FC2ブログ
        

美智子皇后陛下 84歳のお誕生日に際し 吾子御歌

2018/ 10/ 20
                 


 美智子皇后陛下、御歌(みうた)出典は、『皇后美智子さま全御歌』(釈:秦澄美枝(はたすみえ).発行所:株式会社新潮社.発行:2014年10月20日)による。


吾子 浩宮誕生

含(ふふ)む乳(ち)の真白(ましろ)きにごり溢れいづ子の紅(くれなゐ)の唇生きて

あづかれる宝にも似てあるときは吾子(わこ)ながらかひな畏(おそ)れつつ抱(いだ)く

 〈昭和35年(1960年)2月23日(火)、浩宮(ひろのみや)様御誕生.皇太子徳仁親王(こうたいしなるひとしんのう).お印:梓(あずさ).〉



吾子 礼宮誕生

生(あ)れしより三日(みか)を過ぐししみどり児に瑞(みづ)みづとして添ひきたるもの

眦(まなじり)に柔(やはら)かきもの添ひて来ぬ乳足(ちた)らひぬれば深ぶかといねて

 〈昭和40年(1965年11月30日(火)、礼宮(あやのみや)様御誕生.秋篠宮文仁親王(あきしののみやふみひとしんのう).お印:栂(つが).〉



吾子 紀宮誕生

そのあした白樺の若芽黄緑の透(す)くがに思ひ見つめてありき

部屋ぬちに夕べの光および来ぬ花びらのごと吾子(わこ)は眠りて

 〈昭和44年(1969年)4月18日(金)、紀宮(のりのみや)様御誕生.紀宮清子内親王(のりのみやさやこないしんのう).お印:未草(ひつじぐさ).黒田清子(くろださやこ).〉



                 
        

星の王子様  管啓次郎訳

2018/ 09/ 16
                 

 ご存知、サン₌テグジュペリの「星の王子様」。
 皆さん、よくご存知のは、内藤濯訳のだと思います。

 管啓次郎訳が、角川文庫の棚に置いてあったのが目に留まりました。
 この歳になって、あらためて読んでみることにしました。


 星の王子様 管啓次郎訳


                 
        

チコちゃんに叱られる  岡村隆史 ナインティナイン 岸和田少年愚連隊

2018/ 07/ 01
                 

 チコちゃんの声は、あの木村祐一さん。
 MCを務めているのが、ナインティナインの岡村隆史さん。


 思い出しています。
 『岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUS』の映画。
  (制作1996年.監督井筒和幸.原作中場利一「岸和田少年愚連隊」)

 主人公チュンバ〈=リイチ=利一〉(矢部浩之)の親友、小鉄の役が岡村隆史さんでした。 
 映画出演当時、岡村さんは26歳、同じ高校出の矢部さんは一つ年下ということはよく知られています。
 〈この映画でナインティナインの2人は、ブルーリボン賞(新人賞)を受賞〉


 『岸和田少年愚連隊』の登場人物の中で、欠かせることのできない一人に、「カオルちゃん」がいます。
  (この映画では小林稔侍さんが演じています。)


 「岸和田のカオルちゃん」(『愚連 ~岸和田のカオルちゃん~ GUREN』1999年1月25日第1刷発行.発行所株式会社講談社)の冒頭に、
「いつまでも泣いていたら、カオルちゃんが来るで。ほらほら来た来た」 母のおっぱいをすいながら、何度も聞かされた言葉である。その度に私はピタリと泣きやんだという。
と、先ずは書かれています。

 11愚連 中場利一 1

目次の項目には、
 「岸和田のカオルちゃん」
 「風雲カオル城」
 「岸和田祭りの決闘」
 「岸和田中年愚連隊」
 「名人遊危所〈メイジンキショアソブ〉」
 「グッドラック・マイフレンド」
 となっています。

 『一生、遊んで暮らしたい』(平成10年9月1日初版発行.発行所株式会社角川書店)の目次37項目の中には、
 「地上最強の男・カオルちゃん」(89p)
 「カオルvsイサミ 岸和田頂上作戦①」(164p)
 「カオルvsイサミ 岸和田頂上作戦②」(170p)
と3項目に及び「カオルちゃん」が書かれています。

 12一生、遊んで暮らしたい 中場利一 2


 
 それでは、「カオルちゃん」とは、どんなお人だったのでしょうか。

 『岸和田少年愚連隊』(1994年11月25日初版第1刷発行.1996年2月15日第9刷発行.発行所株式会社本の雑誌社)
 13岸和田少年愚連隊① 中場利一3 -.


