FC2ブログ
        

冬の安曇野

2013/ 11/ 30
                 
 安曇野の蕎麦処、どのくらい行ったことになるのでしょうか。
 今日も初めての蕎麦屋さんでした。(今回は「そば」と「うどん」メニューが揃っているところにしました)
 (昨日載せた写真の蕎麦処とは違うところです)

 川の水量はこの時期だというのに相変わらず豊かでした。
 北アルプスは雪をいただいていましたが、常念岳はまだお化粧をしていませんでした。
 信州ぐるみ(カシグルミ)、今年も入手できました。

 安曇野
 これからが冬本番となります。


P1130465(1).jpg

P1130501(1).jpg

P1130514(1).jpg


P1130511(1).jpg

P1130494(1).jpg

P1130491(1).jpg





                 
        

蕎麦

2013/ 11/ 29
                 


  安曇野の蕎麦

P1080281(1).jpg

P1080282(1).jpg

P1080283(1).jpg



                 
        

庭の野鳥たち

2013/ 11/ 27
                 
 時を同じく(午後2時半を前後)して、野鳥たちが水場に集まってきました。

 最初はシジュウカラのつがいです。
 次はメジロのつがいです。
 スズメたちが七、八羽集まってきました。
 ヒヨドリもつがいでやってきました。

 キジバトは姿を見せませんでした。

 シジュウカラをメジロが水場から追い出しました。
 スズメがメジロを水場から追い出しました。
 それでもメジロは戻ってきて、水浴びをします。

 スズメどうしが水場を争って羽をばたつかせています。
 そこへヒヨドリがきて、ほかの小鳥たちを追い散らします。

 ヒヨドリが飛び立ちました。
 そこへシジュウカラが一羽飛んできて、水浴びをしていました。

 
 およそ6分から7分程度の時間でした。
 容器に入っていた水はほとんどなくなっています。
 すっかり静寂の時間に戻っていました。

 
 
 
                 
        

ひなちゃん

2013/ 11/ 27
                 
2013年11月25日 -21:46配信


鴻巣市ホームページ

11月24日に「ゆるきゃらグランプリ2013」の投票結果が発表され、「ひなちゃん」は全国1,580体のキャラクターのうち、309位(ご当地キャラクター部門で279位)となりました。皆さんの投票と応援をありがとうございました。


ひなちゃん




                 
        

埼玉県営『さいたま水族館』

2013/ 11/ 24
                 
 埼玉県営羽生水郷公園の一角に、『さいたま水族館』があります。
 公園に行くには、バス、車を利用します。北側と南側合わせて650台の無料駐車場があります。


荒川に棲む70種類の生き物を展示

埼玉県では、86種類の魚が採捕されています。これらのうち、展示可能な約70種類を中心に展示し、その生態や特徴を解説しています。館内は、荒川の約200kmを、上流から河口域まで下るようなスタイルで展示されています。 天然記念物としては、国指定のミヤコタナゴ、県の魚ムサシトミヨ、食虫植物ムジナモを増殖して展示しています。
国内種以外にも、世界の代表的な熱帯魚も展示しています。
また、庭池では、1mを超えるようなソウギョやアオウオ、コイ、ニシキゴイなどがたくさんいて、餌を与えてふれあうことが出来ます。


開館時間
午前9時30分~午後5時 12月~1月は午後4時30分まで
※入館は終了時間の30分前まで

入館料
大人/300円(有料者人数20人以上の団体 1人240円)
小人(小・中学生) /100円
(有料者人数20人以上の団体 1人80円)

特別期間中
大人/400円(団体320円)  小人/100円(団体80円)

年間パスポート
大人(高校生以上)/1,000円
小人(小・中学生) / 300円
シニア(65歳以上) / 800円
※年間パスポートの有効期間は購入月から1年間です。
※シニアパスポートご購入の際は、年齢の証明となるものを
お持ちください。

※小学校就学前、障害手帳を持参の方は無料。
※5/5、11/14は、小人入館無料。

休館日
毎週月曜日(祝日のときは翌日)
12月は毎週月、火曜日
12月29日~1月1日
※ただし、春、夏休み期間は無休です。

〒348-0011
埼玉県羽生市三田ヶ谷751-1
TEL 048-565-1010 FAX 048-565-2768

お車の場合:車:東北自動車道羽生ICから栗橋方面へ3㎞
電車の場合:電車:東武伊勢崎線羽生駅または加須駅から
7㎞(タクシー利用で15分)


・羽生水郷公園は35.0haの広さです。計画が達成すると53.6haの広さとなります。
P1130279(1).jpg

・天然記念物の淡水魚も見ることができます。
P1130276(1).jpg

カヌー・ボートも漕ぐことができます。
P1130384(1).jpg

園内に三田ケ池、水鳥の池、宝蔵寺池が点在しています。遊歩道も整備されています。
P1130428(2).jpg



                 
        

キジバト

2013/ 11/ 20
                 
キジバト⑪



キジバト⑫



「キジバト~ある日の訪問者~」2013年11月17日、午前9時ちょっと過ぎに撮りました。
                 
        

