FC2ブログ
        

行田古代米カレー「のぼり旗」完成

2015/ 02/ 07
                 
 「埼玉古墳 行田古代米カレー」PR


 2015年2月6日(金)の、読売新聞朝刊地方版に載っていました。
 のぼり旗は縦約180cm、幅約60cmで、デザインは市内にキャンパスがある「ものつくり大学」の学生に依頼したものだそうです。
 1月中旬に完成し、古代米カレーを提供している17店に、認定証とともに配布。
 「さきたま古墳・行田古代米カレーの会」は2014年6月に設立。同12月には
同会の取り組みを知った徳島県の古代米販売会社から連携の申し入れがあり、徳島に古代米カレーを提供する店を出すことも検討しているといい、近く具体的な連携内容について協議する予定とのことです。

 会の認定を受けているお店は、JR行田駅東口近くに4店、市役所から秩父線行田市駅方面にかけて4店、さきたま古墳公園周辺に4店、東小近くに1店、国道125号線バイパス小見南交差点近くに1店、南羽生駅近くに1店、そしてカレー専門移動販売車の「アジアンカレーのひーこら」の17店です。


 うちは二人ともカレーは辛いのが好きです。どちらかというとサッパリ系ではない方に目がいくようです。
 新宿中村屋の昔懐かし「骨付きチキンカレー」のイメージが心のどこかに残っていたようで、・・・
 あった、ありました。
 チラシの写真とカレー一口メモを斜め読みしたところ、マッチングするお店を見つけました。
 ここをキックオフにして、何かの折にその都度、別々の異なった味と香りと辛さと食材を楽しみたいと思います。




のぼり旗完成①記事



                 
        

蒸気機関車の旅

2015/ 02/ 07
                 
 春の臨時列車 SLの旅


 「JR高崎」の春の臨時列車のお知らせでは、SL列車の運行も多く乗っています。
 その一つ、4月4日土曜日に運転する、『EL&SLみなかみ』は、埼玉県の上尾駅から熊谷駅、本庄駅を停車駅として、高崎駅までをELでけん引し、高崎駅でELからSLにジョイント変換して、水上駅までをSL(D51)でけん引する一日だけの臨時列車です。
 他にも、プランが盛りだくさんありますので、タイミングが合いそうな日程を探してみようと思います。

 SLの旅、興味、関心ありますか。




<備忘メモ>
2015年4月4日(土)
SL:D51
12系5両
全車指定席

下り↓     駅名   上り↑
08:28発  上尾駅  19:00着
08:53発  熊谷駅  18:31発
        深谷
        本庄
09:56発  高崎駅  17:47発
        新前橋
11:01発  渋川駅  16:35発
        沼田
        後閑
12:04着  水上駅  15:20発
       
 

《「JR高崎『SL』」PR誌より》
21-1 D51容姿

説明文 D51

D51498


⑮ D51




                 
        

私は 蒸気機関車「C5726」号です。

2015/ 02/ 06
                 
 埼玉県の蒸気機関車
 《行田市 本丸児童公園のSL》


 先月末、小雪がちらついた日に、行田市の「本丸児童公園」(行田市本丸3-5)に設置されている、SL『C5726』の写真を撮りに行ってきました。
 着いたときには弱雨となっていて、雪が積もった痕跡はほとんどみることができませんでした。
 雪の白さと蒸気機関車の黒いボディとのコントラストを浮き彫りにしたいなと思っての写真撮影でしたが、いつものとおりの、アニハカランヤ・・・となってしまいました。


 《「私は蒸気機関車『C5726』号です。-説明文(行田市)-
 私たち「C57」型は形態が美しいことから「貴婦人」と呼ばれ、旅客列車用として合計201輌製作されました。
 私は昭和13(1938)年川崎車輛株式会社で生まれ、おもに「東海道」「東北」本線の花形コースを、持前の快速で客車を引いて、2,985,783km(地球を約74周半)を走り、昭和46(1971)年12月を最後に引退しました。
 私が引退した昭和46年は高崎線行田駅開業5周年記念にあたり、国鉄高崎鉄道管理局(現、東日本旅客鉄道株式会社高崎支社)のご協力により、行田市に迎えられ、ここで余生を送らせて頂いています。》

斜め横 C5726②  1-2 c5726

④ C5726  ③ C5726

⑥ C5726 6-2 C5726



説明文 ⑦




                 
        

SL パレオエクスプレス 3/21(土) first Run !!

