FC2ブログ
        

ハスの葉っぱから水玉が飛び跳ねる

2021/ 06/ 04
                 

 水玉の飛び散るさまに見惚れいる浮葉に浮かぶ水の不可思議 

 ハスの葉にたまった水が飛び跳ねるあな珍しや水玉乱舞


 3水が跳ねる蓮の上.


 この日は、2カ月に一度の総合病院通い。
 血圧、脈拍はいつもの通り、理想数値。
 帰り道すがら、友人から教えてもらった手打ちそば屋で昼食。

 満腹感にひたった後、「古代蓮の里」に立ち寄る。
 かろうじてハスのつぼみを見つけることができた。

 6ハスのつぼみ

 
 珍しい現象を間近に見た。
 ハスの葉っぱにたまった水が、ピョンピョンと飛び跳ねていたのだ。

先ほど、この現象をネットでチエックしてみた。
なるほど。と、思った。
「光合成の影響で、葉っぱの真ん中にあく気孔から空気が出ているから。」

 沸騰するように見えることで、「低温沸騰」ともいうようだ。


                 
        

いにしえ思ほゆ 古代蓮の里

2019/ 07/ 21
                 
 さきたまの名の残る地に古代蓮残る実あり今にして咲く


 6-11行田蓮 -
  行田蓮(古代蓮)



 夏休みの宿題

 小学五年生のときから集め始めた日本のコイン。
 本家が発行した「今善」という字が刻んである鉛で出来た円形の金属は、近隣で通用する貨幣の代用品となっていました。
 (「管」の公の機関が発行したものではなく、単なる市井の民間人が発行したものですが、「貨幣」といっていいものだとは思っています・・・)
 その一つを手にしたのが、コイン収集を趣味とするきっかけになりました。
 ときには、 日本の通貨に関する書籍を求めに、群馬の片田舎から上京し、神田の古本屋街まで足を運んだこともあります。
 またあるときは、父の会社の同僚の方から、大変貴重な書籍も頂戴しました。この本は今も私の手元にあります。

 12 日本通貨変遷図鑑.
 (「日本通貨変遷図鑑」〈発行所/財団法人大蔵財務協会. 指定発売元/日本通貨変遷図鑑頒布室.監修/大蔵省管理財局.大蔵事務官渡辺正次郎. 昭和30年9月10日発行.)

 ・・・
 中学時代、社会科の井上先生から、皆の前で大層褒められた、「日本の貨幣の歴史」。
 夏休みの宿題で、私がとりあげたテーマです。
  


 蓮ものしりブック

 
 6-1q -

 6-2 q -

 6-3 q -

 6-4 q -

 6-5 q -

 6-6 q -

 6-7 q -

 6-8 q -

 6-9q -



 6-10-2 蓮ものしりブック



                 
        

花蓮の名所 行田「古代蓮の里」

2019/ 07/ 20
                 
 蓮の花命短かし古代より時空奥処(おくか)に武蔵国原


 3-2 蓮茎につゆ


映画「のぼうの城」、テレビ「陸王」などでも、つとに知られている行田市。
 東日本最大の古墳群を有する「埼玉古墳群」は、国宝「金錯銘鉄剣など…」が出土した稲荷山古墳、武蔵の国で最大の前方後円墳の二子山古墳、日本最大級の円墳の丸墓山古墳など、9基の古墳が公園内に点在している風光明媚な地でもあります。


 3-1蓮葉につゆ -


 その行田市には、花蓮の名所「古代蓮の里」公園があります。
 東京ドーム約3個分、14ヘクタールの園内には、行田蓮など、42種類、12万株の蓮をご覧いただけます。
〈ウチ「世界の蓮園」は、40種類約2万株〉

 3-3 行田蓮(古代蓮)


 8月4日までは、無休(「古代蓮会館」、「売店」、「うどん店」)です。
 同日までの営業時間は、古代蓮会館(7:00~16:30〈入館16:00マデ.入館料:大人400円、小人200円〉、売店(7:00~16:00)、うどん店(9:00~14:00)となっています。
 その間、駐車場は5:00から利用できます。(490台収容.乗用車500円/1台)