ある日のキジバト

2013/ 11/ 19
                 
 キウイフルーツの枝に、一羽のキジバトがずっと佇んでいました。



キジバト ~ある日の訪問者~


見返り美人
見返り美人①

目を瞑っているキジバト
目を閉じているキジバト②

こちらを見ているキジバト
こちらを見ているキジバト③

後ろ姿のキジバト
後ろ姿のキジバト④

羽ばたくキジバト
羽ばたくキジバト⑥

羽繕いするキジバト
羽繕いするキジバト⑤


見返り美人その2
見返り美人⑦

 


                 
        

嵐山町『駒王太鼓』

2013/ 11/ 18
                 
 11月9日の土曜日、熊谷市立文化センター文化会館で、「木曽義仲・巴御前」スペシャルトークイベントが開かれました。
 
 そのトップバッターを務めたのが、嵐山町を拠点として埼玉県各地で演奏している『駒王太鼓』です。
 お初にお目にかかりました。

 ホームページで次のように自己紹介をしています。
駒 王 太 鼓 愛 好 会 
           
 駒王太鼓の由来
    駒王太鼓愛好会は平成2年に発足し、名称は今より八百余年前の
   源平争乱の時代に活躍した朝日将軍、源 義仲公の幼名 駒王丸
   に由来します。
  
  (駒王丸は久寿元年(1554年)現在の埼玉県比企郡嵐山町に館を
   構えていた源 義賢公、母小枝御前の長男として生まれましたが、
   二才の時、父義賢は討ち死にし、家来に助けられ木曽の、現在の
   長野県日義村に逃れました。やがて逞しく成長し、二十七才の時、
   令旨を奉じて平家追悼の旗揚げをし、京へ攻め上がり、平家を西海
   へ追い出し、征夷大将軍に任ぜられましたが、三十一才にして悲運
   な最期を遂げました。)

   この歴史的経緯をもとに、第一章(駒王丸誕生)・第二章(出陣太鼓)
   ・第三章(戦場太鼓)と波乱に富んだ生涯を太鼓で表し、駒王太鼓と
   して発足しました。現在会員は総勢25名で、町内外において、演奏
   活動をこなしております。        


駒王太鼓①

駒王太鼓②

駒王太鼓③

駒王太鼓④

駒王太鼓⑤


                 
        

利根大堰魚道の観察室

2013/ 11/ 17
                 
 アユの遡上は初夏というように一般的には言われているようです。ここ利根大堰では4月の下旬から5月上旬ころから見ることができるようです。

 サケの遡上は、今真っ盛りといったところでしょうか。

 先日に続き、『大堰自然の観察室』でサケの遡上を見てきました。
 魚道の流れる水から魚体が勢いよく空中に飛び跳ねて遡上するシーンを撮りたいと思っての再訪でしたが、どっこい、そううまい具合にいきません。


大堰魚道の観察室

(魚道)『大堰自然の観察室』では、利根大堰に設置している魚道(魚のとおる路)をのぼる魚を見ることができます。
初夏には鮎、秋にはサケが遡上する姿を窓越しに見ることができます。『大堰自然の観察室』は、8:30~16:30の間、土日も含めて開放しています。
(ただし、洪水時又は業務の都合により開放できない場合もあります。)

・魚道
魚道① 魚道②


・サケの遡上
サケの遡上2-1

サケの遡上2-2

サケの遡2-3

サケの遡上2-4

サケの遡上2-5

サケの遡上2-6


                 
        

利根大堰と導水路と水鳥

2013/ 11/ 17
                 

 この日は、「赤岩渡船」「荻野吟子記念館」「利根大堰」と回りました。
 利根大堰では、五つの導水路に分岐する貯水池と、魚の魚道を見ました。
 遡上するサケと、羽を休める水鳥を見ました。
 水鳥は「ウ」「シラサギ」「コマドリ」などを見ました。


11月の利根大堰

・利根大堰                          ・邑楽(おうら)用水路導水口
利根大堰⑥ 邑楽用水路導入口


・埼玉用水路導水口                      ・武蔵水路導水口
埼玉用水路導入口 武蔵水路導入口


・見沼台用水路導水口                    ・行田(ぎょうだ)浄水場導水口  
見沼代用水路導水口 行田浄水場導入口


ミズドリが憩っていました

「ウ」
ミズドリ⑤「鵜」

「シラサギ」
ミズドリ②シラサギ

「ミズドリたち/導水路貯水池」
ミズドリ①

「ミズドリたち/利根大堰」
ミズドリ③



                 
        

荻野吟子

2013/ 11/ 17
                 
 今までゴルフ場への行き帰りに目にとまっていた「荻野吟子記念館」・・・気には留めていたのですが、今回一人ということもあり、「赤岩の渡し」の熊谷側の渡船場からの帰り道に立ち寄ることができました。

 人その友のために
  己の命を損つるは
   是より大なる 愛はなし
 (ヨハネ伝15章第13節より) 
 記念館に置かれたパンフレットには、「荻野吟子が愛唱した聖句…」と書かれています。
 そのパンフの「荻野吟子の歩み」に、明治19年〈1885〉本郷協会※にて洗礼…とあります。