2015/ 02/ 05
                 
 都心から一番近い蒸気機関車


 秩父鉄道は、羽生駅から三峰口駅までの71:7kmが秩父本線の営業区間(35駅)となっています。
 そのうち、熊谷駅から三峰口駅までの56.8kmの区間(28駅)で、蒸気機関車が運行しています。
 (三ヶ尻線は営業路線ではなく貨物運行路線ですので、説明は省きます。)

 秩父鉄道は何回か利用したことがありますが、いまだかってSL列車に乗ったことはありません。
 かなり以前、信越線や上越線、そして高崎線などで蒸気機関車にけん引された列車に乗ってはいましたが、「SLの旅」ということではなく、単なる移動の手段として、たまたま使ったのがSL列車だったということでしたので、ことさら感慨にふけるなどという感覚はさらさらありませんでした。

 不思議といえば不思議ですね。
 SLの旅。
 秩父鉄道 パレオエクスプレスは、3月21日の土曜日、春分の日から今年の営業開始となります。
 SLの旅。
 SL運行は、土日、祝日が多いようですが、秩父鉄道では、平日ダイヤも用意しています。(直近では、3月27日〈金〉、4月2日〈木〉、4月3日〈金〉、4月28日〈火〉)


 
《土曜・休日用 運転時刻表》

ゆき(熊谷→三峰口) ↓              
        熊谷(クマガヤ) 発10:10  
 着10:31 武川(タケカワ) 発10:33
 着10:51 寄居( ヨリイ) 発11:00
 着11:26 長瀞(ナガトロ) 発11:37
 着11:49 皆野( ミナノ) 発11:50
 着12:07 秩父( チチブ) 発12:15
 着12:18 お花畑(オハナバタケ) 発12:19
 着12:50 三峰口(ミツミネグチ)

かえり(三峰口→熊谷) ↑               
 着16:18 熊谷(クマガヤ)   
 着15:56 武川(タケカワ) 発15:58
 着15:37 寄居( ヨリイ) 発15:39
 着15:05 長瀞(ナガトロ) 発15:13
 着14:53 皆野( ミナノ) 発14:55
 着14:34 秩父( チチブ) 発14:36
 着14:30 お花畑(オハナバタケ) 発14:31
       三峰口(ミツミネグチ)  発14:03

 

《平日用 運転時刻表》

ゆき(熊谷→三峰口)  ↓                
        熊谷(クマガヤ) 発10:12  
 着10:33 武川(タケカワ) 発10:34
 着10:52 寄居( ヨリイ) 発10:59
 着11:25 長瀞(ナガトロ) 発11:32
 着11:44 皆野( ミナノ) 発11:45
 着12:03 秩父( チチブ) 発12:11
 着12:13 お花畑(オハナバタケ) 発12:15
 着12:45 三峰口(ミツミネグチ)

かえり(三峰口→熊谷)  ↑                
 着16:20 熊谷(クマガヤ)   
 着15:58 武川(タケカワ) 発16:00
 着15:34 寄居( ヨリイ) 発15:41
 着15:00 長瀞(ナガトロ) 発15:10
 着14:49 皆野( ミナノ) 発14:50
 着14:30 秩父( チチブ) 発14:32
 着14:26 お花畑(オハナバタケ) 発14:27
       三峰口(ミツミネグチ)  発14:00