 3-4 行田蓮満開


古代蓮の里では、行田蓮を含む42種類の花蓮をご覧いただけます。
花の開花時期は種類によって異なりますが、古代蓮である行田蓮は6月下旬から8月上旬に咲きます。



 古代蓮の里
 「古代蓮会館」
 埼玉県行田市小針2375-1
 tel.048-559-0770


                 
        

行田市制70周年記念事業「田んぼアート」 ~2015年ギネス世界記録認定~

2019/ 07/ 18
                 
 最大の田んぼアートの世界一今年は応援W杯


 2015年9月8日(火)、ギネス世界記録公式認定員、ウカソヴァ氏による認定審査が行われ、「最大の田んぼアート 記録27,195㎡」として、世界一に認定された行田市の田んぼアート。

 1-3ギネス世界記録 H27年9月8日


 読売新聞、7月16日の夕刊社会面に行田の「田んぼアート」、大きな写真入りで記事が載っていましたので、7月17日の朝、「古代蓮の里」公園に行ってきました。

  (そういえば、澤 穂希さんが、2011年のFIFA女子ワールドカップでキャプテンとして出場し、アメリカ戦での決勝で延長後半12分の同点ゴールを含め、合計5ゴール1アシストを記録し、日本女子サッカー史上初のW杯優勝に貢献し、得点王と合わせMVPの二冠を達成したのは、7月17日の日曜日でしたね。)


 2-1行田 古代蓮会館


 古代蓮会館タワーの展望室(高さ50m)から眺めることができた田んぼアートは、「ラグビー日本代表応援田んぼアート supported by リポビタンD」と、


 1-6 ラグビー3選手

 1-4田んぼアートサンプルモデル

 1-1行田の田んぼアート -


漢字で現わした「令和」の文字の二つです。

 1-2 令和 田んぼアート - コピー.JPG


 古代蓮の里
 「古代蓮会館」
 埼玉県行田市小針2375-1
 tel 048-559-0770
休館日/月曜日
 開館時間/9:00~16:30
 ※蓮の開花期は無休で、朝7時からオープンしています。
 ※入館料大人400円・小人200円/1人〈駐車券提示で2割引き>
 ※駐車場は490台。蓮開花期のみ有料〈乗用車500円/1台〉で、午前5時から入場できます。
 ※「蓮の花」の見頃は、午前7時頃から午前9時頃までで、午後になると花は閉じてしまいます。
 ※「蓮の花」の命は、4日間です。
 ※「古代蓮の里」公園内は入場無料です。
 ※手打ちうどんのお店は、午前9時から営業しています。
 ※売店は、「うどん処・休憩所」の裏手にあります。
  <行田足袋、地元野菜などなどを売っています。>
 ※行田名物「ゼリーフライ」も、売っています。
   <5個まとめ買いすると、お安くしてくれます。>


                 
        

行田市 田んぼアートは「ナスカ」

2018/ 06/ 02
                 

 「ペルー大使館」後援、「山形大学ナスカ研究所」協力による、田んぼアート「大いなる翼とナスカの地上絵」。
2015年に「最大の田んぼアート」としてギネス世界記録TM(公式認定記録:27,195平方メートル)に認定された行田の水田に、今年も世界最大の田んぼアートが出現します。
 11年目を迎える今年の田んぼアートは、中央に大きなコンドルを描き、左下に地上絵のコンドル、中央下にハチドリをあしらい、行田市のシンボル「古代蓮」を添えています。
 8種類の色違いの稲を育て、コンピューターによる遠近法を駆使して制作。今年は2色の稲を混ぜて微妙な色合いを出す技術に初挑戦しますとのことです。
 6月16日、17日に計約1,000人の市民等が参加して田植えを行います。
 7月中旬から見頃になり、10月中旬頃まで楽しめるそうです。
 地上約50メートルの高さの、古代蓮の里(〈※〉)タワーの展望室から、まさに、ナスカの地上絵を見るごとく、その全貌を眺めることができます。



(〈註〉古代蓮の里:
  行田市小針2375-1
  古代蓮会館電話:048-559-0770 )

園内には行田蓮(古代蓮)が10万株植えられています。
世界の蓮園では40種類の花蓮(2万株)が咲き競います。
蓮の開花時期は、6月下旬から8月上旬までです。
蓮の花は、早朝からゆっくり開きはじめて、午前8時ごろいっぱいに開きます。そして、昼頃には閉じてしまいます。
午前中が見頃となるそうです。