【補遺】
 ・群馬県安中から来て本郷協会を立ち上げた牧師の一人、海老名弾正から受洗。
 ※本郷教会:現在の「弓町本郷教会」を指す。(1941年、日本基督教団創立に合わせ教団加入。このときに「本郷教会」を「弓町本郷教会」と改称。)・現在地に教会が立ったのは、吟子没13年後の1926年(大正15年/「埼玉県HP」及び「近代建築散策HP」による。ウイキペディアでは1927年と書かれている)
 なお、本郷教会と名前がつく教会は、「カトリック本郷教会」「ルーテル本郷教会」「本郷中央教会」「本郷教会」・・・が挙げられる。

荻野吟子記念館②

荻野吟子記念館①



荻野吟子

嘉永4年(1851年)に荻野吟子は、現在の熊谷市俵瀬に生まれました。自分の体験から女性医師の必要性を痛感し、医師になることを決意します。
当時、女性には医師の道は閉ざされていましたが、目の前に立ちはだかる壁を信念とたゆまぬ努力で克服し、明治18年(1885年)医業開業試験に合格して、日本公許登録女医第1号となった埼玉県三大偉人の一人です。
記念館は荻野吟子女史の生家の長屋門を模した、瓦葺屋根・漆喰一部下見板の和風建築で、部屋は展示室と休憩室に分かれ、展示室には荻野吟子女史の生涯を時代に合わせて説明した年表や資料を展示しています。
(熊谷市ホームページより)



                 
        

利根川の渡し

2013/ 11/ 16
                 
 当初、潮来の「渡し舟」というイメージを思い描いていましたが、現在の「赤岩の渡し」は乗車定員20人乗りの動力船でした。自転車も乗せることができます。
 

 赤岩渡船

 利根川を挟んで群馬県千代田町と埼玉県熊谷市をつなぐ渡し船。
 初めて利用しましたが、今日は埼玉県側から乗船しました。
 こちらの側には、サッカー練習上、グライダー発着場があります。
 
 上空の天気は良かったのですが、地平近くがぼやけた景色になっていて、船に乗りながらでの360度のパノラマの中、富士山、浅間山、赤城山、男体山、筑波山は見えませんでした。

渡船場の横のサッカー練習場(熊谷市):グライダー発着場もその隣です
利根川渡船場の隣のサッカー練習場(熊谷市)



「赤岩渡船場」から迎えに来る船:水上スキーが後方に見える
赤岩の渡し船がこちらに向かってくる②水上スキーもやっている

動力船の舵取り
赤岩の渡し船上にて①

サイクリング自転車も乗せて
赤岩の渡し③乗船サイクリング車も

上空にグライダーが飛来
赤岩の渡し④上空にグライダー

「赤岩渡船場」に到着:自転車も見えました。地元の人が行き交いで駐輪しているのでしょうか。それともレンタル自転車なのでしょうか。
赤岩渡船⑤渡船場レンタル自転車もあります
赤岩渡船⑥「赤岩の渡し」



                 
        

新蕎麦

2013/ 11/ 15
                 
 昨年の11月18日(日)に、秩父鉄道を利用して「ちちぶ荒川新そばまつり」に行ってきました。

 往きの列車の車窓の風景:
 神社の境内の数本の銀杏の大木から、キラキラとキラキラと輝いて無数に舞い落ち続ける葉に目を奪われました。 
 「武州中川駅」からシャトルバス(無料送迎)に乗り、会場を往復しました。

 復りのバスの車窓の風景:
 夫婦と思われるお年寄りが農作業をしている隣の畑で、サルの群れが農作物を食べあさっていました。

 何れもそのときカメラはバッグにしまいこんでいました。
 シャッターチャンスというものは、自らが逃しているんですね。

 日曜日、秩父鉄道熊谷駅から「SL列車」が運行しています。
 当日切符は手に入るのでしょうか。人気の蒸気機関車でしょうから、前もっての予約ということでないと難しいでしょうね。

 「第19回ちちぶ荒川新そば祭り」のときの写真です。 
第19回ちちぶ荒川新そば祭り⑤

第19回ちちぶ荒川新そば祭り⑥

第19回ちちぶ荒川新そば祭り⑦

第19回ちちぶ荒川新そば祭り⑧



 ⇒荒川商工会HPより
第20回ちちぶ荒川新そばまつり

 秩父の新そばの味をお楽しみいただける第20回「ちちぶ荒川新そばまつり」をそば処「ちちぶ花見の里」において開催します。
 このそばまつりは、10月下旬に収穫された新そばを、紅葉の山々をバックに味わっていただくというイベントです。
 当日はざる蕎麦を1枚500円で提供する他、お楽しみ抽選会、小昼飯(こぢゅうはん)などの地元料理や特産品販売、郷土芸能&アトラクションとして秩父屋台囃子、陸上自衛隊のラッパ隊等のイベントも予定されています。
 交通につきまして電車を利用されるお客様には、西武鉄道「西武秩父駅」、秩父鉄道「武州中川駅」、臨時駐車場「荒川総合支所周辺」から会場まで無料シャトルバスが運行されます。