 『岸和田少年愚連隊 血煙り純情篇』(1995年12月5日初版第1刷発行.発行所株式会社本の雑誌社)
14岸和田少年愚連隊②純情血煙り篇 中場利一 4


 『岸和田少年愚連隊 望郷篇』(1998年4月15日初版第1刷発行.発行所株式会社本の雑誌社)
 15岸和田少年愚連隊③望郷篇 中場利一 5


 『どつきどづかれ 岸和田ケンカ青春期』(第1刷1998年6月30日.第2刷1998年8月5日.発行所株式会社徳間書店)
 16どつきどづかれ 岸和田ケンカ青春期 中場利一 6


 から、紐解いていくことにいたしましょう。


 あっ その前に、
 「カオルちゃん」の訃報らしき(?)文章が目に留まりましたので、その記載内容をそのまま転記して、「かおるチャン」の為人をなぞってみることにしたいと思います。




« 岸和田侠客伝(第二話) | メイン | 「かしみん」のこと »

カオルちゃん死す


昼過ぎに飯を炊いてレトルトのカレーを食べていたら、チュンバこと中場利一さんからケータイに電話。
ご存じ「岸和田少年愚連隊」で有名な、流行やんちゃ作家である。
チュンバによると、主人公のモデルとなった「カオルちゃん」こと「○×○ちゃん」が死んだとの未確認情報らしい。

カオルちゃんについては、この長屋の大家さんも旧サイト「おとぼけ映画批評」http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/3949/の『岸和田少年愚連隊-カオルちゃん最強伝説』で、次のように見事に書いておられた。

****************************************
カオルちゃんは、たしかナインティナイン版の『愚連隊』(見てないけど)では小林稔侍がやっていたと思うけど、中場利一の原作のイメージとはだいぶ違う。

というか原作をいくら読んでも、カオルちゃんについてだけはその姿が私にもイメージできなかった。原作ではカオルちゃんというのはこんなふうに記述されている。

「それほど怖い人である。たしか私より一回りほど年上ではあるが、オッサンなんて言おうもんなら『この口が言うたんかい』と上と下の唇を重ねて五寸釘をブスリと通したあと、唇が引き裂けるまで引きずり回されるであろう。

何十人が待ち受けるヤクザの事務所に、たった一人ダンプで突っ込み、全身ナマスのように切りきざまれても、毎日勝つまで通い詰めた人である。今ではこの人が商店街を歩いていると、裏通りがヤクザで溢れると言われている。」

誤解を招く引用だが、以上はカオルちゃんではなく、イサミちゃんについての記述である。カオルちゃんはそのあとに登場。

「このイサミちゃんともう一人『カオルちゃん』と呼ばれる悪魔のような人がいて、カオルちゃんの場合はイサミちゃんが切りきざまれた事務所ぐらいなら、鼻歌を唄いながら素手で壊滅させるほど別格なのだ。一にカオル、二にイサミ、三、四がなくて、五にヤクザと言われるほどこのイサミちゃんも怖い人であることには間違いない。ただこの人の場合は、鬼のカオルに仏のイサミと言われる通り、普段から切れっぱなしのカオルちゃんとはかなり違い、話せば分かるタイプである。」(『岸和田少年愚連隊-血煙り純情篇』)



 ・・・ ツヅク ・・・




   断捨離 

 今回、断捨離ダンボール箱へ入れるのが、半村良作品、70~80点ほどです。(100点はないと思います。)
 次回は、中場利一氏の著作本となる予定です。



                 
        

手元に残す本なのかどうか・・・ 断捨離 中国艶ばなし

2018/ 06/ 14
                 
 
  金瓶梅(〈※1〉)は、四大奇書(〈※2〉)の一つというのは、ご存知のことと思いますが、杏花天、浪史奇観、如意君伝、繍榻野史などの本の名前は聞いたことがありますか。
 何れも、知る人ぞ知る、中国艶笑文学書として知られています。

 永井荷風に傾倒し「荷風論」を著した奥野信太郎ですが、中国文学の第一人者として世に知られていました。難解な中国古典を紐解く傍ら、こんな艶ばなしも書き著していたのです。




  手元に残す本の多いこと。

 この本はどうしようかなと、迷う本も少なからずあります。

 奥野信太郎が書き著した「中国艶ばなし」。文藝春秋社から、1963年12月20日に初版が発行されています。
 前回の東京オリンピックは1964年に開催されましたから、その前年というと、かれこれ55年が経っているということになります。
 その年、私は何歳だったのかなとふと思ってもみたりしました。

