FC2ブログ
        

渋川市「たちばな竹の里フェスティバル」 -4-

2014/ 10/ 20
                 
渋川市「たちばな竹の里フェスティバル」 -4-

ブルーベリーの苗木①

 小学生の男の子二人が、緑の羽根募金を呼び掛けています。 コインを二つ箱に入れました。その募金活動の呼びかけの前で、午後3時半から、苗木のプレゼントがありました。ミカンとブルーベリーです。先着順でした。私はブルーベリーを選びました。竹炭も先着順無料配布です。
 竹の葉に願い事を書いた短冊をつけると、ポップコーンを頂けます。私は二つ願い事を書きましたので、ポップコーンを二つ渡してもらいました。苗木もポップコーンもそれぞれポケットティッシュつきです。

ポップコーン①


  無料の焼肉(上州豚)が提供されるのも、午後3時半からです。
 テントの下では、日本赤十字の募金箱が置いてあります。ワンコインを入れました。ジューシーで、味加減もほどよく整っています。
  隣には牛乳も無料で振る舞われています。冷たくあっというまに喉を通って行きました。

焼肉を焼いているところ①

テントを上から見たところ①


 コーヒーが飲みたくなったので、館内の一角でしばし休憩。うどん、おいなりさんなどを売っています。コーヒーは紙コップで一杯100円でした。お代わりしました。

 無料の豚汁は、午後4時40分からと書かれていました。10分ほど並んで、アツアツのを頂きました。日赤(群馬支部)の募金箱に、ワンコインを入れました。何か気に入ったものをお一つどうぞといわれたので、お手製の可愛らしい折り紙で作ったビニール袋入れを選びました。ニコニコして受け取ったところ、「奥様にどうぞ」という前置きで、更にこれも手作りのちっちゃな楊枝入れを手渡してくれました。

ビニール袋入れ表 ビニール袋入れ裏

爪楊枝入れ表 爪楊枝入れ裏


                 
        

たちばな竹の里フェスティバル -3-

2014/ 10/ 19
                 
 たちばな竹の里フェスティバル -3-

第8回渋川市たちばな竹の里フェスティバル挨拶①
 フェスティバル開会セレモニー「竹と光のページェント」受賞式

平成26年度「群馬ふるさとづくり賞」受賞団体決定
 ≪群馬県公式ページより≫
 群馬県地域づくり協議会では、「群馬ふるさとづくり賞」を設け、活力ある地域づくりに取り組んでいる、優れた団体等を顕彰しています。
 本年度は、群馬ふるさとづくり賞審査会において、「主体性」「地域性」「継続性」等を総合的に審査し、「群馬ふるさとづくり賞」1団体、「群馬ふるさとづくり奨励賞」2団体を決定しました。

群馬ふるさとづくり奨励賞:渋川市たちばな竹の里フェスティバル実行委員会 
実行委員会代表:爲谷 賢司
会員:30名 発足:平成19年
 平成19年から毎年「渋川市たちばな竹の里フェスティバル」を開催し、年々参加者を増やしている。小中学生による竹太鼓の演奏会や竹工芸品の作成体験会など、地域の資源である竹を活用した数々の取組により、地域文化の創造、発展に貢献している。

竹と光のページェント入口昼⑥
 会場入り口

会場づくり入口④
 会場づくり入口

会場づくり竹で灯そう2014② 
 2014 竹と光のページェント会場づくり

会場づくり正面③
 2014 竹と光のページェント会場づくり

竹工芸品展示会場②
 竹工芸作品展覧会会場

竹と光のページェント入口夜⑤
 夜の会場入り口







<参考>「ぐんまふるさとづくり賞」について
県内各地において、住みよい地域社会の創造を目指し、個性豊かで、活力ある地域づくり・くらしづくり・ひとづくり活動に取り組み、成果を挙げている団体、企業等を顕彰することにより、地域づくりの一層の促進を図る。
主催:群馬県地域づくり協議会・読売新聞前橋支局・NHK前橋放送局
後援:群馬県・群馬県市長会・群馬県町村会
応募の対象: 地域住民が自主的に結成し運営している団体、または、地域活動団体と積極的に連携して地域づくりに取り組む商店街、学校等、地域に即した発想・リーダーシップ・方法などにより、地域づくり・ひとづくり活動に2年以上取り組み、大きな成果を挙げて活動している団体。



