FC2ブログ
        

中原中也

2012/ 08/ 20
                 
中原中也

山羊の歌 中原中也
 詩集山羊の歌奥付。著者中原中也 裝幀者高村光太郎。 ・・・ 發兌文圃堂。 ・・・ 發行昭和九年十二月十日。 ・・・ 限定二百部内百五十部頒布
 復刻版 麥書房 限定360部内 13番本 
 昭和四十五年九月十日刊行


山羊の歌 中原中也

  ps.松たか子が太宰の妻役の映画、「ヴィヨンの妻」の一コマに、この「山羊の歌」の詩集が印象的に映し出されていました。 


☆昭和47年(1962)5月7日の朝日新聞朝刊の切り抜きが、この復刻版 山羊の歌 別冊の中にはさみこんであった。
中原文学の生家焼ける
 山口市湯田温泉にある昭和初期の代表的な詩人、中原中也の生家が六日朝、火事で焼けた。
 保存してあった中也の原稿約二千枚は実弟が持出して無事だったが、川端康成、小林秀雄、大岡昇平などの手紙二百通と、中原文学の研究資料など一万点が焼けた。 
 最近でも中原ファンが多く、日に五十人ほどの見学者があり、たまたま四月二十九日が中也の誕生日で、ふだんは土蔵にしまっておく資料を、焼けた母屋に陳列していたために灰になってしまった。


☆当時、古本屋街を歩いて初版を探して手に入らなかったもののうち、復刻版として手元に置いたのが、『四季 中原中也 追悼號<第32号> 近代文芸復刻叢刊』と、『文學界 中原中也 追悼號<昭和12・12> 近代文芸復刻叢刊※※』。
 ・昭和十二年十二月二十日發行 ・復刻版昭和四十三年四月二十五日発行
※※ ・昭和十二年十二月一日發行 ・復刻版昭和四十五年十二月五日発行
四季 中原中也 追悼號<第32號>文學界 中原中也 追悼號<昭和12・12>

☆幾年か前にも、当時NHK教育テレビで、中原中也シリーズ番組で小林秀雄や大岡昇平が出てきたり、太宰治の映画に中也や檀一雄が出てきたりと、あの時代の作家たちの交友関係をちょっとみるだけでも興味尽きないものがある。
ちなみにそれぞれのテレビや映画の中に出てくる人物の年譜をみると、
・中原中也 1907(明治40)年 4月29日~1937(昭和12)年10月22日
・小林秀雄 1902(明治35)年 4月11日~1983(昭和58)年 3月 1日
・富永太郎 1901(明治34)年 5月 4日~1925(大正14)年11月12日
・大岡昇平 1909(明治42)年 3月 6日~1988(昭和63)年12月25日
・川端康成 1899(明治32)年 6月14日~1972(昭和47)年 4月16日
・太宰 治 1909(明治42)年 6月19日~1948(昭和23)年 6月13日
・檀 一雄 1912(明治45)年 2月 3日~1976(昭和51)年 1月 2日
となっている。

☆もっとそれ以前の時代となると、やはり当時は、文芸読本や、國文學、それに現代詩読本などが作家の人となりを知る近道となっていたように思う。
・『文芸読本 中原中也 初版発行 昭和五十一年十一月十五日 発行所株式会社河出書房新社』
・『國文學  中原中也―詩の内部 昭和52年10月号 昭和五十二年十月二十日発行 発行所株式会社學燈社』
・『現代詩読本―1 中原中也 発行日・'1978年7月1日 発行所株式会社思潮社
文芸読本 中原中也
國文學 中原中也―詩の内部
現代詩読本―1 中原中也