《秩父鉄道 パレオエクスプレスの利用》
〇ご乗車になる区間の普通乗車券(例示:熊谷駅⇔三峰口駅〈950円〉のほかに
『SL座席指定券』または『SL整理券』が必要となります。

〇SL座席指定券・SL整理券ともにSL運転日の1ヶ月前から発売開始となります。 お買い求め方法がそれぞれ異なりますのでご注意ください。

〇発売枚数に限りがあります。なくなり次第終了となりますのでお早めにお求めください。

〇SL座席指定券:座席指定をご希望の場合
【SL座席指定券 720円(大人・小児同額)】
 ・着席できる券です。
 ・前売り券のみのお取扱いとなります。: 電話またはWEBからの予約はありません。

>>SL座席指定券のお買い求め方法
 ・SL座席指定券は小学生以上(小児)から必要になります。
 ・ただし、小さいお子様(未就学児)が大人と同様に座席を占有する場合は、小学生とみなし、SL座席指定券ならびに普通乗車券をお買い求めください。
自由席をお求めの方は「SL整理券(自由席)のご案内」をご覧ください。

〇SL座席指定券の発売窓口・・・下記窓口にて前売り券を発売いたします。
 JR東日本管内の「みどりの窓口」および「びゅうプラザ」
 SL運転日の一ヶ月前(11時~)から2日前まで
 一部お取扱いのない駅がございます。予めご了承ください。
 発売開始後のお取扱い時間は各窓口の営業時間内になります。ただし、23時まで。

>>みどりの窓口・びゅうプラザの営業時間等は下記よりご確認いただけます。
> えきねっと > 駅・店舗情報 > みどりの窓口 > びゅうプラザ

〇SL停車駅(熊谷・武川・寄居・長瀞・皆野・秩父・御花畑・三峰口)窓口ならびに東武トラベル各店、JTB各支店、近畿日本ツーリスト各支店ではSL座席指定券の発売はございません。
指定席は窓口購入のみです。電話予約・WEB予約はありません
座席指定券の残席状況等、電話やWEBでのご確認はできません。直接窓口へお出かけください。

〇その他:当日、空席がある場合はSL車内で発売いたします。

〇SL座席指定券の払い戻しについて:払い戻しには手数料がかかります。
ご乗車日の2日前まで 1枚につき220円
以降、SL列車出発まで 1枚につき360円
 ※SL列車が始発駅を出発する前に、お買い求めになった窓口へお申し出ください。


【SL整理券(自由席) 510円(大人・小児同額)】
〇着席をお約束する券ではありません。着席できない場合があります。
〇前売り券のほかに電話またはWEBからの予約を承っております。
>>SL整理券のお買い求め方法
>>団体様(15名様以上)でご利用の場合
〇乗車区間限定で乗車券とSL整理券がセットになった割引チケット発売中
秩父または御花畑から三峰口まで区間限定☆SLわくわくチケット

秩父鉄道路線図




                 
        

SL C11 322号機のあらまし

2015/ 02/ 05
                 
SL C11 322号機のあらまし


 「C11322」
 「C11」が機種名です。「322」というのは、C11が322番目に製造されたという通し番号です。

 C11322は、埼玉県鴻巣市中央28番地の『せせらぎ公園』に設置されています。


《C11 322号機のあらまし》 -説明文-
・製造年月 昭和21(1946)年
・製造会社 日本車輛株式会社
・重量   水・石炭を積んだとき 65t  空のとき 55t

 この機関車は新製後、高崎第一機関区に配属され、戦後、荒廃した日本の復興に群馬県・栃木県等に伸びている国鉄ローカル線を走り、人員輸送と貨物輸送に当たった。
 その後、神奈川の浜川崎機関区に移設され、横浜線等を貨物専用機関車として活躍し、昭和36(1961)年国鉄大宮工場に入替用機関車として配属され、以来、大宮工場内で修繕用車両の入出場車のけん引と無動力車両の構内試運転用として、持てる力量を十分発揮した。
 国鉄が昭和43(1968)年10月、SL廃止方針を決定すると同時に火を落し、昭和45(1970)年1月29日から、本市東裏1号公園に展示され、その後平成12(2000)年5月より修復に入り、同年8月28日より、当『せせらぎ公園』に展示したものです。
  鴻巣市都市整備部 都市計画課 公園係

