FC2ブログ
        

 4月3日の庭 山吹の白い花

2021/ 04/ 07
                 

 朝の庭一輪白が揺れ動くいつのまにやら山吹の咲く


 白ヤマブキ一つ


 夕方にあらためて庭に下り立ったところ、奥の方にも白い花が重なるように咲いているではありませんか。

 山吹の皆さん

 白い山吹の花に寄り添うように、ただ一つだけですが、椿も白い花を咲かせていました。

 白椿.一輪

                 
        

二羽でやってきました。 ムクドリ

2021/ 03/ 25
                 

 夫婦でもそこはかとなき距離保ちムクドリさんは矯めつ眇めつ


 3-1ムクドリ -


 ヒヨドリみたいに他の鳥たちを追っ払おうとしないムクドリです。

 3-2ムクドリ -


 ムクドリは一夫多妻制なのだそうです。
 ムクドリが集団でねぐらにとまっているときの鳴き声は、いい加減にしろ!と、ついつい叫びたくなります。
 ムクドリは一年中大集団で生活しているのではないそうです。
 今この時期、恋の季節、グループを形成していても小さな集団だそうです。
 あの喧しい鳴き声の大合唱と大量のフンの被害に悩まされるのは、秋口に入ってからだそうです。



                 
        

つがいで野鳥がやってきています。 シジュウカラ

2021/ 03/ 24
                 

 久しぶりお二人さんのシジュウカラ明日も来てねと水を取り替え


 3-1シジュウカラ.振り向いて


 シジュウカラもつがいでやってきました。

 2シジュウカラのつがい


 これで、キジバト、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメについでのお二方のお姿を見ることとなりました。

 3-2シジュウカラ後姿



                 
        

つがいで野鳥がやってきています。 スズメ

2021/ 03/ 23
                 

 春ですね野鳥のつがい入れ替わりやって来る来る朝昼夕と


 1スズメのつがい (4)


 この日は、随分と多くの野鳥がわが家の庭を訪れました。
 スズメも仲睦まじく、庭のそこかしこを歩きまわっていました。

 1-2スズメ


 そういえば、ひところに比べて、スズメの姿を見かけなくなっています。




                 
        

春です。久しぶりにムクドリのつがいがわが家の庭に。

2021/ 03/ 21
                 

 ムクドリもつがいで来たる春の庭


 ムクドリ20210317-2-2
 (ガラス戸越しにて/写真、若干補正しました)


 秋の季語の椋鳥ではありますが、春になりましたので仲良くつがいで姿を現しました。
 そうそう、俳句の季語のことですが、ムクドリは秋の時にしか詠めないということになると、春に、夏に、冬に、その姿をお見かけしても、俳句にすることは出来ないのでしょうかね。
 四つのシーズンに、ムクドリを詠い込みできるのが短歌とすると、「俳句」がもつ特性というのはなんだかつれない気が致します。
 椋鳥さん、わずか1シーズンだけの出番しかないのですから、(春爛漫のこの時期)可哀そうと思いました。