります。

 5-3寿老人


〈※註/小川三夫(おがわみつお):昭和22年(1947年)、栃木県生まれ。昭和41年(1966年)、栃木県立氏家高等学校卒業。卒業後、西岡常一棟梁の門を叩くが断られる。飯山の仏壇屋、日御碕神社、酒垂神社で修行をしたあと、昭和44年(1969年)、西岡棟梁の内弟子となる。
 法輪寺三重塔、薬師寺金堂、同西塔の再建に副棟梁として活躍。昭和52年(1977年)、鵤工舎を設立。以後、国土安穏寺、国泰寺をはじめ、全国各地の寺院の修理、改築、再建、新築の設計・施行、模型製作に当たった・・・。〉


 成就院三重塔

5-8成就院三重塔アップ

 この三重塔は、享保14年(1729年)に建立されたもので、昭和56・57年に解体復原工事を実施し、現在に至っています。塔内には、忍城主阿部豊後守忠秋より拝領と伝えられる葉衣(ようえ)観世音菩薩が本尊として安置されています。
地方の大工の手による特色ある塔で、1間4面、初重(しょじゅう)柱間一間、銅瓦棒葺の構造となっています。各層とも二手先の料栱(りょうきょう)、吹寄棰(ふきよせたるき)一軒、各種箱型の積み上げで、塔の中心柱は2層で止めて下に降ろさず、内陣には須弥檀(しゅみだん)を設け、格天井(ごうてんじょう)を組み、花鳥の図を飾っています。
享保時代の強い観音信仰を背景に建立されたものと思われますが、江戸時代の三重塔は埼玉県内には3基のみで大変貴重なものと言えます。
• 読み  じょうじゅいんさんじゅうのとう
• 区分  県指定有形文化財
• 種別  建造物
• 員数  1基
• 所在地 行田市長野7618 成就院
• 時代  江戸
• 形状  総高11.18m、間口奥行2.24m、相輪高2.92m
• 公開/非公開  公開
• 指定年月日   昭和50年3月31日
~行田市教育委員会公式サイトによる~

 5-①成就院三重塔その1遠景
                 
        

行田 八幡山古墳石室 武蔵野の石舞台

2020/ 03/ 31
                 
 石室に思いめぐらすロマンの香歴史を辿りむさしの遥か

 10-1八幡山古墳石室

 八幡山古墳石室は、奈良県明日香村の石舞台古墳に匹敵する巨大な岩室の遺構です。

 10-6八幡山古墳石室に上がって

 石室内の公開は、土曜日・日曜日・祝日〔年末年始を除く〕となっていましたが、この日の日曜日、鍵がかかっていて中に入ることはできませんでした。〈「臨時休館 3月15日(日)まで」〉の掲示はされていましたが。〉

 10-3八幡山古墳石室入口

 

 八幡山古墳石室

八幡山古墳は、この周辺に広がる若小玉古墳群(わかこだまこふんぐん)の中心となる古墳で、7世紀前半に造られた直径約80mの大型の円墳と推定されています。
昭和9年(1934)に、約2km東にあった小針沼(こばりぬま)の干拓事業のため古墳の封土を崩した際に、石室が現れました。翌年の発掘調査の結果、石室はほぼ南北に位置し、南を正面とする前・中・後室の3室からなる全長16.7mの巨大な石室であることが明らかになりました。各室とも秩父地方から運搬された巨大な緑泥片岩(りょくでいへんがん)と安山岩で築造されています。その後、昭和52年から54年に発掘調査と復元整備が行われて現在の姿になっています。

 10-5八幡山古墳石室 積み石

発掘調査では最高級の棺である漆塗木棺(うるしぬりもっかん)の破片や銅鋺(どうわん)など豪華な遺物が発見されており、この古墳に葬られた人物がかなりの権力者であったと考えられることから、「聖徳太子伝暦(しょうとくたいしでんりゃく)」に登場する武蔵国造物部連兄磨(むさしのくにのみやつこもののべのむらじあにまろ)の墓と推測する説もあります。奈良県明日香村の石舞台古墳(いしぶたいこふん)に匹敵する巨大な石室であることから、「関東の石舞台」とも呼ばれています。

 10-4八幡山古墳 積み石に雪


 八幡山古墳石室
• 読み はちまんやまこふんせきしつ
• 区分 県指定記念物
• 種別 史跡
• 所在地 行田市藤原町1-27-2
• 時代 古墳
• 形状 石室全長16.7m
• 公開/非公開 公開( 石室内の公開は土曜日・日曜日・祝日〔年末年始を除く〕)
• 指定年月日 昭和19年3月31日
~ 行田市教育委員会公式サイトによる ~

 10-2八幡山古墳桜の枝に雪が

                 
        

