FC2ブログ
        

2018年藝祭  今年は何としても行ってみたかったのですが・・・

2018/ 09/ 02
                 

 9月7日(金)、8日(土)、9日(日)の三日間、東京藝術大学キャンパス内で開催される藝祭。
 朝の9時から夜の8時まで延々と催される、超人気の学園祭です。
 パンフレットは、一冊600円。すでに販売されています。当日は並ばないと買えないようです。
 今年こそは行ってみたいと思っていた藝祭だったのですがね・・・

 もう一つ行ってみたいところがありました。
 川越スカラ座です。
 9月15日(土)から28日(金)まで、ウディアレン監督の「女と男の観覧車」が上映されるからです。(上映時間未定.毎週火曜定休.)
 こちらも、日程の関係上、どうも行けそうにもありません。


『女と男の観覧車』

〈『ミッドナイト・イン・パリ』では1920年代黄金時代のパリへ、『カフェ・ソサエティ』では1930年代のハリウッドへと観客をタイムトリップさせたウディ・アレン監督。最新作の舞台は1950年代、NY・コニーアイランド。女と男の恋と欲望、嘘と裏切りを乗せて、まわり続ける観覧車。そこから見える景色は、うっとりするほど美しいけれど、同じ場所を回転するだけで、どこにもたどり着けない――。夢のように美しい映像で人生の切なさを描ききった、名匠ウディ・アレン監督の恐るべき野心作が誕生した。
遊園地のレストランでウェイトレスとして働くジニー(ケイト・ウィンスレット)は、かつては女優として舞台に立っていたが、今は、回転木馬の操縦係を務める夫のハンプティ(ジム・ベルーシ)、そして自身の連れ子のリッチー(ジャック・ゴア)と観覧車の見える部屋で暮らしている。実は彼女は夫に隠れて、海岸で監視員のアルバイトをしているミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)と付き合っていた。平凡な毎日に失望していたジニーは、脚本家を目指す彼との未来に夢を見ていた。だが、ギャングと駆け落ちして音信不通になっていた夫の娘、キャロライナ(ジュノー・テンプル)が現れたことから、すべてが狂い始める――。
(上映時間:101分 DCP上映) 〉