FC2ブログ
        

洋酒マメ天国 男の服飾劇場 14

2012/ 08/ 04
                 
洋酒マメ天国 男の服飾劇場 14

石津謙介さん、お名前だけは存じ上げていましたが、このシリーズで初めて彼の著述をみることとなりました。
男のお洒落とはほど遠いという時を刻んできたのだなあとあらためて思っているところです。

第7章 演出メモ
―――本当の自己演出はここまで気を使う―――

長持ちさせる方法
 会社や外出先から帰ってくると着ているものを無造作に脱ぎ捨てるというようではとてもおしゃれなど望めない。
 いちいちブラシまであてるというのはともかく。せめてハンガーに吊して洋服ダンスに掛ける位の手間はかけてほしい。繊維は生きものといわれるようにたったこれだけの手間が洋服を休ませると共に、つねに繊維の特性を維持する上の大切なポイントにもなる。
 和服の習慣が残っているせいか日本人はすぐに洋服をたたんでしまうクセがあるが、場所さえ許せばシーズンオフの服も、ハンガーにかけておくのが望ましい。

洋酒マメ天国第14巻    発行所サントリー株式会社
著者石津謙介        昭和42年10月30日発行
洋酒マメ天国第14巻 男の服飾劇場
❀カット:保積和夫
❀表紙絵:柳原良平