斜め前から① 真正面②

真後⑨    斜め横③ 背景白で統一

⑤

⑥



せせらぎ公園は、鴻巣市役所と鴻巣市文化センター(クレアこうのす)の中間に位置している公園です。

・せせらぎ公園:JR高崎線鴻巣駅東口下車約1.5km。
  トイレ、駐車場、噴水、SL展示、せせらぎ、飲料水販売機、東屋、ユニバーサルコンビネーション遊具。

・鴻巣市役所:鴻巣市中央1-1。 電話048-541-1321
  月曜から金曜8:30から17:15まで。 土(本庁舎のみ)8:30から12:00まで。

・鴻巣市文化センター(クレアこうのす):鴻巣市中央29-1
  チケット予約電話番号048-540-0500
  施設予約電話番号048-540-0540





                 
        

大宅歩 ある永遠の序章 

2015/ 02/ 04
                 
 ママ
 あのフワフワした
 白い雲
 きれいね
 
 まるで
 わた菓子みたい

 お日さまに
 とってもらって
 パパの
 お見舞いに
 病院へ
 もっていきましょう



  『詩と反逆と死』
昭和41年11月20日 第3刷
著者 大宅歩 (おおやあゆむ)
著作權者 大宅祐子
発行所 株式会社文藝春秋

≪大宅歩 昭和7(1932)年6月9日-昭和41(1966)年2月13日 33歳没≫


《あとがき》
「 ・・・ 祐子は満4年3ヵ月だったが、父に死期が近づいたころから、しきりにひとりごとをいうようになった。父がさいごの病院生活のために家を出たあとで、祐子は庭に出て、ひとりしょんぼりと空を眺めながらつぶやいた。



  ママ
  あのフワフワした
  白い雲
  きれいね
 
  まるで
  わた菓子みたい

  お日さまに
  とってもらって
  パパの
  お見舞いに
  病院へ
  もっていきましょう



 このひとりごとを耳にはさんだ私の妻が、どういうわけか、はっきりおぼえていて書きとめたものである。祐子のひとりごとの習慣は、今もずっとつづいている。・・・  」


 大宅歩没後、今年の2月13日で五十回忌を迎えます。


詩と反逆と死 ① 大宅歩

 
 


 『ある永遠の序章』

 昭和42年5月15日 第1刷発行
 著者 大宅歩
 発行所 南北社
 (菱山修三が、「『ある永遠の序章』について」と題して、9ページにわたる後書きを記しています。)

ある永遠の序章 ② 大宅歩







                 
        

節分の日の庭

2015/ 02/ 03
                 
 きょうは節分です。

 

 ガラス戸越しに見た、今日の訪問者の皆さんです。
 キジバト、ヒヨドリ、ジョウビタキ、シジュウカラ。
 ムクドリとスズメの皆さんは、集団でお越しになりました。


 キジバト20150203
 キジバト

ヒヨドリ 
 ヒヨドリ

ジョウビタキ20150203
 ジョウビタキ

シジュウカラ20150203
 シジュウカラ

ムクドリ20150203
 ムクドリ

スズメ スズメ
 スズメ




                 
        