 帯カバーには、「エロチックで人間味あふれる中国の珍奇な艶ばなしを満載した爆笑読本」と記されています。

 目次は20の項目が記されています。
 ついついその項目をここに列記してみたい誘惑にかられましたが、やめておきますね。




〈註1:金瓶梅(きんぺいばい)

 ・広辞苑第七版:きんぺいばい【金瓶梅】
 明代の長編小説。四大奇書の一つ。100回。蘭陵の笑笑生の作。作者は王世貞など諸説あるが不明。万暦(1573-1620)中期成る。水滸伝中の武松の物語をもとに、富豪西門慶に毒婦潘金蓮を配して家庭の淫蕩(いんとう)で紊乱(びんらん)した状態を描き、それを通じて明代政治の腐敗、富豪階級の頽廃を活写する。金瓶梅詞話。

 ・ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
  :金瓶梅:きんぺいばい:Jin-ping-mei
 中国,明の口語章回小説。作者未詳。 100回。 16世紀末頃成立。『水滸伝』から西門慶と潘金蓮の密通のエピソードを借りて発端とし,そこから色と欲の世界を繰広げた小説。山東の豪商西門慶があらゆる不正な手段を用いて富と権勢を手に入れ,彼を取巻く女性たちと悦楽の限りを尽すが,ついに淫薬を飲みすぎて急死するというのがあらすじで,書名は主要な3女性潘金蓮,李瓶児,龐春梅から1字ずつとったもの。その露骨な性描写はたび重なる発禁を招いたが,宋に時代を借りつつ実は当時の社会風俗を浮彫りにし,そこにうごめく人間の欲望を赤裸々に描き出した筆力は凡庸なものではない。 〉



〈註2:四大奇書(しだいきしょ〉

 ・広辞苑第七版:しだいきしょ【四大奇書】
 中国明代の長編小説、水滸伝・三国志演義・西遊記・金瓶梅の四書をいう。

 ・日本大百科全書(ニッポニカ):四大奇書・しだいきしょ
 明(みん)の万暦年間(1573~1619)までに完成をみた中国章回(長編)小説の傑作、『水滸伝(すいこでん)』『三国志演義(さんごくしえんぎ)』『西遊記(さいゆうき)』『金瓶梅(きんぺいばい)』の総称。『水滸伝』は魯智深(ろちしん)・武松(ぶしょう)ら緑林(りょくりん)英雄の世界を、『三国志演義』は群雄割拠の時代の歴史を、『西遊記』は西天取経の旅における孫悟空(そんごくう)の妖怪(ようかい)退治を、『金瓶梅』は悪徳商人西門慶(さいもんけい)を中心とする色と金の世界をと、それぞれ異なったジャンルにユニークな主役・脇役(わきやく)を配して描いており、中国のみならず日本でも広く愛好されている。[大塚秀高]
 . 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)/日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例


                 
        

魯山人味道 獣肉

2018/ 06/ 13
                 

 終活の一つになるのでしょうか。断捨離。
 本も捨てるということで、紐で結わえた7つの束の合計の高さが、今のところ5mほどとなっています。

 魯山人味道(ろさんじんみどう)の本も出てきました。
 目次をパラパラと捲ったら、「猪の味」というところに目がいきました。

 ・・・ 子ども心にも非常に貴重なもののようにそれを抱えて、楽しみにして帰って来た。うちの者も、その肉の美しさを見て非常によろこんでいた。早速煮て食ってみると、果たせるかな、美味い。肉の美しさを見た時の気持ちの動きも手伝ったことだろうと思うが、食道楽七十年を回顧して、後にも先にも、猪の肉をこれほど美味いと思って食ったことはない。私は未だにそれを忘れない。私が食物の美味さということを初めて自覚したのは、実にこの時であった。 ・・・

 この「猪の肉」の項では、獣肉としては、猪肉の他、熊、鹿、猿、兔を食った。と記しています。

 ・・・ それはともかく、当時は豚よりもむしろ猿を食っていた。私なども、ちょいちょい食ったもので、その肉はちょうどかつおの身のように透き通ったきれいな肉であった。感じから言えば、兔の肉に似ているが、当時の印象では、これも脂がなくて、そう美味いものではなかった。しかし、兔の肉よりは美味かった。 ・・・

 北大路魯山人(きたおおじろさんじん)は、この当時10歳くらいの年齢で、家族とともに京都に住んでいました。
 ・・・ 京都堀川の中立売に代々野獣を商っている老舗があって、私はその店によく猪の肉を買いにやらされた。・・・
 ・・・ これは堀川四条の肉屋が持って来たものであったが、・・・
 とも記していますので、当時の京都では、獣肉を一般的に商いしていたことが見て取れます。