開催日時:平成25年11月17日(日)10:00~15:00

場所:そば処「ちちぶ花見の里」秩父市荒川上田野413-3

祭り内容:
そば食事処(新そばのざる蕎麦一人前500円他)、特産品展示即売処(生そば、石臼挽きそば粉、そば関連商品等)、秩父の郷土芸能&アトラクション、お楽しみ抽選会

■電車・バス
 ・西武鉄道西武秩父駅から会場まで無料送迎バス運行
 ・秩父鉄道武州中川駅から会場まで無料送迎バス運行
■車関越自動車道 花園ICより国道140号 約36㎞(50分)、
 (皆野寄居有料道路使用は約31㎞(35分))

駐車場:有(会場周辺、約400台)無料

主催:荒川そばの里づくり連絡協議会
TEL:0494-54-1059
                 
        

渡し船のある町

2013/ 11/ 14
                 
 近隣のゴルフ場に行くルートの一つに、「赤岩渡船」の交通標識が立っているところがあります。

 江戸時代当時の名残の地名かな・・・などと、いつも何気なく目にしていた文字でしたが、今も利根川を挟んで、埼玉県側と群馬県側を結ぶ交通の便として立派に役目を果たしているということを、ゴルフ仲間のNさんに教えてもらいました。

 群馬県千代田町の花火大会は、利根川の川面に映える花火を寝そべって見ることができるということもおっしゃっていました。

 「渡し舟」・・・「花火」・・・来年同じときに楽しみたいと思います。

 「赤岩渡船」よりほんのちょっと下の利根大堰の「サケの遡上」、今が見頃です。
 川面からも鮭の背びれが見えるとのことです。
 今度の土曜か日曜、お天気も気温もよろしいようですので、あわせて同じ日に・・・とも思ってはおります。
 

 その利根大堰、導水路幾つか分かれる前の貯水池に、「鵜」の大群が羽を休めていたよ・・・ということも以前お聞きしていたので、こちらも何とかお目にかかりたいなと思いました。



 赤岩渡船

 赤岩渡船は千代田町赤岩から利根川をはさんで向こう岸の埼玉県熊谷市葛和田を動力船で結んでいる、主要地方道(県道)熊谷・館林線上にあります。利根川広しといえども現在県道として2つしか残っていない利根川を渡る橋のない公道の1つです。そのうち主要地方道はこの赤岩渡船だけで、年間1万6千人を超える方々に利用されています。


【歴史】

 赤岩渡船の歴史は古く、戦国時代、上杉謙信の文献にも登場します。その後江戸時代には水運が発達し、利根川を利用して江戸や房総方面との交通が盛んにおこなわれました。町内では赤岩のほか舞木、上五箇、上中森、下中森などの河岸と呼ばれる渡船場が栄えました。特に赤岩は水深もあり立地条件にも恵まれ、江戸からの大型船の終点という河川交通の要所として、坂東16渡津に数えられ繁栄に沸きました。
しかし、長かった繁栄も明治時代の中頃までで、その後は、鉄道等の交通機関が発達するにつれ急速に衰退し、渡船場として機能だけ残りました。各地の渡船場も廃止の一途をたどりましたが、この赤岩渡船は、ただ一つこの地域で残された数少ない河川交通手段として、人々に愛され、利用されて今に伝わっています。
大正15年県営、その後昭和24年から県委託事業として千代田町が管理運営を行っています。

【運航時間】
・4月1日~9月30日 :午前8時30分~午後5時00分
・10月1日~3月31日 :午前8時30分~午後4時30分
⇒年末年始(12月28日~1月3日)については下記のとおりになります。
・12月28日 :午前8時30分~午後4時30日
・12月29日&12月30日 :午前9時00分~午後2時00分
・12月31日 :午前9時00分~午前12時00分
・1月1日&2日&3日 :午前9時00分~午後2時00分
※増水や強風等により運航が危険な場合は運休となります。
運休になると群馬県側に赤旗が上がります。

【乗船方法】
・群馬県側から乗船される方 :小屋にいる船頭にお声かけください。
・埼玉県側から乗船される方 :小屋の隣にある黄旗を、群馬県側の小屋にいる船頭が気付くまで上げてください。
※団体で利用される方につきましては、下記の必要事項をご記入の上、FAX(0276-86-4361)またはメール(kensetsu@town.chiyoda.gunma.jp)にてお申し込みください。
必要事項
•代表者名
•連絡先
•利用人数
•利用日時

✩運賃
・県道なので料金は無料です。

✩交通機関
 ・館林駅と熊谷駅間を渡船を挟んでバスが運行しています。路線により運行時間が異なりますので、時間を充分確認の上ご利用ください。
 ✩赤岩:広域路線バス
⇒館林・千代田線及び館林・邑楽・千代田線がそれぞれ「赤岩渡船」「館林駅前」間を1日14便(平日)運行しています
・館林・千代田線
・館林・邑楽・千代田線
 ✩葛和田:国際バス
・熊谷駅・葛和田線が「熊谷駅」「葛和田」間を1日32便(平日)運行しています。
・熊谷駅・葛和田線

赤岩渡船の所在地:群馬県千代田町赤岩利根川河畔

✩定員
・千代田丸:23名
・ 新千代田丸:20名

このページに関するお問合せ
・群馬県千代田町建設水道課 土木管理係
電話:0276-86-7003
メール:kensetsu@town.chiyoda.gunma.jp
 
