FC2ブログ
        

時代の証言者 森は海の恋人 畠山重篤 少年時代 雪の季節

2018/ 12/ 28
                 

 ・・・ 少年時代、雪の季節といえば「そり遊び」です。自宅は海抜25メートルの高台にあり、玄関から海辺までが70メートルほどの下り坂を滑って、転んで遊びました。スキー板や橇(そり)はとても買うことができませんから、道具は手づくりです。太い竹を半分に割いて節を削り、先を火であぶって短いスキー板のようなものを両脚につけて滑り降りました。
 カチンカチンに凍った近くの田んぼでは「下駄(げた)スケート」をしました。文字通り、左右の下野の下に鉄の棒をつけ、それをスケート靴がわりにするのです。・・・ 

 2018年12月22日(土)、読売新聞朝刊の「森は海の恋人」シリーズ⑤の一節です。

 信州小諸にいた当時のことを思い出しました。
 子どもたちの遊びといったら、家の中でのことよりも外でのあれこれの方が多かったように思います。
 篠竹で弓を作りました。弦も矢も自前です。
 雪が降れば、「森は海の恋人」の作者と同じようにして、竹スキーをつくりました。ソリは林檎箱の下に割った竹を半分づつにしてくくりつけます。
 鉄の棒を付けた下駄スケートは、街中で売っていたものを使いました。
 千曲川のダム下の広い水面は氷が張り、絶好のスケート場となっていましたが、危険ということでそこでは滑らせてもらえませんでした。
 野岸小学校の校庭の日陰が、毎冬スケートリンクとなっていました。
 
 小諸は懐古園や島崎藤村所縁の土地でも知られていますが、浅間山の裾野のから千曲川までに面した斜面に寄り添った場所にあります。
 家から小学校まで、往(い)きは上り坂、復(かえ)りは下り坂となります。
 先ほどグーグルマップで検索してみたところ、片道2㎞ほどの距離だったということが判りました。


 (※:このところ予約投稿が多くなっています。)


 〈追記※ハクチョウのこと:毎日、冬水田んぼに行っていますが、まだ姿を現していません。前のシーズンの初飛来は元旦だったそうです。〉