FC2ブログ
        

ネコの爪とぎ 気紛れのシマ

2020/ 06/ 26
                 

 シマ来る爪とぎ姿微笑まし

 気紛れに翻弄される日々なれど心の癒しシマの訪問

 51 シマ


 さくらネコのシマ。

 52シマ

 家の片隅の木で、二、三日続けて爪とぎをしているのを見かけました。

 54シマ

 そのポーズがとても様になっていたので、写真を撮ろうと手ぐすね引いて待ち構えているのですが、そういう日に限っていつもの木の方向には行かないで、別ルートを通ってサヨナラしてしまうのです。

 55シマ

 かれこれ1週間以上も経ったころ、爪とぎする木の前を通りかかったので、シャッターチャンスとばかりカメラをむけたのですが、
そういう時に限ってかどうか知る術もありませんが、スッと素通りして柵の間をすり抜けてお隣さんに行ってしまいました。

 57シマ

                 
        

夜9時半になってからのご来臨 地域ネコ シマ

2020/ 06/ 02
                 

 さくらネコ気紛れシマは唐突に帳尻合わせ顔見せに来る

 シマ8 -
 長閑な昼下がり 寛ぐシマ



 きょうは来ないかなと思っても、念のため雨戸を閉めないで待っていると、やってきました夜の9時半。
 さくらネコのシマがわが家の庭に訪れるようになってから、何年経ったのでしょうか。


                 
        

猫びより〈53冊.25.6㎏〉 手放そうか・・・

2020/ 04/ 21
                 
 ネコ雑誌名残惜しいが断捨離をそうかといってベーコンは別

 引き取り手あるのかどうか猫びより53冊ずっしり重い


 1猫びより 


 隔月刊の「猫びより」。このところついつい買いそびれています。
 「週刊新潮」も「週刊文春」も、ひところまでは、水曜(または木曜)になるといそいそとスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどに買いに行ったものでしたが、このごろは、ついうっかりと発売日ということを忘れていたという週が多くなっているように思います。〈実際のところ、幾日か経って、生鮮野菜などの買い出しの折に買っていますが。〉

 はてさて、「猫びより」、ずいぶんと溜まっていました。

  猫びより その2

 市による第1水曜、第3水曜の「資源回収日」に出すこともできるのですが、あまりに多く重いので、かなりの躊躇いがあります。
 毎週土曜が定期の「古紙回収」トラックに引き取ってもらうのが便利かなと今のところは思っています。
 (雑誌類は「ブックオフ」で、ひきとってもらえるとは思えないので・・・)



 名優ベーコン君 ― 岩合光昭 ―

 僕の人生で、今まで出会ってきたネコの数は数万匹になると思う。印象に残ったネコは? と問われれば、間違いなく最初に「ベーコン!」と答えるだろう。彼は2015年2月3日生まれのオス。映画『ねことじいちゃん』の主役を探しているときに出会った。映画なのでヒトの役者を見つけるのと同じようにオーディションをする。動物プロダクションを巡って、100匹以上のネコを面接した。印象深いネコの一匹にベーコンがいた。類まれな人懐こさ、何事にも動じない落ち着き、このネコは特別だと思わせる。僕の好きな顔の大きさもクリアしていた。最終オーディションでの動きも素晴らしく、撮影本番では演出以上のアドリブをいくつもしてくれ、僕はもちろんヒトの役者もスタッフも仰天するばかりだった。どんなときも人懐こく、映画の撮影が終ったら我が家に迎えたいと思うほど惚れ込んだ。ベーコンを世話している動物プロダクションの菊田さんにラブコールをしたら、「ダメですよ(笑)これから稼いでもらわなきゃ」と冗談まじりに断られてしまう。引退したら来てほしいと密かに願っている。
 映画製作が終っても「元気でいるかな」とベーコンのことがいつも気になる。何やかんや用事を見つけては菊田さんに連絡して、ベーコンの様子を聞く。そして居ても立っても居られなくなり、時間をやり繰りしてベーコンのいる茨城まで会いに行く。定宿が出来る。どうしてそんなにベーコンが気にいったのかと聞かれても答えようがない。まるで恋をしているようだ。オス同士だが、片思いだが……。
 ~「猫びより」2019年7月号 №106 所収~


                 
        

サクラネコ シマ 幾つの呼び名があるのだろうか…

2020/ 04/ 05
                 
 
 シマというどこぞの呼び名何という名前幾つか興味津々

 2-1 シマ


      1-1シマ


                 
        

2月22日はネコの日 『嫁ぐ猫 公園通りの猫たち、それから』早坂暁

2020/ 02/ 22
                 
 

嫁ぐ猫
捨てられて
拾われて
貰われて
公園通りの
猫模様


巡りあい野良猫もまた飼い猫に

嫁ぐ猫癒し生活人模様幸せ運ぶネコの日願う


 1-1嫁ぐ猫 早坂暁


 ブックオフオンラインで、早坂暁著『嫁ぐ猫 -公園通りの猫たち、それから-』を注文しました。
2月19日(水)の13:44に注文し、2日後の2月21日(金)14:30、指定されたブックオフ店舗でお受け取りくださいのeメールの着信がありました。
 2000年7月7日第3刷〈第1刷は1996年5月2日発行〉の単行本で、定価は本体1300円+税となっていました。
 2月21日、店頭で本を受け取りましたが、支払った額は税込で110円でした。
 古本ですが、帯カバーはちょっと切れたところが1か所ありましたが、本そのものは読んだ痕跡の無い、美麗そのものでした。
一気呵成に、あっというまに読了となりました。



 2月22日は「ネコの日」です。

 ≪ BSやCS各局では、ネコにちなんだ番組を多数放送しています。
 特に、「BSテレ東」は、22日だけを「BSキャッ東」に局名を変更し、1日の大半をネコ関連番組で放送しています。
 午後7時からの「オールねこ感謝祭!!」では、「癒しや笑いをくれる猫たちに感謝する」をテーマに、中川翔子、石破茂衆議院議員ら愛猫家が猫たちと戯れます。
 「WOUWOW」では、岩合光昭監督、立川志の輔主演の映画「ねことじいちゃん」などネコが活躍する映画3本と、ネコにもてるコツを紹介する番組「ねこが笑えば」のスペシャルの放送があります。 
 「スカパー!」の22日の注目番組は、気ままなネコと男やもめの日常を描いた漫画が原作の映画「ぬくぬく」(日本映画専門チャンネル)や、元電車運転手とネコの交流を描く映画「ねこばん」(同)などです。
 また、CS「AXNミステリー」は「もふもふミステリー特集」と題して、22日は赤川次郎原作のドラマ「三毛猫ホームズ」全6巻を一挙放送。迷子のペットを探す「ペット探偵」の藤原博史さんのドキュメンタリードラマ「猫探偵の事件簿」の第4話も放送されます。
 「アニマルプラネット」では、2月の毎日、猫関連番組をラインナップ、29日には、オオヤマネコなど珍しいペットを飼う人々を紹介する「仰天ペット大集合」が放送されます。 ≫
以上、2020年2月21日の読売新聞夕刊記事からご紹介致しました。