 ✿千代田町HPから引用させていただきました。



利根大堰
利根大堰2-1



                 
        

ある日のミユ

2013/ 11/ 13
                 
 今日は「モデルさん」として、お父さんとお母さんから「写真撮影許可」というお墨付きをいただきました。

 2013年11月12日の火曜日、シモオシゴルフセンターでのひとときです。
 ・〒361-0037 埼玉県行田市大字下忍2536
 ・tel 048-554-3834
 ・午前9時から営業
  ⇒ 毎週火曜と金曜、午前9時から午後5時まで、1.5時間打ち放題1,000円。




三毛猫ミユ②


三毛猫ミユ③


三毛猫ミユ④


 ミユとの出会いをこれからも楽しみにしたいと思います。


                 
        

24th  鴻巣・かわさとフェスティバル ⑥

2013/ 11/ 12
                 
 防災ヘリによる救助デモンストレーションは、昨年に続き「埼玉県防災航空隊」のご協力により今年も「かわさとフェスティバル」に華を添えました。

・テニスコートで、定刻通り午後1時からデモンストレーションが始まりました。
 防災ヘリ①

防災ヘリ②

防災ヘリ③

防災ヘリ④



                 
        

24th かわさとフェスティバル ⑤

2013/ 11/ 11
                 
 いろいろなお店が出ています。
 昨年は出店されていなかった「ドネルケバブ」、今年は出ているかなと期待したのですが、会場を一巡しても見つかりませんでした。
 お土産に持ち帰ろうと思っていましたので、ちょっぴり残念に思いました。


たこ焼
 「大蛸たこ焼」の文字が目にとびこんできました。
 今回のお土産は、こなものの定番の一つ「たこ焼」にしました。
 このお店の「蛸」のサイズは、ビッグサイズでビックリしました。
 宏有さんも、「大きいネ」と褒めていましたので、やはり相当な大きさだったのです。こんなに大きいタコの切り身が入ったたこ焼は、今どき、ホントに珍しかったです。
 二人で美味しくいただきました。
屋台「たこ焼」②  たこ焼②
(写真に撮ることを予め了承を得ています)


 次の「餅つき」はいつするのか、決まっていないようです。やるのかどうかも覚束無い返事です。

 昼時になりました。
 既に「じゃがいもバター焼き」は売り切れです。



広島風お好み焼 
 「広島風お好み焼」の屋台が目にとびこんできました。
 お店の人の手の動きを追ってみると、あちこちの出店で見る広島お好み焼きと作る手順が随分と違うことに気づきました。
 「作っているところを撮っていいですが?」と伺ったところ二つ返事で了解してもらいましたので、早速カメラを向けました。
広島風お好み焼①

広島風お好み焼②  広島風お好み焼③

広島風お好み焼④  広島風お好み焼⑤

広島風お好み焼⑥  広島風お好み焼⑦

広島風お好み焼⑧  広島風お好み焼⑨

広島風お好み焼⑩  広島風お好み焼⑪

 写真・動画で撮ってみて感じたことは、「空気を入れて逃さない」ということ。
 圧さない、掻き回さない、空気と湯気をいれたまま比較的中火で時間をかけて「焼く」ことで、ふっくら、ほっくり、やさしい感触で旨味を引き出している・・・と、まあ、そんな思いを持ちました。
 屋台で一般的な「お好み焼き」の作り方と異なったところを目の当たりにしたことから得た、 「調理の仕方」
 いろいろあるんだなあと、あらためて感じ取ったひと時となりました。








                 
        

第24回 鴻巣「かわさとフェスティバル」④

2013/ 11/ 11
                 
 臨時駐車場付近から会場方面を眺めた写真です。
 この池は、いつも釣り糸をたれている皆さんをおみかけします。

会場方面を見る①


 ミニSL [9時から 中央広場]
 小さいだけであとは本物そっくりのミニチュアSL

 スタンプラリー  [9時30分から メイン会場]
 子ども向けのイベント。本部テントで用紙をもらってキャラクターを探そう! スタンプを全部集めればもれなく参加賞。

 地元花組合による「花の直売」 [メイン会場]
 色とりどりの花を直売

 花苗の植え込み体験 [メイン会場]
 花農家さんの仕事をちょっぴり体験

 花の無料配布 [14時から メイン会場]
 きれいなお花のプレゼント!



鴻巣市健康まつり同時開催 [9時から 農業研修センター集会室] 

 食生活改善・ガン検診等PR・メンタルチエック・医師による相談・ラジオ体操など健康に関するコーナーでいっぱいです。



消防救急フェア同時開催 [9時から研修センター玄関前]

 かっこいい消防車や救急車がやってくるよ!



