FC2ブログ
        

若かりし頃、黒柳徹子さん   お嬢さん トットちゃん

2017/ 11/ 30
                 
 谷内六郎の絵は、週刊新潮の創刊号(昭和31年〈1956年〉2月20日号)から25年間、1,335に及ぶ表紙を飾りました。
 その草創期を飾った各号には、天皇陛下・皇后陛下(1958年)、原節子(1956年)、石原裕次郎(1959年)、谷崎潤一郎(1956年)、山田五十鈴(1956年)、山口淑子〈李香蘭〉(1956年)、五島昇(1959年)、浅沼稲次郎(1957年)、鰐淵晴子(1959年)、八千草薫(1956年)など錚々たる方々の写真が掲載されています。

 黒柳徹子さんの写真は、1959年に飾られました。
 当時の文章をそのまま引用してみますと、
 《 「これからはドラマとコメディの2本立てでやってみたい」と、声楽科出身の独特な声で語ったのは、25歳の黒柳徹子女史。1954年のラジオドラマ「ヤん坊ニン坊トン坊」で演じたトン坊役が当たり、女優兼タレントとしてテレビに引っ張りダコの毎日だった。この日はNHKテレビドラマ「お父さんの季節」の撮影の合間に渋谷の街へ繰り出し、しばし息抜き。書店で本を物色する、貴重なオフショットを撮らせてくれた。》
と、記されていました。

黒柳徹子



 11月29日の『トットちゃん』(テレビ朝日)では、レギュラー番組、テレビ6本、ラジオ2本持っていると黒柳徹子役の清野菜名さんがおっしゃっていましたね。