FC2ブログ
        

NHK あさイチ そうだったのか! きのこ 2017年11月1日(水) 

2017/ 11/ 01
                 
 以前、NHKや民放のテレビ番組で、認知症予防には「ヤマブシタケ」がお奨めと放送されていましたね。
 あのころのヤマブシタケはちょっと高めのお値段と思っていましたが、このごろはお手頃価格となっています。
 料理の仕方により、とても美味しくいただけるとあらためて思ったのが、きょうの「あさイチ」の「そうだったのか! きのこ」でした。
 番組放送されたきのこ料理を順番に追ってみますと、

 ・エリンギ
 ・マイタケ
 ・ヤマブシタケ
 ・ハナビラタケ
 ・トキイロヒラタケ
 ・タモギタケ

 と、なっていました。

そうだったのか!きのこ NHK あさイチ



 近年、ご存知の通り、きのこには、健康に良いとされる成分が多く含まれていることが判ってきました。
 民間団体の公式サイトでは、きのこの種類一つひとつに、その特徴と効能を載せていますが、ここでは、林野庁のホームページをお借りして、ご案内させて頂くことに致しました。


《「林野庁・きのこのはなし」

◇ きのこの成分と効用
きのこ類は、自然志向・健康志向の高まりとともに食べる機会が増えてきています。きのこ類の成分は、水分、蛋白質、繊維質、無機質、ビタミン類などから組成されています。

きのこには、

1.体内におけるカルシウム代謝に重要な役割を果たすビタミンDを多く含み、骨粗鬆症の予防効果が期待できます
2.低カロリーでビタミンやミネラルが豊富なことから健康的なダイエット効果が期待できます
3.食物繊維が豊富なことから便秘の予防に効果があります
4.また、シイタケに含まれるエリタデニンという特有成分には血中コレステロール値を下げ、血流をスムーズにして血圧を低下させる効果が期待できます
5.きのこ類の多糖類(ベータ‐グルカン)は免疫の活性力を高め、ウィルスに対する抵抗力を示したり、抗腫瘍効果(こうしゅようこうか)も期待できます

などの効用があります。

このようなことから、栄養過多や肥満や成人病に陥りやすい現代人にとってきのこは、まさに理想的な健康食品と言えるでしょう。
健康を保つため、きのこ類を食卓に積極的に取り入れていきましょう。》