 「熱気球体験」「埼玉県こども動物自然公園による動物ふれあいコーナー」が中止になったけれど、人気ナンバー1の「ミニSL」は、相も変わらずの順番待ちで賑わっていました。何回も列に並び直している家族連れも見かけました。

 ミニSL①

・キャンデイをプレゼント:こどもたちに無料で配り歩いていました。
キャンディ無料プレゼント① キャンディ無料プレゼント②

・おとなたちに大人気の「花の無料配布コーナー」:午後2時前からズラーッと長いヘビのように蛇行した行列です。
花の無料配布コーナー①

・「綿菓子」は有料でしたがとてもリーズナブルなお値段でしたよ・・・
綿菓子①



 「ミニSL」と同じ会場の中央広場で、こどもたちが何やらキャッキャと騒いでいるので、何かと思い覗いてみたら「シロヘビ」でした。皆が変わりばんこに手で触っても温順しくしていました。家族連れが「ストリートオルガン・ハンドオルガン」の音色に聞き入っていました。

シロヘビ①  シロヘビ②



ストリートオルガン・ハンドオルガン①

ストリートオルガン・ハンドオルガン②  ストリートオルガン・ハンドオルガン③


【ストリートオルガン・ハンドオルガン】:スイスオルゴール友の会HPより抜粋
 広い意味でハンドオルガンもオルゴールの種類に上げてみたいと思います。
 ロンドンのアンティーク街「ポートベロ」の中で ストリートオルガンの面白く使っている絵が見つかりました。 日本の獅子舞のように家の門前でストリートオルガンを廻す、おかみさんが出て来て、コインを差し出すところです。得意なオルガン弾きは、コインを差し出すおかみさんを待たせて曲を弾き続けます。 律儀そうなオルガ ン弾きの心情を良く顕しています。雨の街頭でのひとこまです。
 パリのノートルダム寺院の公園の入り口でも、 ロンドンのアルバート美術館の街路でも、ジュネーブの地下街でも、現在至る所で見ることが出来ます。
 オルガンは始め、肩から革のベルトで吊りました。やがて一本足の上で鳴りました。
 ハンドオルガン: お猿さんが芸を見せているものが 多いのですが、パリで見たときのオルガンの上には大きな猫が寝そべっていました。近寄ってびっくりしました。 オルガンのりズムに合わせて尻尾を動かすのです。 どうやって仕込んだんでしょう。
 オルガンがもっと大きくなるとワゴンに乗せられました。
 ペーヴメントをガタガタと曳いて街角に立つと弾き始める、ヨーロッパの街角の楽しい風物です。



イチョウの葉もそこはかとなく色づいていました。
会場方面を望む②



                 
        

第24回 鴻巣「かわさとフェスティバル」③

2013/ 11/ 10
                 
 鴻巣市のマスコットキャラクター
 「ひなちゃん」
「ひなちゃん」①鴻巣市マスコットキャラクター

 ひなちゃんプロフィール
名 前
ひなちゃん
生年月日 2004/8/1(発表日)
性 別 不明
出身地 埼玉県鴻巣市
現住所 埼玉県鴻巣市中央1-1
身 長 不明
体 重 不明
生みの親 堀越延年(鴻巣市在住)
性 格 好奇心旺盛
夢 ・鴻巣を花と人形でいっぱいにしたい
・いつか鴻巣の空を羽ばたきたい
趣 味 スポーツ・ガーデニング
好きな食べ物 川幅うどん・いが饅頭
友 達 コバトン・よしみん・とまちゃん



 雨天決行
 雨天中止となった企画は幾つかありますが、「埼玉県こども動物自然園による動物ふれあいコーナー」もそのひとつです。
 残念!



 ステージ [9時からメイン会場]
 ・「田園戦士かわじマン」登場!
 ・各種団体による演舞・演奏

 各種模擬店 [9時からメイン会場]
 ・各種団体の模擬店、ゲームほか、イベント盛りだくさん

 フリーマーケット [9時から 芝生広場]
 リサイクル品、手作り品などの素人店舗。
 掘り出し物あるかな?

 商工会によるもちつき体験 [9時から メイン会場]
 もちつき体験とつきたてのお餅をどうぞ。

 ロードトレイン [メイン会場入り口付近]
 実行委員さん運転の手作り汽車にのって楽しみましょう! (有料)

 環境課による小型家電及び廃油回収 
 [9時から 多目的広場用駐車場及びメイン会場]

・ロードトレイン
ロードトレイン① フェイス  ロードトレイン② お客を乗せて

・わなげ                             ・竹馬乗り
輪なげ  竹馬乗り

・おとなしくお座りしているワンちゃん            ・こどもたちに大人気のワンちゃん
ホントのワンちゃん①  ビッグなワンちゃん②



                 
        

第24回 鴻巣「かわさとフェステイバル」②

2013/ 11/ 10
                 
 心配されたお天気も杞憂に終わり、ホッとされていることと思います。

 2013年11月10日(日)、「第24回 かわさとフェスティバル」は予定通り行われました。
 シャトルバスも運行されていますが、あちこちに点在している臨時駐車場はどこも満杯の状況でした。


20131110お天気


空模様① P1120776(1).jpg



 「救急コーナー」「防火衣試着コーナー」「消火訓練」「防災ヘリ救助訓練」など、「かわさとフェスティバル」ならではの催し物が目白押しです。

救急コーナー  防火衣試着コーナー

 消火訓練②  防災ヘリ救助訓練 


 パトカー、白バイの展示
 鴻巣警察署のご協力により、防犯教室・パネル展示も同時開催。
 ゆるキャラ「ポッポくん」※も登場しました。
 (「ポッポくん」は埼玉県警察のマスコットキャラクター:県民の鳥「シラコバト」をモチーフして卵の形をしています。2003年10月誕生。埼玉県警職員がデザイン。

