FC2ブログ
        

 高山の花 Shigemi I 氏 2018年6月・7月

2018/ 08/ 08
                 
 ・・・ 「日本百名山ちょっと一休み篇」 ・・・ 


 かの日の高原で、先ず思い出すのは水芭蕉です。
 尾瀬ヶ原、玉原高原、鬼無里、あの時々の一日が浮かんできます。
 ニッコウキスゲも、下毛野(下野、野州)、や、上毛野(上野、上毛、上州)や信濃(信州、科野)の高原で、その群落の様を垣間見ることもありました。
 高原に風が渡る昔日を思いいずる日。


 高山にはどんな花が咲いているのでしょうか。
 Shigemi I 氏の山紀行から、お届けします。

 
 西吾妻山〈にしあずまやま.2,035m.山形県.2018年7月13日.〉
  
    ウラジロヨウラク
  1.西我妻山 ウラジロヨウラク  


    コバイケイソウ
  2.西我妻山 コバイケイソウ 20180713

    チングルマ と イワカガミ 
  3.西我妻山 チングルマ と イワカガミ 



 白神岳〈しらかみだけ.1,235m.青森県.2018年6月26日〉

     ギンリョクソウ      
  4.ギンリョクソウ 白神岳 20180626 

     チシマフウロ   
 5-2.チシマフウロ 白神岳

     マイズルソウ   
  6.マイズルソウ 白神岳

     ニッコウキスゲ    
  7.白神岳 ニッコウキスゲ  20180626



 岩手山〈いわてさん.2,038m.岩手県.2018年6月15日〉

      シラネアオイ  
  8.シラネアオイ 岩手山 20180615 

      ヤマオダマキ  
  9.ヤマオダマキ 岩手山 20180615 



 鳥海山〈ちょうかいさん.2,236m.山形県・秋田県.2018年6月4日〉

    ハクサンイチゲ    
  10.ハクサンイチゲ 鳥海山 20180604 

      イワヒバリ  
  11.イワヒバリ 鳥海山 20180604 









                 
        

二度目の槍ヶ岳は、単独行 Shigemi I 氏

2018/ 08/ 07
                 
 8月7日(火)、午前9時からのNHK・BS「グレートトラバース3  『日本三百名山全山人力踏破2九州北部大火山地帯をゆく』」(再放送)を何気なく見ていました。
 大崩山、傾山、祖母山の3座縦走。別府・湯布院の2大温泉地を麓に持つ鶴見岳、由布岳の2座を一日で。そして、九州の屋根・くじゅう連山では、三百名山・大船山から最高峰・中岳を含む7座を一気に大縦走!
 そして、3年半の間噴火活動により立ち入り禁止だった阿蘇山に登山できたという僥倖に恵まれ(わずか数日間だった立ち入り禁止解除の中日に登頂)た、田中氏。
 
 8月9日(木)は、「3 日本海ロード&神話の山々」(午後3時30分~)
が放送されます。



 秋田に住むShigemi I 氏は、日本百名山を完登して以降は、主に東北地方の著名な山を登っていますが、この7月24日・25日は単独行で、槍ヶ岳(標高3,180メートル)に再び登頂しています。



 槍ヶ岳山頂 その5 20180724~25 -


 槍ヶ岳山頂から眼下を見下ろす その3

 
  氏の高山への惚れ込みようが、いつもじんわりと伝わってきますが、ひところに比べて、高山に咲く花の写真のアップが多くなっているように感じています。
 (ちなみに、西吾妻山登山〈2018年7月13日〉、白神岳登山〈2018年6月26日〉など、高山植物のそこはかとない花模様がfacebookの画面に映し出されていました。)



 槍ヶ岳 その1 20180724~25 朝焼け -



                 
        

鳥海山 出羽富士 秋田富士 庄内富士 鳥海富士 鳥見山

2018/ 06/ 28
                 

 鳥海山は、標高2,236m、東北地方第二の高峰(〈※〉)です。
 (東北地方高さ№1は、燧ケ岳〈福島県〉標高2,356m)

鳥海山 -4- 山頂まで3.6km



 鳥海山は、秋田県と山形県にそびえる火山ですが、山頂部は山形県に属しています。
 (秋田県の最高地点は鳥海山中腹の標高約1,775m地点〈※〉)

 
 Shigemi I さんは、日本百名山の一つ鳥海山には何回登頂したのでしょうか。
 氏の地元の山ですので、とても愛着があるように感じます。
 ここにアップした写真は、2018年6月4日の登山のときのものです。


6月4日といえば、MUCCHANがちょうど30年前に我が家の一員になった日でもありました。


 鳥海山 -7-

 鳥海山 -6-

 鳥海山 -5-

 鳥海山 七五三掛 -3- 20180604



 
(註〈※〉日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
 「鳥海山ちょうかいさん」:
秋田・山形県境にそびえる火山。標高2236メートル(新山(しんざん)頂上)。山頂部は山形県に属す。鳥海火山帯の主峰で、燧ヶ岳(ひうちがだけ)(2356メートル)に次ぐ東北地方第二の高山
 ・ 秋田県の最高地点は鳥海山中腹の標高約1,775m地点。)


                 
        

冬の森吉山  Shigemi I

2018/ 02/ 20
                 
Shigemi I さんの日本百名山シリーズ写真を、おりにふれ紹介したいと思います。

 森吉山は、深田久弥が著した日本百名山には選ばれていませんが、その著書の後記に「森吉山、姫神山、船形山など、いい山ではあるが少し背が足りない…」との記述があります。
 日本百名山は標高1,500メートル以上の山の中から選んでいますが、森吉山は標高1,454.2メートルの火山ですので、選ぶ基準に46mほどみたなかったようです。
 Shigemi Iさんの生まれ故郷の秋田県に位置する森吉山に、氏は何回も登っています。
 地元の人からは「秋田山(あきたやま)」と呼ばれるほど馴染み深い山でもあります。
 森吉山は「花の百名山」に選ばれています。山の高山帯ではたくさんの高山植物が訪れる人々を出迎えています。


森吉山 2017年2月28日 秋田県 前方が岩手山

森吉山 2017年2月28日 秋田県 -5-

森吉山頂上 2017年2月28日 




                 
        

ブロッケン現象 鳥海山  Shigemi I. 

2018/ 02/ 19
                 
2015年10月7日
..
下山途中、展望台のちょっと上で初めてのブロッケン現象を経験する。外輪山でもより鮮明なブロッケンが出ましたがカメラが上手く捉えられなかった様です。ダメ元で撮ったのがこれです。何かの前ぶれ?中心の黒いのが私の影です。七色の円環が2重に架かっていました。
 (Shigemi I.鳥海山 20151007「日本百名山」)

鳥海山ブロッケン現象 20151007