みんなで歩いた 埼玉百山

2015/ 02/ 03
                 
 みんなで歩いた 埼玉百山


 読売新聞の1月6日(火)朝刊地域面に掲載された、『みんなで歩いた 埼玉百山』。
 希望者には、1,000円で頒布します。とのことでしたので、9日にeメールで申込みしたのですが、とき既に遅く、申込者多くご希望に添えませんというご返事を頂きました。
 今日は、2月2日です。郵便受けに二つの異なった大きさのクロネコメール便が入っていました。
 早速開封しましたところ、「 『みんなで歩いた埼玉百山』の新聞紹介後、非常に多くの皆様から購読の申し込みをいただき大変ありがとうございます。お申込み多数のため、増刷をいたしましたので、順次お手元にお届け可能となりました。・・・ 」というご案内が入っていました。
 CD版も含めて入手希望していたのですが、両方とも届きましたので、嬉しさ一入です。
 発行は、新ハイキングクラブ 浦和支部で、浦和支部創立20周年記念誌となっています。
 この記念誌は、2010年6月から2014年4月まで約4年間かけて歩いた(延べ965名)山行紀行文で・・・と、編集後記に。

 
 山梨県、埼玉県、長野県の三県にまたがる「甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)」が、埼玉県で一番高い山なのかなくらいに思っていたのですが、151㌻に、【埼玉県の最高峰・三宝山(さんぽうざん)山頂】と書かれてあり、自分の勘違いに気づきました。
 ちなみに甲武信ヶ岳の標高は、2,475m、三宝山は、2,483.3mです。

みんなで歩いた 埼玉百山
 『みんなで歩いた 埼玉百山』 -創立20周年記念誌-


CD版 
  『みんなで歩いた 埼玉百山』 CD版

                 
        

昨日も今日も

2015/ 02/ 02
                 
 今日も変わらず昨日に続き・・・
 我が家の庭の一コマです。


縄張り争い④
 二羽のムクドリとヒヨドリ


⑥
 ヒヨドリとつがいのムクドリ


                 
        

昨日の庭の野鳥たち

2015/ 02/ 02
                 
 昨日の庭の野鳥たち

 縄張り争いです。
 いつもは、ヒヨドリが、ここは自分のテリトリーだと、あたりを睥睨しているのですが、昨日の寸景をみる限りはどうも勝手が違ったようです。
 二羽のムクドリが、キウイフルーツの小枝に止まっています。時折庭の片隅に降りては何かを啄んでいます。スズメたちの昼食にと思ってほぐした残りご飯を食べているようです。
 ヒヨドリが羽音を立てて追い散らすこと数度。ですが、どうも旗色が悪そうです。返り討ちにあっているみたいな雰囲気が漂よいます。お互いが牽制しあっている状態が長く続きました。
 一声鳴いて、ヒヨドリが先に飛び立っていきました。ヒヨドリが他の鳥たちを蹴散らかさないで、退散することなど目の当たりに初めて見ましたので、本当にビックリしました。

 スズメは、そういった争いはお構いなしに、毎日我が家の庭を訪れます。でも気のせいでしょうか、一頃よりその数が少なくなっているような気がします。

横並び左ヒヨドリ右ムクドリ
 左ヒヨドリ 右ムクドリ


手前と奥①
 手前ムクドリ 奥ヒヨドリ その1


手前と奥②
 奥ヒヨドリ 手前ムクドリ その2


スズメ①
 スズメ ①



《ヒヨドリ》
全長27.5cm。全体が灰色に見える色彩の鳥です。花の蜜や果実が大好物です。これは熱帯が主生息地であった祖先ヒヨドリの名残り。今では虫や草の葉、芽も食べますが、花が咲くと蜜を吸いにやってきます。
東京では1970年頃までは10月に渡来し、4月に渡り去る冬鳥でした。それが、留鳥として一年中棲むようになりました。より南に棲んでいた留鳥が北上してきたものと考えられています。また、今も秋には北海道から多数のヒヨドリが本州、四国、九州へ渡ってきます。
ヒヨドリは日本中に棲んでいますが、小笠原や沖縄など南の離島では留鳥ですので、独自に色彩が変化し、茶色味の強くなった亜種がいくつも知られています。
その昔、一ノ谷の戦いで、源義経が平家の軍勢を追い落とした深い山あいを「ひよどり越え」というのも、そこが春と秋ヒヨドリの渡りの場所になっていたことからです。