警察ゆるキャラ①

白バイ  ミニパトカー



                 
        

フォルトゥナの瞳

2013/ 11/ 09
                 
 フォルトゥナ:ローマ神話に伝わる『(車輪に乗った)運命の女神』

 
 百田尚樹の連載小説『フォルトゥナの瞳』、週刊新潮11月14日号で第8回を数えます。
 週刊誌の連載小説を読まなくなって久しかったのですが、山崎豊子の『約束の海』と合わせ、、週刊新潮の紙面を毎週楽しみに見るようになりました。

 『約束の海』は今週号で第12回。あと8回の連載で終了となります。山崎豊子の最後の小説となった作品ですが、完成したものとはならない小説の行く末に残念さがつのります。



 先日、ノンフイクション小説『「黄金のバンタム」を破った男』を読み終わりました。
 国内外の有名なボクシング選手の名前が、どんどん出てきます。
 あの日あの時のテレビ画面を、食い入るように見ていたことを思い出しています。

 エデル・ジョフレを破った男、原田政彦の物語。
 PHP文芸文庫版『「黄金のバンタム」を破った男』解説は、『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(新潮社、柔道家木村政彦の評伝)の著者、増田俊成です。


 ファイティング原田:
バンタム級時代のテレビ視聴率(カッコ内の数字は、1962年以降の歴代テレビ視聴率の順位)

1965年 5月18日 ・・ vsジョフレ ・・ 54.9% (22位)
1965年11月30日 ・・ vsラドキン ・・ 60.4% ( 8位)※
1966年 5月31日 ・・ vsジョフレ ・・ 63.7% ( 5位)※
1967年 1月 3日 ・・ vsメデル ・・・ 53.9% (23位)
1967年 7月 4日 ・・ vsカラバロ ・・ 57.0% (12位)
1968年 2月27日 ・・ vsローズ ・・・ 53.4% (25位) 
 注記:※1965年、1966年のテレビ視聴率第2位。1位は何れもNHK「紅白歌合戦」。




百田尚樹の作品

 「阿川佐和子 この人に会いたい(974回)」週刊文春の6月20日号に、百田尚樹さんとの対談が載っています。
 百田作品を読み始めたのが、この対談を読んだことがきっかけだったと思うのですが、この14冊目で既発行の単行本としては全て読み終わっているような感じです。
 『フォルトゥナの瞳』も、単行本として発売されるときは、何らかの修正・補筆されて世に出てくることになるのでしょうか・・・。


① 海賊と呼ばれた男 上 ・・・・・ 講談社
② 海賊と呼ばれた男 下 ・・・・・ 講談社
③ 永遠のゼロ ・・・・・・・・・・・・・ 講談社文庫
④ 夢を売る男 ・・・・・・・・・・・・・・・太田出版
⑤ 輝く夜 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 講談社文庫
⑥ モンスター ・・・・・・・・・・・・・・ 幻冬舎文庫
⑦ 錨を上げよ 上 ・・・・・・・・・・ 講談社
⑧ 錨を上げよ 下 ・・・・・・・・・・ 講談社
⑨ 風の中のマリア ・・・・・・・・・ 講談社文庫
⑩ 影法師 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 講談社文庫
⑪ ボックス 上 ・・・・・・・・・・・・ 講談社文庫
⑫ ボックス 下 ・・・・・・・・・・・・ 講談社文庫
⑬ 幸福な生活 ・・・・・・・・・・・・ 祥伝社
⑭ 黄金のバンタムを破った男 ・ PHP文芸文庫 





三毛猫ミユ④





                 
        

サケの遡上

2013/ 11/ 08
                 
 利根大堰のサケの遡上。
 今年も数が多いです。
 10月1日から11月7日までで5,366尾。
 昨年は2,934尾、一昨年は3,544尾でした。

 ちなみに11月1日から7日までの毎日の遡上数は、498、456、456、594、535、526、478となっています。


 利根大堰は、独立行政法人水資源機構利根川導水総合事務所が管理しています。
 住所:埼玉県行田市大字須賀字船川4369
 電話:048-557-1501

 利根大堰の魚道ライブを、毎日8:30から17:00まで見ることができます。(~12月25日マデ)
⇒ 利根大堰魚道ライブ

 今日、11月8日、「利根大堰~サケの遡上見学~」の小学生ご一行と時間が重なりました。大型バスが何台も駐車場を埋めていました。

 明日9日の土曜日、「利根大堰自然の観察室」付近にて、13時から15時まで「サケ遡上、採卵観察会」が開かれますとのことでした。


利根導水のあらまし①  利根大堰見学記念①


サケの遡上②


サケの遡上①


サケの遡上③



                 
        

北陸新幹線2015年開業

2013/ 11/ 07
                 
 義仲・巴 スペシャルトーク in 埼玉  
   いざ、出陣!