                 
        

たちばな竹の里フェスティバル -2-

2014/ 10/ 18
                 
第8回渋川市 たちばな竹の里フェスティバル  -2-

 「竹工芸作品展」   

竹の里フェスティバル 幟

と き 平成26年10月18日(土)~19日(日)
ところ 渋川市北橘総合支所市民ギャラリー

竹細工作品展 ⑥





 出品者一覧の作品目録を見るまでは、てっきり地元の人たちの竹細工が展示されているのだろうと思っていたのですが、あにはからんや、富山県からも栃木県からも、そして県内13市町からの竹工芸品が並べられていました。一般申込み作品は111点に及んでいます。これだけ立派な作品の数々に出会えるとは思ってもみなかったので、全ての作品を被写体として写真に撮りました。

竹素材展示

竹工芸品コーナー


群馬県伝統工芸士 特別招待展示 
 小林 良夫 沼田市 根利のスズしょうぎ 4作品
 八木三四郎 藤岡市 日野竹細工 4作品
 前島 美江 高崎市 西上州竹皮編 4作品

NPO法人 工房あかね (前島美江氏活動団体)
 高屋敷直子 高崎市 4作品

一般申込み作品者
 安中市   8名
 邑楽町   2名
 太田市   8名
 桐生市   3名
 渋川市   7名
 高崎市  15名
館林市   2名
栃木県   1名
富岡市   2名
富山県   4名
藤岡市   1名
前橋市  18名
みどり市  2名
吉岡町   6名
北橘竹親会16名
渋川市  14名(竹工芸教室)
太田市   2名
                 
        

渋川市たちばな「竹の里フェスティバル」 -1-

2014/ 10/ 15
                 
渋川市たちばな「竹の里フェスティバル」


《群馬県渋川市公式ページより》
今年で第8回を迎える渋川市たちばな「竹の里フェスティバル」を10月18日(土曜日)、19日(日曜日)の二日間にわたり開催します。
「竹」に関する様々な催し(竹と光のページェント、竹工芸作品展、竹の子郷土料理の試食など)が行われますので、皆さまのお越しをお待ちしております。

とき:平成26年10月18日(土曜日)、19日(日曜日)
○竹工芸作品展
 ・18日(土曜日)午前9時~午後6時
 ・19日(日曜日)午前9時~午後4時
  場所 北橘総合支所市民ギャラリー
    
○竹と光のページェント ~1000本の竹と灯のコラボレーション~
 ・18日(土曜日)午後4時~午後7時
   場所 北橘総合支所中庭
 ・同日、午後3時30分から焼肉、牛乳、豚汁、ポップコーンの無料配付を行います。(数に限りがあります)

渋川たちばな「竹の里フェスティバル」1


○竹音楽の世界・第17回八木節大会
 ・19日(日曜日)正午~午後4時(予定)
  場所 北橘公民館ホール
    
○竹の子郷土料理(試食)
・19日(日曜日)午前11時30分~(数に限りがあります)
  場所 北橘公民館

○竹炭無料配付
 ・18日(土曜日)午後3時30分~(数に限りがあります)
  場所 北橘総合支所中庭
 ・19日(日曜日)午前11時30分~(数に限りがあります)
  場所 北橘公民館

問い合わせ先
 北橘公民館(事務局)
 電話番号0279-52-2300
    群馬県渋川市北橘町真壁2354
    
 ・ 北橘総合支所
    群馬県渋川市北橘町真壁2372-1
    電話番号 0279-52-2111