ヒヨドリにまつわるお話はインドから。
むかしむかし一羽のヒヨドリがワタ(綿)の木を見つけました。まだ実が若かったので、熟したら食べようと待っていました。やがてその実はサヤとなり、まもなくサヤは破れて、中からワタがふわふわと飛び出しました。熟した実を食べようと思っていたヒヨドリはアテがはずれて、ワタの木に文句をいいました。しかしワタの木は、お前にゃ悪いが、おれはちゃんと人間の役に立っているのだからといいました。以来ヒヨドリは、二度とワタの木に近寄らなくなりました。


《ムクドリ》
全長24cm。全身は黒味のある褐色で、頭は灰色がかった黒褐色。目の周囲から頬にかけて不規則な白斑があります。この白斑は個体によって違っていることが普通です。くちばし、足は黄色です。飛んだときに、腰の白さが目立ちます。若鳥は全身の黒味がなくて、褐色をしています。
地上を歩いて餌を探すことが多く、その時にはくちばしを草株の間に入れて開くことで、地面や草株にひそむ虫を探しています。「リャー リャー」とか「キュリリッ」といった声を出します。
巣は樹洞の他、建物の隙間を使うことも多いので、巣箱もよく利用します。
アジア大陸の中緯度、温帯に分布していて、冬には南へ移動するものもいます。日本では九州以北で繁殖していて、北海道では夏鳥です。平地から低山地の人家や人家近くの林で繁殖し、農耕地、公園の芝生、草地などでよく見られます。繁殖が終わると群になり、多い場合は数万羽の群になることもあります。駅前のロータリーや街路樹並木を塒(とや:鳥の巣)にして、人に嫌われることも多いですが、農耕地や草原で虫をとるプロフェッショナルですから、畑や芝生のグランドキーパーの役目をしてくれています。


《スズメ》
全長14.5cm。短くて太めで、草の種子を食べるくちばしをしている。
日本中に分布していて、市街地、住宅地などにいる他、人家のある集落には生息しています。
留鳥で渡りはしないと考えられていますが、新潟県から岡山県、愛知県、関東地方などへ移動するものはいます。
人間にとっていちばん身近な、そのくせいちばん人間にいじめられてきたのが、スズメです。ヒトが鳥に近づくためには、野鳥の原点ともいえるスズメの警戒心をなくすことですが、スズメはまだ、ヒトを見ると逃げます。でもこれは日本のことで、ロンドンのハイド・パークやパリのモンマルトルなどでは、人を見ると近づいてきます。人はいつもポケットにパン屑やエサを持って与えています。日本のスズメがこうなるのはいつのことでしょう。
ドイツには、スズメに関するこんなエピソードがあります。
プロシアのフリードリヒ大王はサクランボが大好きでしたが、この実がスズメに食われるので、スズメ駆除の命令を出しました。しかしその結果、スズメがいなくなったかわりに害虫が大発生し、サクランボの樹までがやられてしまいました。大王は自らの非を悟り、鳥類の保護にあたり、害虫の駆除につとめたといいます。

☆-「ヒヨドリ」、「ムクドリ」、「スズメ」、『サントリーの愛鳥活動「日本の鳥百科」』より-




                 
        

庭の野鳥たち

2015/ 02/ 02
                 
 庭の野鳥たち


 ヒヨドリが今朝も鳴いています。キウイフルーツの小枝に止まって鳴いています。
 二羽いるようですが、ガラス戸越しに見えるのは一羽です。
 目の前のヒヨドリは四方にからだを動かしながら、二つの異なった鳴き声を聴かせています。地鳴きでしようか、あれがサエズリの音色なのでしょうか。
 食べ物をねだっているのでしょうか、恋の季節を迎えたからでしょうか。
 我が家の庭のキウイフルーツは、実を摘けなくなりました。

ヒヨドリ20150202①  


ヒヨドリ20150202③