ヒレかつサンド  那のつ まい泉

2019/ 09/ 07
                 
 ブランドは3万食のかつサンドご当地グルメ一日10食


 1 那のつのかつサンド外函



2018年12月19日放送の、テレビ東京「カンブリア宮殿」。
まい泉の「ヒレかつサンド」〈※註〉は何故1日3万食以上も売れるのか?
という見出しで始まりました。
 〈※註:ヒレかつサンド(6切)本体価格780円〉

 先日、「那のつ」〈※註〉のかつサンド(ヒレかつ)を買いに行くために、行田の「古代蓮の里(公園)」〈行田市小針2375-1.Tel048-559-0770〉に行ってきました。〈売店は10月14日まで無休.営業時間は9:00~16:00.〉
 かつサンド(680円)は、毎日限定数で販売していますが、私がお昼ちょっと前に出向いたときは、かろうじて2つが残っていただけでした。

 2那のつのかつサンド


 〈※註:味工房「那のつ」~とんかつ・和食の店~
埼玉県行田市長野1-33-10
TEL/FAX:048-555-1450

【営業時間】
 11:30~15:00(ランチタイム)
 17:30~22:00(平日)
 17:00~22:00(休・祝日)
【定休日】
 毎週月曜日、第3火曜日
(祝日の場合には営業し、翌日定休) 〉
 

                 
        

いにしえ思ほゆ 古代蓮の里

2019/ 07/ 21
                 
 さきたまの名の残る地に古代蓮残る実あり今にして咲く


 6-11行田蓮 -
  行田蓮(古代蓮)



 夏休みの宿題

 小学五年生のときから集め始めた日本のコイン。
 本家が発行した「今善」という字が刻んである鉛で出来た円形の金属は、近隣で通用する貨幣の代用品となっていました。
 (「管」の公の機関が発行したものではなく、単なる市井の民間人が発行したものですが、「貨幣」といっていいものだとは思っています・・・)
 その一つを手にしたのが、コイン収集を趣味とするきっかけになりました。
 ときには、 日本の通貨に関する書籍を求めに、群馬の片田舎から上京し、神田の古本屋街まで足を運んだこともあります。
 またあるときは、父の会社の同僚の方から、大変貴重な書籍も頂戴しました。この本は今も私の手元にあります。

 12 日本通貨変遷図鑑.
 (「日本通貨変遷図鑑」〈発行所/財団法人大蔵財務協会. 指定発売元/日本通貨変遷図鑑頒布室.監修/大蔵省管理財局.大蔵事務官渡辺正次郎. 昭和30年9月10日発行.)

 ・・・
 中学時代、社会科の井上先生から、皆の前で大層褒められた、「日本の貨幣の歴史」。
 夏休みの宿題で、私がとりあげたテーマです。
  


 蓮ものしりブック

 
 6-1q -

 6-2 q -

 6-3 q -

 6-4 q -

 6-5 q -

 6-6 q -

 6-7 q -

 6-8 q -

 6-9q -



 6-10-2 蓮ものしりブック



                 
        

花蓮の名所 行田「古代蓮の里」

2019/ 07/ 20
                 
 蓮の花命短かし古代より時空奥処(おくか)に武蔵国原


 3-2 蓮茎につゆ


映画「のぼうの城」、テレビ「陸王」などでも、つとに知られている行田市。
 東日本最大の古墳群を有する「埼玉古墳群」は、国宝「金錯銘鉄剣など…」が出土した稲荷山古墳、武蔵の国で最大の前方後円墳の二子山古墳、日本最大級の円墳の丸墓山古墳など、9基の古墳が公園内に点在している風光明媚な地でもあります。


 3-1蓮葉につゆ -


 その行田市には、花蓮の名所「古代蓮の里」公園があります。
 東京ドーム約3個分、14ヘクタールの園内には、行田蓮など、42種類、12万株の蓮をご覧いただけます。
〈ウチ「世界の蓮園」は、40種類約2万株〉

 3-3 行田蓮(古代蓮)


 8月4日までは、無休(「古代蓮会館」、「売店」、「うどん店」)です。
 同日までの営業時間は、古代蓮会館(7:00~16:30〈入館16:00マデ.入館料:大人400円、小人200円〉、売店(7:00~16:00)、うどん店(9:00~14:00)となっています。
 その間、駐車場は5:00から利用できます。(490台収容.乗用車500円/1台)


 3-4 行田蓮満開


古代蓮の里では、行田蓮を含む42種類の花蓮をご覧いただけます。
花の開花時期は種類によって異なりますが、古代蓮である行田蓮は6月下旬から8月上旬に咲きます。



 古代蓮の里
 「古代蓮会館」
 埼玉県行田市小針2375-1
 tel.048-559-0770