 「木曽義仲」「巴御前」とは
 「木曽義仲」は源平合戦の時代に活躍した武将で、埼玉県嵐山町の生まれといわれています。
 幼少の頃、命を狙われ木曽(長野県)に逃れた義仲は、成長して平家を倒すために旗揚げをします。そして、長野県から富山県、石川県と進撃し、平家の軍勢を打ち破っていきました。
 「巴御前」は、木曽義仲とともに戦ったといわれる女武者です。平家物語では、色白で髪の毛の長い美しい女性でありながら、男性に負けない活躍をしたと記されています。

 イベント開催の趣旨
 木曽義仲の誕生から、旗揚げして軍勢を進めた道筋は、2015年春に金沢までの開業を予定している「北陸新幹線」のルートと重なります。
 本イベントは、埼玉県とゆかりのある木曽義仲や巴御前という人物をより深く知っていただくとともに、埼玉県、長野県、富山県、石川県が広域的な連携・交流を行い、互いの観光誘客促進を図ることを目的に開催するものです。


松平定知氏、埼玉県知事・富山県知事による 
     「木曽義仲・巴御前」スペシャルトークイベント

 平成25年
 11月9日(土)14時20分開演 
 場所 熊谷市立文化センター文化会館
  (入場無料/入退場自由)
 〒360-0036 埼玉県熊谷市桜木町二丁目33番地2 
 電話:048-525-4553


タイムスケジュール

14:20~   開会

14:25~   嵐山町駒王太鼓愛好会による演奏
          埼玉県各地で活動している「駒王太鼓愛好会」による太鼓演奏。
          名称は木曽義仲の幼名「駒王丸」に由来しています。

14:35~   主催者あいさつ
          埼玉県知事、富山県知事
         開催地市長あいさつ
          熊谷市長

14:50~   元NHKアナウンサー松平定知氏による「木曽義仲・巴御前」やさしい歴史説き
          木曽義仲と巴御前の人物像や彼らが駆け抜けた時代を分りやすく紹介。

15:05~   松平定知氏、埼玉県知事、富山県知事による
         木曽義仲・巴御前スペシャルトーク
          歴史に造詣の深い松平氏と、木曽義仲にゆかりのある埼玉県、富山県の両知事が
          木曽義仲・巴御前について熱く語ります。

15:40~   休憩

15:55~   富山県の高校生による朗読劇「義仲と巴」
          「倶梨伽羅合戦」をはじめ木曽義仲・巴御前の伝承が数多く残る富山県。
           県内の高校生たちが、木曽義仲巴御前の活躍を朗読します。

16:30    閉会



三毛猫ミユ③



  
                 
        

立冬

2013/ 11/ 06
                 
 「今朝の冬」は、立冬の日の朝のことをいいます。
 「立冬」は、「冬立つ」、「冬に入る」、「冬来る」、「今朝の冬」で表します。

 この池の浮葉の数や冬に入る 高野素十



 明日は立冬。
 向こう一週間の気象情報も朝晩の冷え込みを予報しているようです。





三毛猫 ミユ



                 
        

キウイフルーツ モズ キジバト

2013/ 11/ 04
                 
 キウイフルーツ、花は咲きましたが結実しませんでした。
 


 果実を啄むメジロや季節の渡り鳥の訪れがなくなるのでしょうか、寂寞感の趣にひたることになるのでしょう・・・。

 それでも季節は巡ってきます。
 昨日は、百舌(モズ)とキジバトが我が家の庭の訪問者となりました。

モズ①

モズ②

キジバト①



キウイフルーツ

                 
        

皇居東御苑にて

2013/ 11/ 03
                 
 2012年12月8日、皇居東御苑を訪れました。

 今日は11月3日です。秋はまだまだ見つけることができそうです。



皇居東御苑の紅葉





                 
        

季節は巡り来る

2013/ 11/ 02
                 
 じゅんこさん いかがお過ごしですか。 
 
 季節は巡りきたります。


 宏有さんが、あの鳴き声は何の鳥?・・・
 といったのが昨日のこと。
 シジュウカラでもない、ヒヨドリでもない野鳥の鳴き声。

 今朝、水飲み場に顔を出したのがジョウビタキの雌でした。

 渡り鳥です。
 いつのまにか冬が近づいているのですね。



ジョウビタキ雌①   ジョウビタキ雌②


ジョウビタキ雌③  ジョウビタキ雌④


ジョウビタキ雌②-2








 
                 
        

三毛猫ミユ

2013/ 11/ 01
                 
 近くのゴルフ練習場に、「ミユ」さんという看板娘がいます。
 日頃は、「ミーチャン」と言われているようです。

 ゴルフの練習が終わるのを待っていたのよ…とでもいうように、私の顔を見上げてミャーと鳴きました。
 
 先日の練習のときには、私の打席に入って寝転び、遊ぼうよ…というように、ミャーと鳴いたのです。
 今日はお顔が見えなかったのでどうしたのかなと思っていたのですが、私が出口にさしかかるのとほぼ同時に、そのお姿を見せてくれました。

 今日、彼女の写真を撮ろうと思ってカメラを持参したのですが、ミーチャンは、ちゃんとそのことを判っていて、「モデル嬢」として、わざわざゴルフの練習が終わるころをみはからって、登場してくれたかのようです。



三毛猫ミユ 

三毛猫ミユ