FC2ブログ
        

北海道紀行道東へ⑥

2012/ 07/ 08
                 
北方領土

 ・安政元(1855)年、2月7日、日露通好条約締結。
 ・明治8(1875)年、5月7日、樺太千島交換条約締結。
樺太千島交換条約

北方領土館
所在地 北海道標津郡標津町北2条東1丁目1番14号
電 話 01538-2-2422
設置者 社団法人 北方領土復帰期成同盟
管理者 標津町
構造等 鉄骨造 2階建  総床面積330.00㎡
              (1階 160.88㎡) 
              (2階 168.12㎡)
北方領土館①外観

【館内】
・北方領土の位置、・北方領土の暮らし昭和20年・北方領土返還要求署名コーナー、・ビザなし交流の様子、・館内、・1854年蝦夷全圖。北方領土の位置北方領土の暮らし昭和20年
北方領土返還要求署名コーナービザなし交流の様子
館内①嘉永7(1854)年蝦夷全圖

【辰悦丸】
東蝦夷地開発のために建造された高田屋嘉兵衛の持舟辰悦丸(1500石積)の模型である。
寛政12(1800)年春、幕府の役人近藤重蔵を乗せ、千島開拓資材を積み、クナシリ、エトロフ島に初航海している。
これは実物の20分の1.小樽市立博物館所蔵の模型および各種の文献を参考にして、北海道古平郡古平町、有限会社古平造船所の船大工笹山徳一氏(50才)が、昭和45年6月から9月までの間に作成したもので、根室市の北方資料館に展示されている。    北  海  道
辰悦丸模型写真

・北方領土学習資料
北方四島の地名を楽しみながら覚えよう
                 
        

北海道紀行道東へ⑤

2012/ 07/ 08
                 
標津

雨が降り続いています。
きょうも国後島をみることが出来ませんでした。

ホテルの窓からカモメが休んでいるのを見つけました。横殴りの風を羽で上手にバランスをとりながら同じところにじっと佇んでいました。
カモメ①カモメ②

お昼
そば処福住総本店・・・標津発チェーン店の元締めとのことです。量が多いのに吃驚しました。・左がおそば、二段重ねになっていました。・右がうどん、てんぷらをつけました。
そば処福住総本店①
そば処福住総本店②ソバそば処福住総本店③ウドン

しべついちば・・・
標津の見どころに足を運びました。
漁港から水揚げしたばかりの魚介類が、ここ、しべついちば で並べられています。カレイの種類はふだんですと十数種類とのことでしたが、あいにくの雨模様です。それでもカレイの種類がそんなにたくさんあることを初めて知ることが出来ました。
しべついちば①
しべついちば②カレイしべついちば③ホタテなど貝類

標津サーモン科学館・・・とても立派に整備されていて見応え十分でした。・北方領土館には、サーモン科学館の特別割引券が置いてあります。一般610円のところ480円で入場できますので、標津町散策ルートをそれなりに考えておくことをおすすめします。
標津サーモン科学館①
サーモン科学館②イトウサーモン科学館③チョウザメ
サーモン科学館④鱒之介
・上段左はイトウ、・上段右はチョウザメ、・下段はマスノスケ。漢字で書くと鱒之介。文字通り一番大きな鮭という意味になります。英語ではぞくにキングサーモンと読んでいます。